目次
はじめに
はじめに
iPad
学校用iPadに入れるアプリを検討する
児童用iPad全台にインストールしているアプリ
授業で使ったiPadアプリ10個
同じ部首の漢字を集める
漢字の筆順を教える
骨の形と位置を覚える
アプリ「はるがくる」をiPadで読み聞かせる
動画をスロー&左右反転再生する
星空の下でiPadを見せる
アプリ「星座表」をオフラインで使う
パズルで星座に親しむ
アプリで月の動きを見る
ハンガーでiPadのスタンドを作る
アプリ「ラジオ体操第一」で体操の順番を覚えさせる
1ヘクタールの正方形を航空写真に重ねる
iPadで名画を見せる
PDFファイルを本のようにめくる
パズルで市町村を覚える
iPadで分数の計算をする
漢字のフラッシュカードを作る
前学年の漢字の復習をする
かけ算九九のフラッシュカードを作る
ローマ字のフラッシュカードを作る
教科書体で漢字のフラッシュカードを作る
アルバムの写真の順番を入れ替える
修了写真をiPadで編集してネットプリントで現像する
iPadの画面をMacで収録する
折れ線グラフのかき方を教える
四角形の対角線をまっすぐに引く
毛筆のお手本をテレビに映す
結晶の写真を撮る
雲の写真を撮る
実験結果を写真に収める
授業参観で書いた手紙をピクチャフレームに入れてテレビに映す
英語で振り子時計のアプリを検索する
駅伝ランナーに伴走してiPadでライブ配信する
分度器の写真を重ねる
慣用句のスライドショーを作る
Keynoteでテープ図を作る
鉛筆とキャップをグループ化して組にする
Keynoteで任意の角度の角を表示する
離任式のあいさつにKeynoteを使う
iPhone
一年を振り返る映像を編集する
学習発表会で曲の後半だけを使う
ラジオ体操に方言を入れる
アイコンに降水確率を表示する
卒業式で使う花鉢の数を数える
アプリ「Feedly」で情報収集をする
ボイスメモで授業反省会を録音する
割り算の筆算の答え合わせをする
小数のわり算の筆算の答えあわせをする
動画のファイルサイズを見る
収穫したジャガイモを持たせて写真に収める
iPhoneで名刺を読み取る
写真を撮って花の名前を調べる
ホウセンカの写真に日付を入れる
卒業までの日々を数える
6送会でカラオケを流す
卒業式場をパノラマ撮影する
その他
おわりに
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

39 / 62ページ

慣用句のスライドショーを作る

小学3年生の国語で慣用句を教えています。
教科書に出てくる慣用句をスライドショーにして、授業のはじめに読ませています。
 IMG_0689

作成はKeynoteで行いました。


Keynote App

 

カメラロールとの違いは、右側に小さなスライドが表示される点です。
これでランダムに選択して読ませることができます。 


Keynoteでテープ図を作る

4年生の算数で小数のわり算の授業をしました。

単元の後半に、小数倍を指導する時間があります。
例えばこんな問題です。

「赤いリボンの長さは2mで、黄色いリボンの長さは5mあります。
 黄色いリボンは赤いリボンの何倍ですか。」

言葉だけで倍の概念、特に小数倍を教えるのは難しいです。
ぼくはiPadのKeynoteでテープ図を作りました。

+をタップして赤い長方形を挿入します。

IMG_1705


上のルーラーを見ながら20の長さにします。
「2m」というテキストを入れます。

IMG_1708


図形オブジェクトに黄色の四角形はないので、とりあえず透明の四角形を挿入します。
これも上のルーラーをみながら、50の長さにします。

 IMG_1709


黄色く塗りつぶします。

IMG_1710


「5m」とテキストを入れます。

IMG_1711


基準量となる赤いテープ図に枠線を入れます。
これで完成です。

IMG_1713


授業の中で説明しながらコピーペーストしていきます。

IMG_1715


赤いリボンをペーストして横に並べていきます。
最後はこんな感じになりました。IMG_1716


こうした準備が短時間でできるのがKeynoteのいいところです。


鉛筆とキャップをグループ化して組にする

4年生の算数で、式のきまりについて授業しました。
この単元で、次のような問題から立式をさせる内容がありました。

「1本50円の鉛筆と1こ30円のキャップを組にして買います。
 400円あれば、何組買えますか。」


これを図で説明するために、iPadのKeynoteが使えないか試してみました。

初めに鉛筆、キャップ、100円玉の画像を用意しました。
白い紙の上に置いて撮影するだけでできます。

Keynoteを開いて「新規作成」をします。
鉛筆とキャップで1つの組を作ります。

IMG_1284


キャップは不透明度を下げておきます。

IMG_1285


複数の画像を組み合わせてくっつけることを「グループ化」と言います。

 WindowsのパワーポイントやMacのKeynoteでは、グループ化をするときにシフトキーを押しながら、複数の画像をクリックしていきます。

iPadでグループ化をする場合はちょっと違います。

1つ目の画像を指で押します。
画像の周りに8個の青い点が表示されます。

IMG_1286


その指を離さずに、もう1つの画像をタップします。
2つ目の画像にも青いポイントが表示されます。

IMG_1287


指を離すと「グループ」の選択ができるようになります。

IMG_1288


これでOKです。

IMG_1289


「80円」と書いたテキストも付け足しました。

IMG_1292


100円玉を4枚複製して、これもグループ化しました。
 
IMG_1290


授業では、鉛筆とキャップをグループ化させながら説明をしました。

IMG_1293


短時間で準備できました。
テストではほとんどの子が正しい式を書いていました。 


Keynoteで任意の角度の角を表示する

4年生の算数で角の大きさの授業をしました。
分度器を使って角の大きさを測定したり、角をかいたりすることができることが目標になっています。

角の大きさを測ったりかいたりする前に、だいたいの大きさを知っておいた方がいいと思いました。
iPadでできないかと考えて、Keynoteを使うことにしました。

Keynoteのスライドに、図形の中から「直線」を選んで置きます。
IMG_0354

Keynoteのオブジェクトは、傾けると角度が表示されます。
水平(0°)にします。
IMG_0357

直線をもう一本追加します。
一方の端を重ねて30°に傾けます。
IMG_0358


線を見やすくするために少し太くします。
「スタイルオプション」から「幅」を調整します。
IMG_0359


テキストを入れて「30°の角」のできあがりです。

続けて45°の角を書きます。
「トランジションとビルド」から、効果を追加します。
そして「マジックムーブ」をタップ。
IMG_0360


「オブジェクトを次のスライドで違う位置に移動させます。」
「スライドを複製しますか?」
と聞かれるので「はい」をタップ。
IMG_0361

スライドが複製されます。
IMG_0362


上の直線を45°まで傾けます。
この後、テキストを45°に書き換えます。
IMG_0364

これをスライドショーで見ると、30°から45°へアニメーションのように直線が動きながら開きます。

同様の手順で、30°→45°→60°→90°→120°→135°→150°→180°まで作りました。
IMG_0365

これに分度器の画像を重ねます。
不透明度を50%にします。
IMG_0366

分度器を角に合わせます。
IMG_0367

分度器の画像を他のスライドにコピペします。
IMG_0369

完成です。

Keynoteで任意の角度の角を表示する YouTube

傾けたオブジェクトの角度が表示されるのがKeynoteのいいところです。


離任式のあいさつにKeynoteを使う

3月で勤務校を離任することになり、離任式が行われました。
iPadのKeynoteを使ってあいさつをすることにしました。

まず、iPadでプレゼンを作りました。
テーマは「ぼくの好きな食べ物」についてです。
IMG_2805

普通に画面をタップしながらプレゼンしても新鮮味がないので、今回はちょっと変えてみました。
iPadの裏側にiPhoneを両面テープで貼り付けました。
IMG_2800

iPadのKeynoteの編集画面を開いたまま、iPhoneのKeynoteも起動します。
左上のリモコンボタンを押して、iPhoneで操作できるようにします。
IMG_2803


こうすると、画面の後ろで親指を使って操作することができます。
前から見ると、スライドが自動的に変わっていくように見えます。
IMG_2802


操作に気を使ったおかげで、プレゼン中は泣かずにすみました。 



読者登録

canpycanpyさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について