twitterアカウントでログイン

作成した本

この本を開く

対馬の闇Ⅳ

沢富刑事シリーズ⑮さゆりの民宿の近くにバカでかい別荘が建った。そこはヤクザの別荘ではないかとさゆりはひろ子に囁いた。ひろ子は、さゆりの話から、麻薬密輸組織のアジトではないかと思ったが、まずは、現行犯を...

この本を開く

小説の未来(21)

人は過去を記号で認識し、あたかも、事実であるかのように思い込みます。そして、「記号の世界」を現実と思い込みます。それは、記号が脳を支配しているのです。誰にでも起きる”不可解な悩み”はどこからやってくる...

この本を開く

白と黄

くノ一シリーズ⑥AI脳実験に利用された安田と三島。それとは知らずに英雄を夢見た二人。一方、ゆう子は美緒とともにモサドに接近する。

この本を開く

汐吹祭

くノ一シリーズ⑤ジュリナは、借金返済のため、ソープ・エージェントとなった。そして、校長の勧めで、高額賞金がゲットできる汐吹祭レースに参加することに。一方、アーリア系CIAは、シナ・マフィアを使って、原...

この本を開く

小説の未来(20)

ゲーム娯楽を進化させてきた言語・記号の役割と感情言語から構築される小説の効用について述べます。

この本を開く

タケル

真人の旅シリーズ①正統南朝天皇の予備校講師とタケルがそっくりなことに疑問を持った真人は、10連休を使ってタケルが住んでる姫島に向かった。タケルは父親とは生き別れになっていること。また、タケルは安徳天皇...

この本を開く

対馬の闇Ⅲ

沢富刑事シリーズ⑭出口巡査長の妹、瑞恵は、事故死を信じることができなかった。死の謎を解明するために、中洲から比田勝に戻ってきた瑞恵は、奇遇にも、伊達がマスターをしているクラブで働き始めた。

この本を開く

小説の未来(19)

今、振り返って考えてみると、心の底に沈殿していた憎しみが、小説を書かせたのかもしれない。小説を書くことによって、どこに導かれるのか?

この本を開く

ピンク

亜紀ちゃんシリーズ⑩オリーブ園で拾われた子猫は、ピンクと名付けられ、亜紀ちゃんのおうちで元気に育っていた。風来坊は、ピンクは捨て猫、といっていたが、実は違っていた。

この本を開く

対馬の闇Ⅱ

沢富刑事シリーズ⑬出口君の殺害は内部犯行かもと聞かされたひろ子は、単独調査をすることにした。対馬の親友とともに聞き込み調査をしたが、これといった手掛かりはつかめなかった。だが、帰福後、ドギャン・シタト...
« 前のページ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
  • 本につけられたお気に入りの数です。
  • 本につけられたコメントの数です。
  • 本の価格です。