twitterアカウントでログイン

作品検索


新しい作品順に表示しています - タグ:詩

この本を開く

風狂(第64号)

「風狂の会」は1994年(平成6年)頃に、自然発生的に生まれた。但し、前身になった集まりは幾つかある。主要なものを遡及すると、現代詩の公器と言われていた月刊雑誌「詩学」で作品指導を行っていた「東京詩学の会」において講師であった齋藤 怘(まもる)氏とそのメンバーたちが、1988年(昭和63年)に始めた...

高村昌憲

この本を開く

風狂(第63号)

「風狂の会」は1994年(平成6年)頃に、自然発生的に生まれた。但し、前身になった集まりは幾つかある。主要なものを遡及すると、現代詩の公器と言われていた月刊雑誌「詩学」で作品指導を行っていた「東京詩学の会」において講師であった齋藤 怘(まもる)氏とそのメンバーたちが、1988年(昭和63年)に始めた...

高村昌憲

この本を開く

風狂(第62号)

「風狂の会」は1994年(平成6年)頃に、自然発生的に生まれた。但し、前身になった集まりは幾つかある。主要なものを遡及すると、現代詩の公器と言われていた月刊雑誌「詩学」で作品指導を行っていた「東京詩学の会」において講師であった齋藤 怘(まもる)氏とそのメンバーたちが、1988年(昭和63年)に始めた...

高村昌憲

この本を開く

風狂(第61号)

「風狂の会」は1994年(平成6年)頃に、自然発生的に生まれた。但し、前身になった集まりは幾つかある。主要なものを遡及すると、現代詩の公器と言われていた月刊雑誌「詩学」で作品指導を行っていた「東京詩学の会」において講師であった齋藤 怘(まもる)氏とそのメンバーたちが、1988年(昭和63年)に始めた...

高村昌憲

この本を開く

風狂(第60号)

「風狂の会」は1994年(平成6年)頃に、自然発生的に生まれた。但し、前身になった集まりは幾つかある。主要なものを遡及すると、現代詩の公器と言われていた月刊雑誌「詩学」で作品指導を行っていた「東京詩学の会」において講師であった齋藤 怘(まもる)氏とそのメンバーたちが、1988年(昭和63年)に始めた...

高村昌憲

この本を開く

風狂(第59号)

「風狂の会」は1994年(平成6年)頃に、自然発生的に生まれた。但し、前身になった集まりは幾つかある。主要なものを遡及すると、現代詩の公器と言われていた月刊雑誌「詩学」で作品指導を行っていた「東京詩学の会」において講師であった齋藤 怘(まもる)氏とそのメンバーたちが、1988年(昭和63年)に始めた...

高村昌憲

この本を開く

風狂(第58号)

「風狂の会」は1994年(平成6年)頃に、自然発生的に生まれた。但し、前身になった集まりは幾つかある。主要なものを遡及すると、現代詩の公器と言われていた月刊雑誌「詩学」で作品指導を行っていた「東京詩学の会」において講師であった齋藤 怘(まもる)氏とそのメンバーたちが、1988年(昭和63年)に始めた...

高村昌憲

この本を開く

ただ高く飛ぶために紡ぐ言葉。

小薗学

この本を開く

【 わが幻燈の アルカディア 】 (X)

詩とか詞とか句とか歌とか、写真とか☆(旧・「閉店準備作業のための予備ファイル 15」)

霧樹 里守 (きりぎ・りす)

この本を開く

死に至る恋

恋の形とは

ミュウ

この本を開く

ダブルAサイドポエム

ロックバンドは ダブルAサイドシングルをリリース。komasen333は ダブルAサイドポエムをリリース。ポジティブポエムブログと恋愛詩ブログから厳選した2篇を収録。 (1)  不利な追い風も 有利な向かい風も (2)  水族館な観賞恋 映画館な鑑賞愛

komasen333

この本を開く

風狂(第56号)

 「風狂の会」は1994年(平成6年)頃に、自然発生的に生まれた。但し、前身になった集まりは幾つかある。主要なものを遡及すると、現代詩の公器と言われていた月刊雑誌「詩学」で作品指導を行っていた「東京詩学の会」において講師であった齋藤 怘(まもる)氏とそのメンバーたちが、1988年(昭和63年)に始め...

高村昌憲

この本を開く

風狂(第57号)

 「風狂の会」は1994年(平成6年)頃に、自然発生的に生まれた。但し、前身になった集まりは幾つかある。主要なものを遡及すると、現代詩の公器と言われていた月刊雑誌「詩学」で作品指導を行っていた「東京詩学の会」において講師であった齋藤 怘(まもる)氏とそのメンバーたちが、1988年(昭和63年)に始め...

高村昌憲

この本を開く

忘却のベンティスカ

『小説家になろう』に改稿分を重複掲載しています

百舌谷 灯

この本を開く

KIS§ICK - Death -

-Death-<序>背後につねにゆらめく影。どこにいても追いかけてくる、逃げ切ることのできない死。小さなひとつひとつの物語は、死の側面を多面体のように映すだろう。その奥にある”死”の実像が見えた時、あなたは希望をみるだろうか、絶望をみるだろうか?さぁ、この痛みに満ちた世界へ。しばしの旅を。

shiroa

この本を開く

てのひら

『小説家になろう』に改稿分を重複掲載しています

百舌谷 灯

この本を開く

風狂(第55号)

 「風狂の会」は1994年(平成6年)頃に、自然発生的に生まれた。但し、前身になった集まりは幾つかある。主要なものを遡及すると、現代詩の公器と言われていた月刊雑誌「詩学」で作品指導を行っていた「東京詩学の会」において講師であった齋藤 怘(まもる)氏とそのメンバーたちが、1988年(昭和63年)に始め...

高村昌憲

この本を開く

風狂(第54号)

 「風狂の会」は1994年(平成6年)頃に、自然発生的に生まれた。但し、前身になった集まりは幾つかある。最も主要なものを遡及すると、現代詩の公器と言われていた月刊雑誌「詩学」で作品指導を行っていた「東京詩学の会」において講師であった齋藤 怘(まもる)氏とそのメンバーたちが、1988年(昭和63年)に...

高村昌憲

この本を開く

歓びの色

『小説家のなろう』に改稿分を重複掲載しています

百舌谷 灯

この本を開く

聖夜

『小説家になろう』に改稿分を重複掲載しています

百舌谷 灯
« 前のページ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10