twitterアカウントでログイン

作成した本

この本を開く

河童と砂金

家を借りたら河童が付いていた。河童は涸れることがない砂金が採れる川を知っているらしい。何とか仲良くなって、その場所を聞き出すことはできないだろうかと俺は思ったが…。

この本を開く

また、この季節

ベランダから一匹の蝉が入ってきた。彼はジィワジィワと語りかけてきた。

この本を開く

海の底

海の底で 君と溶け合いました。

この本を開く

天敵

神は太古傑作を産み出した。だが神は一つのミスを犯した。その生物に天敵を創らなかったのだ。

試し読みを開く

幸福な未来

突然俺の部屋に押しかけ、そのまま居座った妊娠9か月の女。お腹の子の父親は俺だというが、全く身に覚えは無い。やがて俺たちは結婚し、一年過ぎたある日。大出世のチャンスが訪れた俺に、なぜか彼女は眉をひそめ、...

試し読みを開く

´-ダッシュ-

ある熱帯夜。俺は脱皮をした。翌日その抜け殻が動きだし、ついには姿を消してしまった。彼は何をしようとしているのか。そして俺は何を脱ぎ捨てたのか…?

試し読みを開く

アホウ使いの憂鬱

突然俺は魔法使いになった。毎日が天国だ。だが2年後のある日、謎の男二人が現れ、俺は衝撃の事実を知らされる。
« 前のページ 1 次のページ »
  • 本につけられたお気に入りの数です。
  • 本につけられたコメントの数です。
  • 本の価格です。