目次
はじめに
はじめに
iPad
学校用iPadに入れるアプリを検討する
児童用iPad全台にインストールしているアプリ
授業で使ったiPadアプリ10個
同じ部首の漢字を集める
漢字の筆順を教える
骨の形と位置を覚える
アプリ「はるがくる」をiPadで読み聞かせる
動画をスロー&左右反転再生する
星空の下でiPadを見せる
アプリ「星座表」をオフラインで使う
パズルで星座に親しむ
アプリで月の動きを見る
ハンガーでiPadのスタンドを作る
アプリ「ラジオ体操第一」で体操の順番を覚えさせる
1ヘクタールの正方形を航空写真に重ねる
iPadで名画を見せる
PDFファイルを本のようにめくる
パズルで市町村を覚える
iPadで分数の計算をする
漢字のフラッシュカードを作る
前学年の漢字の復習をする
かけ算九九のフラッシュカードを作る
ローマ字のフラッシュカードを作る
教科書体で漢字のフラッシュカードを作る
アルバムの写真の順番を入れ替える
修了写真をiPadで編集してネットプリントで現像する
iPadの画面をMacで収録する
折れ線グラフのかき方を教える
四角形の対角線をまっすぐに引く
毛筆のお手本をテレビに映す
結晶の写真を撮る
雲の写真を撮る
実験結果を写真に収める
授業参観で書いた手紙をピクチャフレームに入れてテレビに映す
英語で振り子時計のアプリを検索する
駅伝ランナーに伴走してiPadでライブ配信する
分度器の写真を重ねる
慣用句のスライドショーを作る
Keynoteでテープ図を作る
鉛筆とキャップをグループ化して組にする
Keynoteで任意の角度の角を表示する
離任式のあいさつにKeynoteを使う
iPhone
一年を振り返る映像を編集する
学習発表会で曲の後半だけを使う
ラジオ体操に方言を入れる
アイコンに降水確率を表示する
卒業式で使う花鉢の数を数える
アプリ「Feedly」で情報収集をする
ボイスメモで授業反省会を録音する
割り算の筆算の答え合わせをする
小数のわり算の筆算の答えあわせをする
動画のファイルサイズを見る
収穫したジャガイモを持たせて写真に収める
iPhoneで名刺を読み取る
写真を撮って花の名前を調べる
ホウセンカの写真に日付を入れる
卒業までの日々を数える
6送会でカラオケを流す
卒業式場をパノラマ撮影する
その他
おわりに
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

44 / 62ページ

一年を振り返る映像を編集する

今年を振り返る映像を編集して、職場の忘年会で見せることになりました。

映像の編集には、WindowsのムービーメーカーやAdobeのプレミア、デジタルステージのPhotoChinema、エプソン系列のデジカメdeムービーシアターやMacのiMovieなどを使ったことがありますが、今回はiPhoneだけで挑戦してみました。


1 写真や動画を集める

学校行事の写真や休日に職員で過ごした時の動画などを集めました。
そうした写真や動画がぼくのiPhoneに全部入っているわけではないので、この作業にいちばん時間がかかります。
逆に言えば、写真や動画がすでにiPhoneやiPadに収まっていれば、動画はすぐに完成するとも言えます。

集めたファイルはパソコンの1つのフォルダに入れます。

38


2 集めた写真や動画をiPhoneに入れる

ぼくの周りでiPhoneを持っている人の多くが、iPhoneからパソコンへ写真を移したことはあっても、逆にパソコンからiPhoneへ写真を移したことがありませんでした。
iTunesを知らない人もいるかもしれません。


iTunesというのはiPhoneやiPad、iPodなどの機器に入れるデータを管理するためのパソコンソフトです。
下の画像はMac版のiTunesですが、Windows版もあります。

15


写真の取り込み方については、過去記事に書いてあります。
授業参観にピクチャフレームで写真を見せる

動画も入れる場合は「ビデオを含める」にチェックを入れるのを忘れないでください。


3 BGMを決める

映像で使用するBGMを決め、これもiTunesに入れます。
編集の時に繰り返し聞くので、世間や他の人に合わせずに、自分の好きな音楽を選んだ方がいいと思います。

17


4 iMovieで編集する 

写真、動画、音楽と材料が全部iPhoneの中にそろったら、動画編集アプリ「iMovie」でこれらを並べます。

 

iMovie App

iMovieを立ち上げます。
画面右下の+をタップします。

IMG_0481


「ムービー」か「予告編」を選択を聞いてきます。
「ムービー」を選びます。

IMG_0482

いくつかのパターンの枠の選択を聞いてきます。
無難に「シンプル」を選びます。

IMG_0483


編集画面になりました。
真ん中左の音符マークをタップして音楽を入れます。

IMG_0484


下のオーディオをタップすると、iTunesに入っている音楽が表示されます。
1曲選んで、下向きの矢印をタップします。

IMG_0487


音楽は編集画面の下に緑色で表示されます。

IMG_0488


写真や動画を入れ、写真の開始位置や終了位置を微調整します。
そうすることで写真に動きができます。

IMG_0489


テロップを入れることもできます。
職場の同僚が見るので、言葉は少なくても写真の内容は伝わると思いますが、一応一言ずつ添えます。

IMG_0490


テロップの表示位置や表示の仕方などを選択します。

IMG_0491


動画の音声を聞かせたいところでは、動画のオーディオ部分のバーを上げることでBGMが自動的に小さくなり、聞き取りやすくなります。

IMG_0493


5 忘年会で見せる 
 
忘年会の開始直前の映像まで入れて、編集をすることができました。
会場にあるテレビにHDMIケーブルとデジタルAVアダプタでiPhoneにつなぎ、再生ボタンをタップしたら、音楽とともに大画面で一年間の思い出が表示されました。

IMG_0494


ぼくがこれまでにパソコンで使っていた編集ソフトは、編集後に動画ファイルへ変換する作業というのが必要でした。
これがけっこう時間がかかります。
パソコンのスペックや動画の長さにもよりますが、長いと数時間かかる場合もあります。

iMovieでは編集した直後に再生できる点もいいです。
カメラロールに動画ファイルとして変換するのも、その動画の長さと同じくらいの時間でできます。


学習発表会で曲の後半だけを使う

学習発表会の劇で使いたい曲があるのだが、長過ぎるので1番をカットして編集してほしいという依頼を同僚から受けました。

ぼくはその曲をMacに読み込んで、Garagebandというアプリで編集してCDに焼いてお渡ししました。

ふと、iPadやiPhoneでもこれくらいのことはできるんじゃないかと思って試してみました。


アプリを起動すると、音源の種類を選ぶ画面になります。
本来は楽器ごとに音楽を作り、それを重ねて1つの曲を作るためのアプリです。
IMG_0608

楽器は何でもいいので、取りあえず1つ選びます。
左上のトラックを表示するボタンをタップします。
IMG_0609-3


初期設定では8小節分、つまり16秒しか編集できません。
右上の+をタップして長くします。
IMG_0611-2


120のテンポだと1小節は2秒なので、3分の長さが必要なら180(秒)÷2=90にします。IMG_0616


長くなりました。
次は右上のねじれた丸をタップします。
 IMG_0617-2


ミュージックアプリに入っている曲が表示されます。
IMG_0618


曲を選んで長押しすると、トラックに曲が入ります。IMG_0619

 
トラックに音楽が追加されました。
IMG_0620


2番が始まるところまでトリミングして・・・
IMG_0621


切り残した部分を前に持ってきます。
IMG_0622


再び右上の+をタップして必要な長さにします。
 IMG_0624


後半の余白が消えました。
次はメトロノームの音を消します。
右上の歯車をタップします。
IMG_0625


メトロノームとカウントインをオフにします。
これで完成です。
IMG_0626

編集した曲を選択して共有ボタンを押すと、おなじみの画面がでてきます。
IMG_0627


m4aファイルにして共有することができます。
IMG_0628


ラジオ体操に方言を入れる

運動会の開会式と閉会式でラジオ体操をすることになりました。
ラジオ体操は「ご当地版」がいろいろ出ています。
全国各地の方言や外国語で、体操の説明やかけ声が入ったものです。


ご当地版をそのまま使うよりも、子供たちの声を入れた方が聞きやすいと思いました。

iPhoneのGrageBandで編集してみました。

GarageBand App

 

音源で「Audio Recorder」を選びます。
 IMG_2311


トラックを表示します。
右上の+をタップして、曲の長さを決めます。
IMG_2318


ラジオ体操第1なら、120のテンポで100小節くらいです。
IMG_2319


iTunesからラジオ体操の音楽を取り込みます。
IMG_2320


曲はあらかじめiTunesStoreから購入するか、パソコンから同期しておきます。
曲を選んで長押しすると、トラックに取り込む事ができます。
IMG_2321

ぼくはiTunes Storeから「ラジオ体操第一 いつものテンポ」という曲を買いました。IMG_2322


タップしてメトロノームの音を消します。
IMG_2323


左下の+をタップして、方言吹き込み用のトラックを追加します。
イヤホンがなかったので、ラジオ体操の部分のボリュームを下げました。
IMG_2324


赤い録音ボタンを押すと、カウントダウンが始まって録音が開始されます。
iPhoneの下部のマイクに向かってしゃべります。
IMG_2325


トラックに声が入りました。
IMG_2326


無駄な部分は分割して削除することもできます。
IMG_2327


実際のトラックです。
これをCDにして担当に渡し、流してもらいました。

IMG_2328


アイコンに降水確率を表示する

天候によって授業や学校行事が左右されるので、ぼくは天気予報を頻繁に確認しています。
以前まではiPhoneのSafariから天気予報のサイトを見ていました。
アイコンを追加して天気予報を素早くチェックする

現在は、天気予報アプリを利用しています。


Yahoo!天気 - 雨の動きや降水確率などわかるお天気アプリ App

このアプリのいいところは、アプリを起動していなくてもアイコンの右上に降水確率が表示される点です。
 IMG_3433

アイコンの右上に出る数字の通知のことを、「バッジ」と言います。
降水確率が0%の場合はバッジが出ません。
ホーム画面を見るだけですぐにわかるので便利です。

また、ぼくは毎朝、このアプリから天気予報の通知が来るように設定しています。


起動させると、1日ごとや3時間おきの天気予報を詳しく見ることができます。
IMG_3436


雨雲ズームレーダーで今後の雲の動きもわかります。
IMG_3434



この頃は雨の確率だけでなく気温の方も気になります。
早く暖かい季節になってほしいです。 

卒業式で使う花鉢の数を数える

卒業式の式場の設計をするために、校庭にある花鉢の数を数えました。
ペンとメモ帳を持っていなかったので、iPhoneのメモを開きました。
ぼくはフリック入力がそんなに早くないので、マイクボタンを押して音声入力で記入しました。
IMG_3645


花の名前と数を、一発で正確に変換してくれました。



読者登録

canpycanpyさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について