twitterアカウントでログイン

作品検索


人気の作品順に表示しています - タグ:生活保護

この本を開く

たのしく学ぶ生活保護

生活保護をテーマにした謎のフィクション漫画

窓際ななみ

この本を開く

メンヘラ志士谷の日めくりナマポ生活 8月

統合失調症で生活保護。そんな私のリハビリ落書き漫画です。

志士谷 二朗

この本を開く

メンヘラ志士谷の日めくりナマポ生活

統合失調症で障害2級でナマポ(生活保護)の筆者の日常のアレコレを落書きしてゆきます。云わばリハビリ落書き漫画です。どうぞお気楽にお楽しみください。

志士谷 二朗

この本を開く

メンヘラ志士谷の日めくりナマポ生活2012 2月

統合失調症で障害2級でナマポの筆者の、リハビリ落書き漫画です。どうぞお気楽にお楽しみ下さい。1週間に3pくらい追加してゆきます。

志士谷 二朗

この本を開く

メンヘラ志士谷の日めくりナマポ生活2012 3月

統合失調症で障害2級で生活保護。そんな私のリハビリ落書き漫画です。どうぞお気楽にお楽しみください。

志士谷 二朗

この本を開く

コドモのボク

統合失調症で生活保護。そんな私のリハビリ落書き漫画です。今回は私の子供の頃の思い出を綴りました短編です。お気楽にお楽しみいただければ幸いです。

志士谷 二朗

この本を開く

メンヘラ志士谷の日めくりナマポ生活 4月

統合失調症で障害2級で生活保護。そんな私のリハビリ落書き漫画です。お気楽にお楽しみいただければ幸いです。一週間に3p程追加していく予定です。

志士谷 二朗

この本を開く

メンヘラ志士谷の日めくりナマポ生活 5月

統合失調症で生活保護。そんな私のリハビリ落書き漫画です。どうぞお気楽にお楽しみください。一週間に3pくらいうpします。

志士谷 二朗

試し読みを開く

福祉のひろば 2010年6月号 【特集】野宿者も普通のおっちゃんや―野宿者サポートの夜回り実践

【特集】野宿者も普通のおっちゃんや―野宿者サポートの夜回り実践―全国で反貧困の運動が巻き起こり、生活保護受給につながるケースが増えてきています。全国的に野宿者の調査実数は減少しているという報告を受けていますが、生活保護を受給せずに野宿生活を続ける人々も数多くいます。野宿者の深刻な孤立、若者たちからの...

編集:総合社会福祉研究所

試し読みを開く

福祉のひろば 2010年7月号 【特集】地域に根をはる福祉専門学校――ゲゲゲの女房のふるさと島根県安来市の島根総合福祉専門学校を訪ねて

【特集】地域に根をはる福祉専門学校――ゲゲゲの女房のふるさと島根県安来市の島根総合福祉専門学校を訪ねて――去る4月27日、島根県東部の安来市にある学校法人広瀬学園島根総合福祉専門学校を訪ねました。1997年に旧広瀬町の町立の福祉専門学校として誕生し、その後民営化し、開設当初は介護福祉士科単科だったの...

編集:総合社会福祉研究所

試し読みを開く

福祉のひろば 2011年12月号 【特集】生きる─誰もが安全・安心な社会を創ろう

【特集】 生きる─誰もが安全・安心な社会を創ろう2011年12月号の特集は、8月27日・28日「生きる~誰もが安全・安心な社会を創ろう~」をテーマに京都で開催された「第17回社会福祉研究交流集会in京都」からのメッセージです。【基調報告】 藤松素子【分科会報告】[1]生活保護改革と支援のあり方 吉永...

編集:総合社会福祉研究所

試し読みを開く

福祉のひろば 2012年2月号 【特集】生活基盤の整備が再犯を防ぐ(更生と福祉)

【特集】 生活基盤の整備が再犯を防ぐ(更生と福祉)2010年の入所受刑者27,079人。そのうち、高齢入所者(65歳以上)は、2014人でした。高齢の入所受刑者人員は最近20年間、初入者・再入者ともにほぼ一貫して増加傾向にあり、また、入所受刑者全体と比べてその増加傾向は著しく、再入者の割合が高い。高...

編集:総合社会福祉研究所

試し読みを開く

福祉のひろば 2012年6月号 【特集】生活保護利用者の「人としての生活」保障を考える

【特集】生活保護利用者の「人としての生活」保障を考える貧困と孤立の深まりと広がりは、さまざまな深刻な事態を呈しています。障害を持つ子と高齢の母親の2人暮らし、そこで母親の急病死、残された子が餓死。高齢姉妹暮らしの餓死事件。このような事例の報道は絶えることがありません。少し古いデータ(2006年)です...

編集:総合社会福祉研究所

試し読みを開く

福祉のひろば 2012年7月号 【特集】地域に生きるひとり暮らし高齢者の現実、そして動き始めた自治体

【特集】地域に生きるひとり暮らし高齢者の現実、そして動き始めた自治体生活保護利用者への異常なバッシングの本質は、国民に向けた攻撃であることを見逃してはならない。前号(6月号)の特集「生活保護利用者の『人としての生活』保障を考える」には、「この間の生活保護バッシングのねらいや背景が読みとれた」という感...

編集:総合社会福祉研究所

試し読みを開く

福祉のひろば 2013年10月号 【特集】生活保護利用者はふつうに生きてはダメなのか?

【特集】生活保護利用者はふつうに生きてはダメなのか? 政府の生活保護制度の大幅な抑制や後退、その動きを補完し、時に先導するマスコミのバッシングは、生活保護制度を意図的に慈恵的制度に後退させ、利用者を「自立しない人」へと変質させ、今でも孤立しかけている利用者を社会の後景に追いやろうとしている。 朝日訴...

編集:総合社会福祉研究所

試し読みを開く

χ文書ー私をリストラから救ってくれなかった労働法へ

平成に入ってからずっと不況と言われ続けてきて、仕事が見つからないのも不況のせいにしてしまっているが、いざなぎ景気超えをはじめどんなに景気がよくなっても求職者を取り巻く様子は一行に変わりが無い。これって本当に自分のせい?就業機会その物が競争に晒されてしまった結果、就労義務だけが平等で企業の少ない雇用の...

m-sakai

試し読みを開く

福祉のひろば 2013年12月号 【特集】“家族構造の変化”と社会福祉

特集〝家族構造の変化〟と社会福祉 1953年、世帯総数が1,718万世帯、平均世帯人員が5.00人でした。約60年後に世帯総数は、4,817万世帯と2.8倍に増加し、平均世帯人員は約半分の2.57人に減少しました。世帯構造では、単独、夫婦のみ、ひとり親と未婚の子のみの世帯が増加し、三世代世帯が減少...

編集:総合社会福祉研究所

この本を開く

削除予定

削除予定

李形吏龍

試し読みを開く

福祉のひろば 2014年7月号

特集 障害者の権利条約がいきる社会と日本 昨年一二月四日、参議院本会議にて障害者の権利条約が承認されてから半年が過ぎた。一四一番目(EUを含め)に締結した日本。ほとんどの障害者団体が条約批准を歓迎し、ここからが本当のスタートだと位置づけた。 障害者の権利条約は、第五六回国連総会(二〇〇一年)に特別委...

編集:総合社会福祉研究所

試し読みを開く

特別養護老人ホームを知ろう

新聞、テレビなどで特養ホームという言葉をよく耳にすると思いますが、その実態を知っている人は果たしてどの位いるのでしょうか。人生の終の住処ともいわれる特養ホームの実態をご紹介します。

浦 和市
« 前のページ 1 2