目次
はじめに
はじめに
iPad
学校用iPadに入れるアプリを検討する
児童用iPad全台にインストールしているアプリ
授業で使ったiPadアプリ10個
同じ部首の漢字を集める
漢字の筆順を教える
骨の形と位置を覚える
アプリ「はるがくる」をiPadで読み聞かせる
動画をスロー&左右反転再生する
星空の下でiPadを見せる
アプリ「星座表」をオフラインで使う
パズルで星座に親しむ
アプリで月の動きを見る
ハンガーでiPadのスタンドを作る
アプリ「ラジオ体操第一」で体操の順番を覚えさせる
1ヘクタールの正方形を航空写真に重ねる
iPadで名画を見せる
PDFファイルを本のようにめくる
パズルで市町村を覚える
iPadで分数の計算をする
漢字のフラッシュカードを作る
前学年の漢字の復習をする
かけ算九九のフラッシュカードを作る
ローマ字のフラッシュカードを作る
教科書体で漢字のフラッシュカードを作る
アルバムの写真の順番を入れ替える
修了写真をiPadで編集してネットプリントで現像する
iPadの画面をMacで収録する
折れ線グラフのかき方を教える
四角形の対角線をまっすぐに引く
毛筆のお手本をテレビに映す
結晶の写真を撮る
雲の写真を撮る
実験結果を写真に収める
授業参観で書いた手紙をピクチャフレームに入れてテレビに映す
英語で振り子時計のアプリを検索する
駅伝ランナーに伴走してiPadでライブ配信する
分度器の写真を重ねる
慣用句のスライドショーを作る
Keynoteでテープ図を作る
鉛筆とキャップをグループ化して組にする
Keynoteで任意の角度の角を表示する
離任式のあいさつにKeynoteを使う
iPhone
一年を振り返る映像を編集する
学習発表会で曲の後半だけを使う
ラジオ体操に方言を入れる
アイコンに降水確率を表示する
卒業式で使う花鉢の数を数える
アプリ「Feedly」で情報収集をする
ボイスメモで授業反省会を録音する
割り算の筆算の答え合わせをする
小数のわり算の筆算の答えあわせをする
動画のファイルサイズを見る
収穫したジャガイモを持たせて写真に収める
iPhoneで名刺を読み取る
写真を撮って花の名前を調べる
ホウセンカの写真に日付を入れる
卒業までの日々を数える
6送会でカラオケを流す
卒業式場をパノラマ撮影する
その他
おわりに
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

9 / 62ページ

動画をスロー&左右反転再生する

学習発表会に向けてダンスを教えました。

衣装をつけてリハーサルをしたときのことです。
子供たちが踊っているところをiPadで録画しました。

教室に戻って、録画したものを再生して見せました。
途中、スロー再生しながら注意点を話そうと思いました。
そこで使ったのが、SpeedUpTVというアプリです。


このアプリはスロー、左右反転、リピートなどの再生ができます。
iPadの通常の撮影(再生)速度は30コマ/1秒です。
再生速度は、1コマ/1秒~2倍速まで変えられます。
0.5倍速以上なら音声も速度に合わせて再生されます。
写真_Skitch_キャンバス-2

左右反転再生は、鏡に映った自分の姿を見ている感じになります。
動きをその場でチェックしながら修正するには、左右反転で見た方がいい場合もあります。
写真_Skitch_キャンバス

ピンチ操作で部分的に拡大して再生することもできます。
大勢の中の一人だけの踊りを見たい時になどに有効です。
写真_Skitch_キャンバス 2


ビデオカメラで撮って見せるよりも、使いやすくて高機能だと思います。


星空の下でiPadを見せる

4年生の理科で、夏の星空について授業しました。
勤務地は星がよく見える地域にあるので、夜に星空観察会を企画しました。

月のない、晴れ渡った星空でした。
大型の懐中電灯で星を差しながら、話を始めました。

はじめに北斗七星の話をしました。 
「斗」は「ひしゃく」を表しているということ。
iPadで「斗」の字とひしゃくの画像を見せました。
IMG_0688

昔、中国の占い師が死相の出ている青年を救うために、北斗と南斗の神様が碁を打っている場所へ肉と魚を持って行かせて、寿命を延ばしたという話をしました。
iPadで、碁を打っている二人の神様の画像を見せました。

次に南の空でさそり座を探させました。
さそり座の一等星アンタレスは赤いのですぐに見つけられました。
iPadでさそり座のイメージ画像を見せました。
さそり座ーYahoo!きっず図鑑

東の空には夏の大三角がありました。
こと座とわし座の間に横たわる天の川がさそり座につながっていることを話しました。
夏の大三角ーYahoo!きっず図鑑

iPadで銀河系のイメージ画像を見せ、銀河系の中心が天の川であることを話しました。

おおぐま座とこぐま座の話もしました。
北斗七星からのばした点にこぐま座のしっぽがあること、それが北極星であることを話しました。
iPadでおおぐま座とこぐま座のイメージ画像を見せました。
おおぐま座ーYahoo!きっず図鑑
こぐま座ーYahoo!きっず図鑑

iPadは暗い場所でも単体で光るので、星空を説明するのに便利です。

最後はみんなで流れ星を探しました。


アプリ「星座表」をオフラインで使う

ぼくは星空のきれいな離島で勤務していました。

その勤務地に、大きな街の小学校の子供たちが宿泊学習に訪れました。
いろいろないきさつがあって、ぼくがその学校の星空観察会で話をすることになりました。

観察会が始まる前にiPadを使って星空を見ながら予習をしました。
幸い、雲1つなく、月明かりも少ない好天でした。

使ったのは「星座表」というアプリです。

 



このアプリは、観察位置を設定しておけばオフラインでもiPadの向きに合わせて星を表示します。

IMG_1214


自宅のWi-FiでGPSの位置情報をアップデートした後、会場となる明かりのない広場へ持っていきました。
自宅からの距離は数キロなので、星座を見る上での誤差はほとんどありません。

iPadを北の空に向けて、カシオペア座と北極星、こぐま座などを確認しました。
南の空でやぎ座を確認しました。
さそり座やいて座はすでに沈み、三日月と金星も日没と共に消えていきました。
木星や土星があれば望遠鏡を使うことも考えたのですが、どちらもこの日は現れないことを確認しました。

「ディスプレイの設定」で星座のラインとイメージをオンにしました。

IMG_1215


カシオペア座とこぐま座を表示し、スクリーンショットを撮りました。
カシオペアは古代エチオピアの王妃で、その娘はアンドロメダと言います。

IMG_1217


こぐま座はおおぐま座とセットなのですが、この時期は水平線の彼方に沈んでいます。

IMG_1216

夏の大三角とその間を流れる天の川を伝ってカシオペア座を紹介し、カシオペア座の中心をたどって北極星とこぐま座を見つけさせました。

星空があまりにもきれいすぎると、かえって星座が探しにくくなります。
でも、それがまたいいのです。 


パズルで星座に親しむ

4年生で夏の星座の授業をしました。
テストが終わって時間があったので、iPadで星座のパズルをさせました。


あそんでまなべる 星座パズル App

IMG_0691_1

パズルは、黄道に並ぶ12星座モード、トレミーの定めた48星座モード、88星座全てのモードから選べます。
12星座なら早い子で1分以内、48星座だと6~7分くらいかかりました。

IMG_0692_1

子どもたちは授業で覚えたさそり座やいて座からはめていました。

アプリで月の動きを見る

4年生の理科で月の動きの授業をしました。
今の時期は午後になると月が西の空に沈みかけています。
その日も午後2時の時点で西の山の向こうに月がかくれていました。

iPadアプリの「星座表」で月の位置と動きを見せました。

 



このアプリは通常の設定だといろいろな項目が表示されます。
 IMG_0815


今日の授業で必要なのは月の動きだけなので、ディスプレイの設定を「惑星」以外すべてオフにします。

IMG_0816


すっきりしました。

IMG_0817


月をタップすると、関連情報が左に表示されます。
左の「+」をタップすると、月が拡大されます。

IMG_0818


今日は月齢26のとても細い月でした。

IMG_0819


右の時間を示すバーを動かすと、時間に応じて星が動きます。
14時31分、西の空に見えた月は・・・

IMG_0820


17時には地平線の彼方に沈んでしまうことがわかります。
月を追うようにして、太陽も沈みました。

IMG_0821



読者登録

canpycanpyさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について