twitterアカウントでログイン

作成した本

この本を開く

『邪馬台三国志』邪馬台国の国々

本書の王系譜、司馬遷の信念、和辻哲郎氏の説の下で、「記紀」などの資料、「倭人伝」など中国史書、伝承、神社の縁起、地名の由来、考古学成果、中国・インド・西アジアの歴史・宗教・習俗等々に基づきながら、古代...

この本を開く

『邪馬台三国志』籠神社と海部氏系図/神武(磐余彦)と神功と応神

「倭人伝」、「記紀」、地名、各種の伝説、『邪馬台三国志』の筋書、神社の縁起、考古学等々に基づき、神武(磐余彦)と神功/海部氏系図/八幡(応神)の出自について解説。

試し読みを開く

倭奴・出雲・邪馬台の三国志 『記紀』の正しい筋書

古代史を丹念に検証していくと、学校で教わったことも、常識・通説とされることも間違いだらけと分かります。邪馬台国の歴史がとんと解明できない原因は、ここにあります。一から、考え直す以外にありません。 この...

試し読みを開く

『邪馬台三国志』天照大御神(ヒミコ)と素戔嗚尊/神武天皇と日本武尊

〜乱世を鎮めた英傑たちの生涯〜倭奴国王朝六代女系天神・天之尾羽張神(向津姫の母か祖母)の御代、即ち伊奘諾政権期の一八〇年代に、東の副都を治める皇太子(向津姫の婿養子)が三輪オロチ族と組んで反乱した。伊...

試し読みを開く

『邪馬台三国志』記紀と倭人伝の正しい解釈/邪馬台国盛衰記

古代史の常識や通説を歴史的観点から検証していくと、戦前に信じて疑うことのなかった「皇統万世一系」も、戦後に教えられた「倭では、都市国家規模の百余国が分立していた」も、「記紀」や「倭人伝」にある記述の解...

試し読みを開く

『邪馬台三国志』古代史の常識と通説を疑え

司馬遷の信念に従い、記紀など資料、中国史書、内外の伝承、神社の縁起、地名の由来を織り交ぜながら、倭奴国と邪馬台国の生い立ち、互いに覇権を争いあった歴史、その末に大和朝廷が成った歴史を物語化しました。古...

試し読みを開く

『邪馬台三国志』倭奴国と邪馬台国の栄枯盛衰物語

司馬遷の信念に従い、記紀など資料、中国史書、内外の伝承、神社の縁起、地名の由来を織り交ぜながら、倭奴国と邪馬台国の生い立ち、互いに覇権を争いあった歴史、その末に大和朝廷が成った歴史を物語化しました。『...

試し読みを開く

邪馬台(やまと)三国志 (全)

司馬遷の信念に従い、記紀など資料、中国史書、内外の伝承、神社の縁起、地名の由来を織り交ぜながら、倭奴国と邪馬台国の生い立ち、互いに覇権を争いあった歴史、その末に大和朝廷が成った歴史を物語化しました。古...

試し読みを開く

『邪馬台三国志』ダイジェスト版

 司馬遷の信念に従い、記紀など資料、中国史書、内外の伝承、神社の縁起、地名の由来を織り交ぜながら、倭奴国と邪馬台国の生い立ち、互いに覇権を争いあった歴史、その末に大和朝廷が成った歴史を物語化しました。...

試し読みを開く

『邪馬台三国志』倭奴国と邪馬台国の栄枯盛衰(短縮編)

 古代史を検証していくと、学校で教わったことも、常識・通説とされることも間違いだらけと分かります。邪馬台国の歴史がとんと解明できない原因は、ここにあります。一から、考え直す以外にありません。この信念の...
« 前のページ 1 2
  • 本につけられたお気に入りの数です。
  • 本につけられたコメントの数です。
  • 本の価格です。