twitterアカウントでログイン

作品検索


人気の作品順に表示しています - カテゴリ:小説・ノンフィクション - ミステリー - 無料本

この本を開く

掌編 オンライン探偵

お時間がございましたら、是非ともよろしくおねがいします。

土田清十郎

この本を開く

ポイントカード

この世はポイントで溢れている。

柊 幸

この本を開く

名探偵 山犬鹿之助の犬探し

消えた犬が巻き起こす奇想天外な殺人事件。数多の事件を解決した名探偵が決死の犬探しに挑む。※毎週金曜日頃更新

goseisyashin

この本を開く

【2012-12-28】地縛記憶1(高松町連続殺人事件)第六回

その地に刻まれた凄惨な出来事の記憶が見えるようになった安藤佑太。今回は帝都高松町で起きる連続殺人事件の解決に、親友で帝都警視庁の捜査一課警部、坂田から協力を求められる。佑太は婚約者杏子とともに事件を追うが、彼らの前には幾つもの謎が立ち塞がってくる。さて、その結末は……

白鳥恭介

この本を開く

男と女の迷い道

 10編の短い物語(ショートショート風)がおさめられています。 「車内化粧」 「ソウショク系オヤジ」 「ポチに願いを」 「逆順」 「息を止めて」 「ミキちゃん」 「緊急停車」 「エコ呼吸」 「自分探しの旅」 「ほくろ」の10編です。 気に入った題名のものからお読みください。 どれも読み終わって、ニヤ...

いちべえ

この本を開く

良樹くん

同じクラスの良樹くんは冷血な男の子。そんな彼に一途な想いを心に秘めた、小学生のわたし。彼らの学校には行方不明者が何人かいる。実は「わたし」は、全ての真相を知っていた。

里中秋也

この本を開く

物狂いの石

物狂いの石

草原克芳

この本を開く

静寂のトイレ

男は薄暗いトイレに足を踏み入れた。

柊 幸

この本を開く

カラオケの女

それは合コンの二次会に選んだカラオケルームが舞台。歌う人のいない集団の中で何気なく始まったのは三題噺だった。ホラーからコメディ、ミステリーと16+1の掌編物語を収録。(2011/6/15更新)

由納言

この本を開く

混線

あなたは私を見つけられるだろうか。たとえ姿かたちが定まらなくても。

Kevin Spring

この本を開く

確率物語

 数学シリーズ3作目です。今回は、「火サス」をイメージした、ちょっと荒唐無けいなサスペンスを書きたくてちょっと長くなってしまいました。

junpnozaki

この本を開く

人生観

「人生観を変えようと思うんだ」

川崎ゆきお

この本を開く

探偵とカメと鈴木くん

探偵とカメと鈴木くんのはなし

kanarihikokuma

この本を開く

また明日電話します

留守番電話に吹きこまれた「また電話します」の伝言。毎日毎日吹き込まれるその伝言の謎とは?

柊 幸

この本を開く

パンドラ2 -美しき災いと希望ー

file.02イーブン「傷が治るまで同居」の約束を無視して消えたサリー。当然、エドウィンは彼女を追いかけるが、公演中とあって思うようにはいかず。公演終了後、ようやく見つけた手掛かりから、サリーの居場所を探し始めた。パンドラ-美しき災いと希望ーの続編。

鴫原かい

この本を開く

パンドラ3 -美しき災いと希望-

file.03 殺人事件でお会いしましょう旅行会社の事務として働き始めたサリー。エドウィンを忘れようとしつつ出来ないまま、平和で平凡な生活を楽しんでいた。だが、同僚と出かけた先で殺人事件に遭遇し、事態は一気に変化する。パンドラ-美しき災いと希望-1、2の続編。

鴫原かい

この本を開く

パンドラ4 -美しき災いと希望-

file.04 ××××から脱出せよ。エドウィンの前から姿を消したサリーは、昔の相棒ロバートの元へ。彼のアドバイスで、エドウィンとの関係を考え直すサリーの元に、魔法使いの弟子と自称する男から連絡が入った。「魔法使いが拉致監禁されている」と。ロマンス&ミステリー。パンドラfile.01~03の続き。

鴫原かい

この本を開く

分岐点

人間不信の大学生、嘉納宥宗は同じ学部の院生、土岐等あかりとの出会いによって、凍てついた心が慰められていた。だがあかりは陰湿なアカデミック・ハラスメントの被害を受けていた。あかりを救うため、宥宗がハラスメントの証拠固めをしていた矢先、あかりは意識不明の重体に陥る。その背景にはやはりハラスメントの陰があ...

Lavendula

この本を開く

分岐点②

‐あれから五年。機は熟した。無力だった宥宗は力をつけ、アカハラ加害者への復讐を開始する。時の流れと共に、様変わりした研究室内部と、大学内自治の在り方。当時の傍観者も加えて、事態は思わぬ方向へと進んでいく。

Lavendula

この本を開く

手鏡

 長く開かずの間となっていた。 特に封印していたわけではなく、用事がないので、立ち入らなくなった部屋だ。

川崎ゆきお
« 前のページ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10