twitterアカウントでログイン

作成した本

この本を開く

エトのつばさ

きれいな自然の中に、いろいろな動物たちの暮らしがあり、生きるための戦いがあります。これは翼が短くて飛べない鳥の、小さな生きるための戦いのお話です。※2017年パブーに公開した本の改定版です。

この本を開く

なきべそねこ

ある日、庭の木の下で鳴いていた子ねこを家で飼うことになった。ミルクを飲ませ、キャットフードを食べさせ、子猫は大きく育っていった。が、なぜか顔が大きく1.5頭身のままだった。

この本を開く

バイバイひつじ

人は神さまに逆らって色のついた羊を造りはじめる。やがて色の付いた羊はふえて、普通になり、名前も変わっていった・・・

この本を開く

ジンベのほし

幼児向け絵本ですが、大人もどうぞ。ジンベエザメのジンベは海より広いのは何だろうと思いました。コバンザメのコバンは海の上にある空の方が広くて、星空はもっと広いと教えてくれました。

この本を開く

ジンベのうみ

~10歳向け絵本。ジンベエザメのジンベは水族館の人気者。でも一番じゃありません。どうしたら一番になれるか、コバンザメのコバンに聞きました・・・

この本を開く

ナミダとユキダルマ

幼児向け絵本ですが、大人もどうぞ。たくさんの人が流したナミダは海へ。海の水は空へ昇って雲に。そして雨になり、さむい冬には雪になります。そしてナミダはユキダルマになり、ナミダでできたユキダルマはナミダル...

この本を開く

ふにょのなやみ

ふにょは丸くてフワフワ浮かぶ生き物です。ふにゃふにゃしているから、形が変わります。それで、だれかと友達になろうと…ふにょはなんとなくふわ、ぷにゅ、くにゃ、ほわ、ぷにょっとした感じです。

この本を開く

さばくにさいたちいさなはなは

砂漠に小さな花が咲いた。小さな花は砂漠には砂のほか何もないと思った。

この本を開く

バイオマティックボーイ

人工知能は大量のデータ処理能力と速度において既に人間を超えているが・・・機械的ロボットは人の作ったプログラムと、電気が無ければ動かない。けれど生物学的な物は遺伝子というプログラムがあり、生体内に電気を...

この本を開く

たま語録

もしもうちのたまが日本語を話したらと思って作った「たま語録」。にゃん生訓、たま川柳もあります。気楽な気持ちで読んでください。
« 前のページ 1 2
  • 本につけられたお気に入りの数です。
  • 本につけられたコメントの数です。
  • 本の価格です。