目次
はじめに
はじめに
iPad
学校用iPadに入れるアプリを検討する
児童用iPad全台にインストールしているアプリ
授業で使ったiPadアプリ10個
同じ部首の漢字を集める
漢字の筆順を教える
骨の形と位置を覚える
アプリ「はるがくる」をiPadで読み聞かせる
動画をスロー&左右反転再生する
星空の下でiPadを見せる
アプリ「星座表」をオフラインで使う
パズルで星座に親しむ
アプリで月の動きを見る
ハンガーでiPadのスタンドを作る
アプリ「ラジオ体操第一」で体操の順番を覚えさせる
1ヘクタールの正方形を航空写真に重ねる
iPadで名画を見せる
PDFファイルを本のようにめくる
パズルで市町村を覚える
iPadで分数の計算をする
漢字のフラッシュカードを作る
前学年の漢字の復習をする
かけ算九九のフラッシュカードを作る
ローマ字のフラッシュカードを作る
教科書体で漢字のフラッシュカードを作る
アルバムの写真の順番を入れ替える
修了写真をiPadで編集してネットプリントで現像する
iPadの画面をMacで収録する
折れ線グラフのかき方を教える
四角形の対角線をまっすぐに引く
毛筆のお手本をテレビに映す
結晶の写真を撮る
雲の写真を撮る
実験結果を写真に収める
授業参観で書いた手紙をピクチャフレームに入れてテレビに映す
英語で振り子時計のアプリを検索する
駅伝ランナーに伴走してiPadでライブ配信する
分度器の写真を重ねる
慣用句のスライドショーを作る
Keynoteでテープ図を作る
鉛筆とキャップをグループ化して組にする
Keynoteで任意の角度の角を表示する
離任式のあいさつにKeynoteを使う
iPhone
一年を振り返る映像を編集する
学習発表会で曲の後半だけを使う
ラジオ体操に方言を入れる
アイコンに降水確率を表示する
卒業式で使う花鉢の数を数える
アプリ「Feedly」で情報収集をする
ボイスメモで授業反省会を録音する
割り算の筆算の答え合わせをする
小数のわり算の筆算の答えあわせをする
動画のファイルサイズを見る
収穫したジャガイモを持たせて写真に収める
iPhoneで名刺を読み取る
写真を撮って花の名前を調べる
ホウセンカの写真に日付を入れる
卒業までの日々を数える
6送会でカラオケを流す
卒業式場をパノラマ撮影する
その他
おわりに
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

21 / 62ページ

漢字のフラッシュカードを作る

3年生の国語の時間は、漢字の読みの練習からスタートしていました。
iPadでフラッシュカードを作り、それをめくりながら読ませていました。

作り方は次の通りです。

1 iTextPadで縦書きの文字を書く


iText Padは縦書きで文章を書くことができます。
大きさを500%にして熟語を書きます。
IMG_0280


2 スクリーンショットを撮る

指で画面いっぱいに拡大して、スクリーンショットを撮ります。
ホームボタンとスリープボタンを同時に押すと、カメラロールに画像が保存されます。
IMG_0280


3 トリミングする
余分なところをトリミングします。
IMG_0281

4 アルバムに入れる
カメラロールに収められたカードを、一つのアルバムに入れます。
IMG_0282

30枚のカードを作成するのに要した時間は約10分です。

 

漢字のフラッシュカードを作る YouTube


前学年の漢字の復習をする

3年生の国語で、新出漢字の学習を終えたので、2年生の漢字の復習をすることにしました。
iPadで2年生で習う漢字のフラッシュカードを作りました。
128枚の画像を作るのに要した時間は約20分です。

IMG_1702


子供たちに読ませながらめくっていきます。
全部終わるのに2分かかりません。

3年生の新出漢字やローマ字を含めると、500枚以上のカードがiPadの中に入っています。

IMG_1703

これだけでも、iPadがあってよかったと思います。 


かけ算九九のフラッシュカードを作る

4年生の算数でわり算を教えました。
授業の始めに、iPadで作ったフラッシュカードでかけ算九九の復習をしました。
IMG_0495

フラッシュカードの作成に使用したアプリは、iTextPadです。


始めに式を打ち込みます。
ピンチ拡大で500%にします。
IMG_0496

この画像をスクリーンショットで撮ります。
ホームボタンとスリープボタンを同時に押せば、画面ごとカメラロールに収まります。

次に、カメラロールから編集をします。
トリミングをして必要な部分だけ切り取ります。
IMG_0498

4年生なので、授業では「二九十八、二八十六、二七十四」のように逆から九九を唱えさせました。 


ローマ字のフラッシュカードを作る

3年生の国語でローマ字を教えました。
ローマ字を早く覚えてもらうために、iPadでフラッシュカードを作りました。

Keynoteを開いて、ローマ字を書きます。

IMG_0954


フォントが気に入らなかったので、Chalkboardに変えました。
サイズも大きくしました。

IMG_0956


1枚できたら、コピーペーストでスライドを複製しました。

IMG_1051



ア行やカ行だけの言葉を上書きしていきました。

IMG_0961


テレビなどの大きな画面で見せるならこれで完成です。
Keynoteでスライドショーを実行すればいいのです。


でもぼくは、iPadから直接見せたいのでもう一手間かけました。
スライドショーをして、1枚ずつスクリーンショットを撮りました。
撮った画像をトリミングしました。

IMG_0963


余白を切り取ります。

IMG_0964


iPadの画面いっぱにローマ字が表示されました。
これなら、教室のどこからでも読むことができます。

IMG_0965


トリミングした画像を1つのアルバムに収めて完成です。

IMG_0991


教科書体で漢字のフラッシュカードを作る

漢字のフラッシュカードを作りました。
授業の最初に見せて読み方を覚えさせるためのものです。
IMG_2370


フォントを教科書体にしてみました。
IMG_2371


iPadにフォントを追加するために、「Any Font」というアプリを使いました。


ダイナフォントのMac用の教科書体を購入してダウンロードしました。
4000円弱です。
ぼくはDFP教科書体W4を購入してインストールしました。

DFP教科書体のRW3の方はなぜかインストールできませんでした。

 

Macからメールに添付してiPadに送りました。


36

タップすると使用するアプリを聞いてくるので、AnyFontを選びます。
IMG_2373

フォントのインストールが始まります。
すぐに完了します。
IMG_2348


縦書きができるエディタ「iTextPad」でこのフォントを使用してカードを作ります。
IMG_2349


書いた単語のスクリーンショットを撮って、トリミングして作りました。



読者登録

canpycanpyさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について