目次
はじめに
はじめに
iPad
学校用iPadに入れるアプリを検討する
児童用iPad全台にインストールしているアプリ
授業で使ったiPadアプリ10個
同じ部首の漢字を集める
漢字の筆順を教える
骨の形と位置を覚える
アプリ「はるがくる」をiPadで読み聞かせる
動画をスロー&左右反転再生する
星空の下でiPadを見せる
アプリ「星座表」をオフラインで使う
パズルで星座に親しむ
アプリで月の動きを見る
ハンガーでiPadのスタンドを作る
アプリ「ラジオ体操第一」で体操の順番を覚えさせる
1ヘクタールの正方形を航空写真に重ねる
iPadで名画を見せる
PDFファイルを本のようにめくる
パズルで市町村を覚える
iPadで分数の計算をする
漢字のフラッシュカードを作る
前学年の漢字の復習をする
かけ算九九のフラッシュカードを作る
ローマ字のフラッシュカードを作る
教科書体で漢字のフラッシュカードを作る
アルバムの写真の順番を入れ替える
修了写真をiPadで編集してネットプリントで現像する
iPadの画面をMacで収録する
折れ線グラフのかき方を教える
四角形の対角線をまっすぐに引く
毛筆のお手本をテレビに映す
結晶の写真を撮る
雲の写真を撮る
実験結果を写真に収める
授業参観で書いた手紙をピクチャフレームに入れてテレビに映す
英語で振り子時計のアプリを検索する
駅伝ランナーに伴走してiPadでライブ配信する
分度器の写真を重ねる
慣用句のスライドショーを作る
Keynoteでテープ図を作る
鉛筆とキャップをグループ化して組にする
Keynoteで任意の角度の角を表示する
離任式のあいさつにKeynoteを使う
iPhone
一年を振り返る映像を編集する
学習発表会で曲の後半だけを使う
ラジオ体操に方言を入れる
アイコンに降水確率を表示する
卒業式で使う花鉢の数を数える
アプリ「Feedly」で情報収集をする
ボイスメモで授業反省会を録音する
割り算の筆算の答え合わせをする
小数のわり算の筆算の答えあわせをする
動画のファイルサイズを見る
収穫したジャガイモを持たせて写真に収める
iPhoneで名刺を読み取る
写真を撮って花の名前を調べる
ホウセンカの写真に日付を入れる
卒業までの日々を数える
6送会でカラオケを流す
卒業式場をパノラマ撮影する
その他
おわりに
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

4 / 62ページ

授業で使ったiPadアプリ10個

授業で使ったiPadアプリを紹介します。

GoodNotes・・・写真やPDFに書き込んだり塗ったり


GoodNotes 4 - メモ&PDF App


ぼくがいちばん使ったアプリです。
このアプリを第3世代iPadで使っていた頃はAirPlay時にときどき落ちたのですが、第4世代iPadにしてからは一度も落ちることなく使えています。
フリーハンドで引いた線を直線に修正したり、適当にかいた三角形や四角形もきれいに直しててくれる機能が便利で、図形の授業ではほぼ毎時間使っていました。
IMG_0654

ブログには書いていませんが、作文指導で教科書の作文例の「はじめ・中・おわり」を長方形で囲んだりして教えたこともありました。
四角形の対角線をまっすぐにひく
折れ線グラフをかく


SketchbookExpress・・・本来は絵を描くためのアプリ

絵を描くアプリなのですが、ぼくはレイヤー機能が気に入っていたので、絵はほとんど描かずに写真を取り込んで重ね合わせ、それを動かしたりして使っていました。
以前学校でよく使われていたOHPに感覚が似ています。
IMG_0300
分度器の写真を重ねる 
同じようなことは、Keynoteの編集画面でもできます。

ちなみにぼくの電子書籍の表紙は、写真を撮ったあとにこのアプリでレイヤーを重ねてトレースしながら描いています。
IMG_0162-1




Keynote・・・プレゼンテーションアプリの定番

言わずと知れたプレゼンアプリですが、オブジェクトを傾けるとその角度が表示されるので、角の授業をする時に使いました。
IMG_0358

ブログには書いていませんが、掲示資料を作る時にもレイアウトの変更が指先でできるので重宝しています。
Keynoteで任意の角を表示する
慣用句のスライドショーを作る


iTextPad・・・縦書きのフラッシュカード作成に

文書作成アプリですが、縦書きが使えるのが特徴です。
IMG_0280

また、指先で500%まで拡大できるので、文字だけのフラッシュカードを作る時にこのアプリで画面いっぱいに文字を映してからスクリーンショットでカメラロールに収めるという方法で作っていました。
IMG_0280

漢字のフラッシュカードを作る
かけ算九九のフラッシュカードを作る
今思えば、かけ算九九は横書きなのでKeynoteで作ってもよかったと思います。


Skitch・写真に文字を書き込む

iPadで撮影した写真に日付やグループ名などを書き込んで保存し、授業で見せていました。
IMG_0508
実験結果を写真に収める

このブログでも写真に文字や矢印を入れる時に使っています。


PhotoSync・・・iPhoneとiPadで動画や画像のやりとり

教室に無線LANルーターを置いているので、Wi-Fiで画像や動画のやりとりができます。
IMG_3310

このブログもiPadやiPhoneからMacBook Airへこのアプリで転送して編集しています。
iPhoneで撮った動画をiPadに転送する


筆算・・・計算結果を筆算で表示する

計算式を入力すると、筆算で表示されるiPhoneアプリです。
筆算の練習問題の答え合わせをするときに使いました。
IMG_0560
わり算の筆算の答え合わせをする



全国市町村パズル・・・市町村の位置と名前に親しむ

授業が早く終わったときによくさせていました。
というよりも、このアプリで遊びたいために授業を早く終わらそうと子どもたちががんばっていました。
1台のiPadを数名で囲みながらわいわいやっていると、子どもたちの頭に隠れてぼくは画面を見るができませんでした。
そこで、AirPlayでテレビにも表示し、ぼくはそれを見ながら応援したりアドバイスしたりしていました。
IMG_0570
パズルで市町村を覚える


星座パズル・・・星座の名前を知る

IMG_0692_1
このアプリをさせるときは、普段は使っていない第3世代iPadも持ってきて2チームで競争させていました。
二人で一つの画面を同時にさわろうとすると、指2本を感知してiPadが思うように動かなくなることがあります。
子どもたちもその辺は学習して、指示する人と動かす人に分かれたり、動かす人を交代で務めたりしていました。
パズルで星座に親しむ


Sliceit!・・・試行錯誤しながら解く楽しさ


Slice It! App
価格:85円
ジャンル:ゲーム

 
図形を決められた直線の本数で決められたピース数に等分するクイズアプリです。
今年度のブログには書いていないのですが、今年の子どもたちもこのアプリに熱中していました。
Evernote 20110608 18:27:28.jpg


短気な子はすぐにヒントを使っていましたが、そういう助け舟もあるのがこのアプリのいいところです。
知的なパズル「Slice it」で盛り上がる

同じ部首の漢字を集める

3年生の国語で部首の授業をしました。
ごんべんやしんにょうなどの同じ部首の漢字を集めることになりました。
漢和辞典を使うこともできますが、ぼくは自分のiPadで探しました。

 


常用漢字筆順辞典 App

筆順を確認するためのアプリですが、部首ごとの漢字の一覧も出すことができます。

下の段の「リスト」をタップして、右上でリストの種類を切り替えます。
学年ごとの「区分リスト」、「画数リスト」、「読みリスト」と「部首リスト」があります。
IMG_1886

部首リストで表示します。
同じ部首の漢字が表示されます。
画数別と読みがな順で切り替えることができます。
IMG_1887

 子供たちに学校用のiPadを一台ずつ渡しました。
自分の名前の漢字を手書きで検索して、部首を確認していました。

簡単検索で上の欄に表示された漢字から自分の名前を選びます。
IMG_1888


詳細をタップするとこんなふうに表示されます。
IMG_1889

 
活字の漢和辞典よりも使いやすいと思いました。


漢字の筆順を教える

他の学年の子が漢字の書き取り問題のプリントを解いていました。
「司会をつとめる」という字がわからなかったようでした。

はじめにぼくがその子のプリントのそばに「務」と書いてみせました。

次にiPadの漢字筆順辞典を起動して、同じように指で書くように言いました。
すると画面左上に「務」の文字が表示されました。IMG_0601-2


そこをタップして、書き順を確認させながら指でなぞらせました。
IMG_0602

普段はぼくが筆順を確認するのに使っているアプリですが、個別指導で使うのもいいですね。



骨の形と位置を覚える

4年生の理科で、体の動かし方の授業をしました。
iPadでNHK for Schoolの動画を見せたあと、骨格のパズルをさせました。

 


あそんでまなべる 人体模型パズル App

その名の通りのパズルです。
骨格と内蔵、そしてこれらを複合したパズルで楽しめます。

子供達は2回、3回と繰り返す度に速くクリアしていくようになりました。

アプリ「はるがくる」をiPadで読み聞かせる

勤務校では職員が一斉に読み聞かせを行う日がありました。
ぼくはiPadアプリの「はるがくる」をテレビに映し、テレビの横に腰掛けて読みました。

IMG_1182


普段は授業を教えていない数名の子たちが最後まで静かに聞いてくれました。




「はるがくる」は、アプリ「サーカスが燃えた」を書いた直木賞作家の佐々木譲氏がシナリオを公募して監修した絵本アプリです。


IMG_1184

IMG_1185

「うそをついた・ほっぺについた」「アイスをかった・しょうぶにかった」のように、各ページごとに同音異義語が現れ、暖かいイラストと共にストーリが語られていきます。

ちょっとドキッとする展開からハッピーな結末が待っています。

算数の授業の後、4年生の子たちにも聞いてもらいました。
4年生はそのしくみに途中から気づき、言葉探しをしながら聞いていました。
軽快なBGMにつられて、体を揺らしている子もいました。


読者登録

canpycanpyさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について