目次
はじめに
はじめに
iPad
学校用iPadに入れるアプリを検討する
児童用iPad全台にインストールしているアプリ
授業で使ったiPadアプリ10個
同じ部首の漢字を集める
漢字の筆順を教える
骨の形と位置を覚える
アプリ「はるがくる」をiPadで読み聞かせる
動画をスロー&左右反転再生する
星空の下でiPadを見せる
アプリ「星座表」をオフラインで使う
パズルで星座に親しむ
アプリで月の動きを見る
ハンガーでiPadのスタンドを作る
アプリ「ラジオ体操第一」で体操の順番を覚えさせる
1ヘクタールの正方形を航空写真に重ねる
iPadで名画を見せる
PDFファイルを本のようにめくる
パズルで市町村を覚える
iPadで分数の計算をする
漢字のフラッシュカードを作る
前学年の漢字の復習をする
かけ算九九のフラッシュカードを作る
ローマ字のフラッシュカードを作る
教科書体で漢字のフラッシュカードを作る
アルバムの写真の順番を入れ替える
修了写真をiPadで編集してネットプリントで現像する
iPadの画面をMacで収録する
折れ線グラフのかき方を教える
四角形の対角線をまっすぐに引く
毛筆のお手本をテレビに映す
結晶の写真を撮る
雲の写真を撮る
実験結果を写真に収める
授業参観で書いた手紙をピクチャフレームに入れてテレビに映す
英語で振り子時計のアプリを検索する
駅伝ランナーに伴走してiPadでライブ配信する
分度器の写真を重ねる
慣用句のスライドショーを作る
Keynoteでテープ図を作る
鉛筆とキャップをグループ化して組にする
Keynoteで任意の角度の角を表示する
離任式のあいさつにKeynoteを使う
iPhone
一年を振り返る映像を編集する
学習発表会で曲の後半だけを使う
ラジオ体操に方言を入れる
アイコンに降水確率を表示する
卒業式で使う花鉢の数を数える
アプリ「Feedly」で情報収集をする
ボイスメモで授業反省会を録音する
割り算の筆算の答え合わせをする
小数のわり算の筆算の答えあわせをする
動画のファイルサイズを見る
収穫したジャガイモを持たせて写真に収める
iPhoneで名刺を読み取る
写真を撮って花の名前を調べる
ホウセンカの写真に日付を入れる
卒業までの日々を数える
6送会でカラオケを流す
卒業式場をパノラマ撮影する
その他
おわりに
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

36 / 62ページ

英語で振り子時計のアプリを検索する

5年生の理科で、振り子の動きの授業をしました。

単元の初めに、身近な振り子の例として振り子時計を見せたいと思いました。
でも、ぼくの身の回りにはありませんでした。

iPadでそういったアプリがないか探してみました。
App Store内で「ふりこ」「振り子」で検索してみましたが、それらしきアプリは見つかりません。

振り子を英訳してみました。
振り子のことを英語で「Pendulum」と言うそうです。

「Pendulum」で再度検索してみました。
そして見つけたのがこのアプリです。

 


PendulumClock App

シンプルな時計アプリです。
IMG_2151



8種類の振り子時計を含む21種類の時計と40種類の背景が選べます。
IMG_2150

振り子時計と聞いて、初めはピンとこなかった子も、「おばあちゃんの家にある」「幼稚園にある」と言って思い出してくれました。 

駅伝ランナーに伴走してiPadでライブ配信する

駅伝大会に小学生のチームを出場させることになりました。
ぼくは走る子にスクーターで伴走しました。

走っている子の位置や順位などが次の走者や職員に伝えられるのではと思って、iPadでライブ映像を配信することにしました。
利用したのは、USTREAMというウェブサービスです。
パソコンやスマートフォンなどを通してライブ映像を配信することができます。
専用のアプリも出ています。


初めに新規登録をします。
IMG_2425


名前とメールアドレスが必要です。
IMG_2426



次にチャンネルを作ります。
IMG_2430


チャンネルができたら、ライブ配信の画面にします。
IMG_2434


赤いボタンをタップすればライブ配信が始まります。
IMG_2433


リアルタイムとの誤差は、勤務地の場合約30秒ありました。

スクーターのヘッドライトの上にガムテープでiPadを固定し、カメラをオンにして出発しました。
映像はそれぞれのスマホやタブレットからUSTREAMのWebサイトでチャンネルを検索して見ることができます。

特に後半に走る子たちは、職員や保護者の端末から、ランナーや伴走しているぼくの位置を確認できたのでよかったようでした。


分度器の写真を重ねる

4年生の算数「角の大きさ」で、分度器の使い方について授業しました。

教科書に書かれている角の大きさを分度器で測定する問題がありました。
これを、iPadを使って説明しました。

授業の前に、白い紙の上に置いた分度器の写真を撮ります。
IMG_0298

教科書のページも写真に撮ります。
IMG_0299

Sketchbook Expressというアプリで、二つの画像を重ねます。


そして分度器のレイヤーの透過率を下げます。
IMG_0300

右から2番目のボタンをタップして、分度器のレイヤーだけを操作できるようにします。
IMG_0298 2

矢印部分をタップすると、大きさと向きを維持したまま分度器を動かすことができます。
IMG_0301 2


分度器を角に合わせて、目盛りを読みます。
IMG_0301


書き込みが自由にできるのもiPadのいいところです。
IMG_0302


慣用句のスライドショーを作る

小学3年生の国語で慣用句を教えています。
教科書に出てくる慣用句をスライドショーにして、授業のはじめに読ませています。
 IMG_0689

作成はKeynoteで行いました。


Keynote App

 

カメラロールとの違いは、右側に小さなスライドが表示される点です。
これでランダムに選択して読ませることができます。 


Keynoteでテープ図を作る

4年生の算数で小数のわり算の授業をしました。

単元の後半に、小数倍を指導する時間があります。
例えばこんな問題です。

「赤いリボンの長さは2mで、黄色いリボンの長さは5mあります。
 黄色いリボンは赤いリボンの何倍ですか。」

言葉だけで倍の概念、特に小数倍を教えるのは難しいです。
ぼくはiPadのKeynoteでテープ図を作りました。

+をタップして赤い長方形を挿入します。

IMG_1705


上のルーラーを見ながら20の長さにします。
「2m」というテキストを入れます。

IMG_1708


図形オブジェクトに黄色の四角形はないので、とりあえず透明の四角形を挿入します。
これも上のルーラーをみながら、50の長さにします。

 IMG_1709


黄色く塗りつぶします。

IMG_1710


「5m」とテキストを入れます。

IMG_1711


基準量となる赤いテープ図に枠線を入れます。
これで完成です。

IMG_1713


授業の中で説明しながらコピーペーストしていきます。

IMG_1715


赤いリボンをペーストして横に並べていきます。
最後はこんな感じになりました。IMG_1716


こうした準備が短時間でできるのがKeynoteのいいところです。



読者登録

canpycanpyさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について