twitterアカウントでログイン

作成した本

この本を開く

枝幸砂金の論

枝幸砂金地は明治30年頃に発見され32~33年最盛期を迎えた。人々が砂金熱に浮かれる中、二人の若き学者が現地を調査していた。西尾銈次郎と福地信世、それぞれ数ヶ月間現地に滞在し、その報告書として「枝幸砂...

この本を開く

意訳「北海道枝幸砂金地に関する地質学的観察」

北海道枝幸地方は明治30年代ゴールドラッシュに沸いた地である。理学士福地信世は明治33年同地を調査して、北海道殖民公報に「枝幸の砂金」と題する報告書を掲載した。そして、明治35年~地質学雑誌に「北海道...

この本を開く

意訳「枝幸砂金論」

北海道枝幸地方は明治30年代ゴールドラッシュに沸いた地である。工学士西尾銈次郎は明治33~34年枝同地を調査して「枝幸砂金論」を著した。本書は現代にも通じる名著であるが、古い専門書でもあり難解である。...
« 前のページ 1 次のページ »
  • 本につけられたお気に入りの数です。
  • 本につけられたコメントの数です。
  • 本の価格です。