twitterアカウントでログイン

作成した本

この本を開く

取り残されホモ・サピエンス

せんべいをかじりながらでも、ゆで卵に塩をふって頬張りながらでも、哲学は可能なのです。さほどにあらたまったものではないのです。俺はどうして生きてるんだ。どうして、こうも、思うようにいかないのか、さほどに...

この本を開く

みそかの銭

人の心は、目に見たもので動かされもしますが、外界の状況が大きく作用することもあります。例えば、みそかの慌ただしい、と言っても、本当に慌ただしいのかって、ただ、年が終わる最後の1日なだけです。でも、その...

この本を開く

心がほっと

世の中というのは捨てたものではないのです。どこの職場にも、どこの学校にも、はたまた、どこの世界にも、捨てがたい人物がいて、出来事があるのです。私たちは、怒りにまかせて、あるいは、自らを悲劇の主人公にし...

この本を開く

最期の時間割

温故知新ー常に人は過去から学び、未来に飛躍をしていきます。日々の出来事、いや、良いことばかりではありません。むしろ、そうでないことの方にこそ、私たちが学ぶべきことがあります。そうなると、温故知新などと...

この本を開く

お人好しの国

人はいつの時代も、性懲りもなく、争いを好みます。暴力はいけない、だから、「法」で争いましょうって、つまらないことを何年もかけて、とりとめのない議論で争いあうのです。政治の世界もひどい争いをしています。...

この本を開く

革手袋とマフラー

日々のたわいのない出来事が、意図せず、心を占領するってことがあります。世間の話題になっているニュースに、一人カッカしている自分を垣間見た時のあのはずかしさ。知り合いの健康を心配してやる自分を見て、少し...

この本を開く

ダメな人たち

自分のダメさ加減を棚に上げて、あれこれ言うのもなんですが、いい加減、嫌になるくらい、ダメな奴っているものです。経済界然り、政治の世界も、そうそう、文学者にも。そして、身の回り、血筋の者たちにも、その手...

この本を開く

かぎろひの立つ見えて

それはある冬の朝のことでした。朝日があまりに綺麗で、私、それを見に外へ出かけていったのです。それはある冬の港でのことでした。青年が五万円で船を譲ってくれる人を探していたのです。それは夕方のニュースでの...

この本を開く

三角の世界

日常生活の中で、こんなことがあったら良いと思うことがあります。宝くじが最低金額当たるとか、街角でテイッシュではなく、花をもらったりするとか、そんなささやかなことなんです。そんなことを思っていると、私た...

この本を開く

つくば模様

つくばは田舎です。まごうことなき日本の田舎です。しかし、ただの田舎ではありません。そこには、ただならぬ人々がうごめき、息づかいをしているのです。そして、世界へと大きく開く扉があるのです。そんな私のつく...
« 前のページ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
  • 本につけられたお気に入りの数です。
  • 本につけられたコメントの数です。
  • 本の価格です。