twitterアカウントでログイン

作品検索


新しい作品順に表示しています - タグ:詩

この本を開く

風狂(第68号)

「風狂の会」は1994年(平成6年)頃に、自然発生的に生まれた。但し、前身になった集まりは幾つかある。主要なものを遡及すると、現代詩の公器と言われていた月刊雑誌「詩学」で作品指導を行っていた「東京詩学の会」において講師であった齋藤 怘(まもる)氏とそのメンバーたちが、1988年(昭和63年)に始めた...

高村昌憲

試し読みを開く

思い出になる前のLOVE SONG vol.1

愛おしい想い、過ぎ去った時間の振り返り、誰もが通り過ぎた甘く切ないあの時間に触れてみたくって。

伊東亜里沙

この本を開く

モクレンの唄

春先に咲く、白木蓮をテーマにしたポエム漫画。

ばーばら

この本を開く

風狂(第67号)

「風狂の会」は1994年(平成6年)頃に、自然発生的に生まれた。但し、前身になった集まりは幾つかある。主要なものを遡及すると、現代詩の公器と言われていた月刊雑誌「詩学」で作品指導を行っていた「東京詩学の会」において講師であった齋藤 怘(まもる)氏とそのメンバーたちが、1988年(昭和63年)に始めた...

高村昌憲

試し読みを開く

すきから あいへ おやすみ

詩小説「すきから あいへ おやすみ」は全103P(約37000字)の小説作品です。内容は、15からなる過去の恋愛から、最後にたどり着くまでの感情が描かれています。愛とか、恋とか、好きとか、よくわからない世界を迷いながら、感情が複雑に進んで行きます。内容はゆるやかにながれていきますので、少しずつ読んで...

るんぺんパリ

この本を開く

古都を歩く

多重露出撮影で京都、奈良、神戸、大阪を巡りました

みのすけ

この本を開く

風狂(第66号)

「風狂の会」は1994年(平成6年)頃に、自然発生的に生まれた。但し、前身になった集まりは幾つかある。主要なものを遡及すると、現代詩の公器と言われていた月刊雑誌「詩学」で作品指導を行っていた「東京詩学の会」において講師であった齋藤 怘(まもる)氏とそのメンバーたちが、1988年(昭和63年)に始めた...

高村昌憲

この本を開く

大阪マラソン

大阪マラソンを多重露出撮影で語る

みのすけ

この本を開く

風狂(第65号)

「風狂の会」は1994年(平成6年)頃に、自然発生的に生まれた。但し、前身になった集まりは幾つかある。主要なものを遡及すると、現代詩の公器と言われていた月刊雑誌「詩学」で作品指導を行っていた「東京詩学の会」において講師であった齋藤 怘(まもる)氏とそのメンバーたちが、1988年(昭和63年)に始めた...

高村昌憲

この本を開く

風狂(第64号)

「風狂の会」は1994年(平成6年)頃に、自然発生的に生まれた。但し、前身になった集まりは幾つかある。主要なものを遡及すると、現代詩の公器と言われていた月刊雑誌「詩学」で作品指導を行っていた「東京詩学の会」において講師であった齋藤 怘(まもる)氏とそのメンバーたちが、1988年(昭和63年)に始めた...

高村昌憲

この本を開く

風狂(第63号)

「風狂の会」は1994年(平成6年)頃に、自然発生的に生まれた。但し、前身になった集まりは幾つかある。主要なものを遡及すると、現代詩の公器と言われていた月刊雑誌「詩学」で作品指導を行っていた「東京詩学の会」において講師であった齋藤 怘(まもる)氏とそのメンバーたちが、1988年(昭和63年)に始めた...

高村昌憲

この本を開く

風狂(第62号)

「風狂の会」は1994年(平成6年)頃に、自然発生的に生まれた。但し、前身になった集まりは幾つかある。主要なものを遡及すると、現代詩の公器と言われていた月刊雑誌「詩学」で作品指導を行っていた「東京詩学の会」において講師であった齋藤 怘(まもる)氏とそのメンバーたちが、1988年(昭和63年)に始めた...

高村昌憲

この本を開く

風狂(第61号)

「風狂の会」は1994年(平成6年)頃に、自然発生的に生まれた。但し、前身になった集まりは幾つかある。主要なものを遡及すると、現代詩の公器と言われていた月刊雑誌「詩学」で作品指導を行っていた「東京詩学の会」において講師であった齋藤 怘(まもる)氏とそのメンバーたちが、1988年(昭和63年)に始めた...

高村昌憲

この本を開く

風狂(第60号)

「風狂の会」は1994年(平成6年)頃に、自然発生的に生まれた。但し、前身になった集まりは幾つかある。主要なものを遡及すると、現代詩の公器と言われていた月刊雑誌「詩学」で作品指導を行っていた「東京詩学の会」において講師であった齋藤 怘(まもる)氏とそのメンバーたちが、1988年(昭和63年)に始めた...

高村昌憲

この本を開く

風狂(第59号)

「風狂の会」は1994年(平成6年)頃に、自然発生的に生まれた。但し、前身になった集まりは幾つかある。主要なものを遡及すると、現代詩の公器と言われていた月刊雑誌「詩学」で作品指導を行っていた「東京詩学の会」において講師であった齋藤 怘(まもる)氏とそのメンバーたちが、1988年(昭和63年)に始めた...

高村昌憲

この本を開く

風狂(第58号)

「風狂の会」は1994年(平成6年)頃に、自然発生的に生まれた。但し、前身になった集まりは幾つかある。主要なものを遡及すると、現代詩の公器と言われていた月刊雑誌「詩学」で作品指導を行っていた「東京詩学の会」において講師であった齋藤 怘(まもる)氏とそのメンバーたちが、1988年(昭和63年)に始めた...

高村昌憲

この本を開く

ただ高く飛ぶために紡ぐ言葉。

小薗学

この本を開く

【 わが幻燈の アルカディア 】 (X)

詩とか詞とか句とか歌とか、写真とか☆(旧・「閉店準備作業のための予備ファイル 15」)

霧樹 里守 (きりぎ・りす)

この本を開く

ダブルAサイドポエム

ロックバンドは ダブルAサイドシングルをリリース。komasen333は ダブルAサイドポエムをリリース。ポジティブポエムブログと恋愛詩ブログから厳選した2篇を収録。 (1)  不利な追い風も 有利な向かい風も (2)  水族館な観賞恋 映画館な鑑賞愛

komasen333

この本を開く

風狂(第56号)

 「風狂の会」は1994年(平成6年)頃に、自然発生的に生まれた。但し、前身になった集まりは幾つかある。主要なものを遡及すると、現代詩の公器と言われていた月刊雑誌「詩学」で作品指導を行っていた「東京詩学の会」において講師であった齋藤 怘(まもる)氏とそのメンバーたちが、1988年(昭和63年)に始め...

高村昌憲
« 前のページ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10