目次
はじめに
はじめに
iPad
学校用iPadに入れるアプリを検討する
児童用iPad全台にインストールしているアプリ
授業で使ったiPadアプリ10個
同じ部首の漢字を集める
漢字の筆順を教える
骨の形と位置を覚える
アプリ「はるがくる」をiPadで読み聞かせる
動画をスロー&左右反転再生する
星空の下でiPadを見せる
アプリ「星座表」をオフラインで使う
パズルで星座に親しむ
アプリで月の動きを見る
ハンガーでiPadのスタンドを作る
アプリ「ラジオ体操第一」で体操の順番を覚えさせる
1ヘクタールの正方形を航空写真に重ねる
iPadで名画を見せる
PDFファイルを本のようにめくる
パズルで市町村を覚える
iPadで分数の計算をする
漢字のフラッシュカードを作る
前学年の漢字の復習をする
かけ算九九のフラッシュカードを作る
ローマ字のフラッシュカードを作る
教科書体で漢字のフラッシュカードを作る
アルバムの写真の順番を入れ替える
修了写真をiPadで編集してネットプリントで現像する
iPadの画面をMacで収録する
折れ線グラフのかき方を教える
四角形の対角線をまっすぐに引く
毛筆のお手本をテレビに映す
結晶の写真を撮る
雲の写真を撮る
実験結果を写真に収める
授業参観で書いた手紙をピクチャフレームに入れてテレビに映す
英語で振り子時計のアプリを検索する
駅伝ランナーに伴走してiPadでライブ配信する
分度器の写真を重ねる
慣用句のスライドショーを作る
Keynoteでテープ図を作る
鉛筆とキャップをグループ化して組にする
Keynoteで任意の角度の角を表示する
離任式のあいさつにKeynoteを使う
iPhone
一年を振り返る映像を編集する
学習発表会で曲の後半だけを使う
ラジオ体操に方言を入れる
アイコンに降水確率を表示する
卒業式で使う花鉢の数を数える
アプリ「Feedly」で情報収集をする
ボイスメモで授業反省会を録音する
割り算の筆算の答え合わせをする
小数のわり算の筆算の答えあわせをする
動画のファイルサイズを見る
収穫したジャガイモを持たせて写真に収める
iPhoneで名刺を読み取る
写真を撮って花の名前を調べる
ホウセンカの写真に日付を入れる
卒業までの日々を数える
6送会でカラオケを流す
卒業式場をパノラマ撮影する
その他
おわりに
奥付
奥付

閉じる


iPad

学校用iPadに入れるアプリを検討する

IMG_1735

勤務校にiPadが配備されることになりました。
配備の調整をしてもらっている担当者の方から、アプリを紹介してほしいという連絡がありました。
ぼくが授業や校務で実際に使ってみて、学校用の方にも入れたいと思ったアプリを並べてみます。

クラウドサーバーでファイルを共有するアプリです。
写真などのデータを保管して使いたいと考えています。
iPhoneの録音ファイルをWeb上に保存する:iPadとiPhoneで教師の仕事をつくる



Keynote App

プレゼンテーション作成アプリです。

発表をさせるときに使わせたいと考えています。
Keynoteを含む記事:iPadとiPhoneで教師の仕事をつくる
ちなみにKeynoteは、2013年9月以降にアクティベートされた、条件を満たすiOS7対応デバイスだと無料でダウンロードできます。
Apple - iOSのためのKeynote



動画編集アプリです。
教材作成にも使えます。

Apple - iOSのためのiMovie



Google Earth App

地球儀アプリです。
島の位置を確認したり任意の地域の航空写真を見ることができます。
googleearthを含む記事:iPadとiPhoneで教師の仕事をつくる 
 

GarageBand App

いろいろな楽器の音色を組み合わせて音楽を作るアプリです。
劇の効果音をGarageBandで作る:iPadとiPhoneで教師の仕事をつくる



Coach's Eye App

側方倒立回転をiPhoneで確認する:iPadとiPhoneで教師の仕事をつくる




例解学習国語辞典 第九版 App

小学館が出版している小学生用の国語辞典のアプリです。
辞書アプリに定評のある物書堂が作成しています。
アプリで使う漢字を学年ごとに設定できたり、検索語の漢字に何年生で習う漢字なのか数字で表記されたりするなどの工夫が凝らされていて気に入っています。

IMG_1734


他にもぼくの知らないアプリがたくさんあるかと思います。
すてきなアプリとの出会いを楽しみにしています。 

児童用iPad全台にインストールしているアプリ

勤務校の児童用iPadにインストールしたアプリです。



全国市町村ジグソーパズル App

市町村ごとのパズルができます。



あそんでまなべる 日本地図パズル App

都道府県ごとのパズルができます。



星座表 App

GPSで星座の位置がわかります。



Google Earth App

地球儀のように地図を見ることができます。



Pingpong(ピンポン) - SPOT Networking(スポットネットワーキング) App

リアルタイムで意見の集約ができます。



Dragon Dictation App

音声をテキストに変換します。



SketchBook Express for iPad App

レイヤーを重ねてお絵描きができます。


Dropbox App

ファイルを自由に取り出すことができます。


YouTubeを視聴するアプリです。



Keynote App

プレゼンテーションができます。
勤務校ではいちばん使用頻度が高いアプリです。



iMovie App

動画を編集します。



Google Maps App

地図ですが航空写真や路上の様子も見られます。
最近になって、勤務地の路上にも対応してきました。 


児童用iPadの2画面目に入れたアプリです。

 

 


授業で使ったiPadアプリ10個

授業で使ったiPadアプリを紹介します。

GoodNotes・・・写真やPDFに書き込んだり塗ったり


GoodNotes 4 - メモ&PDF App


ぼくがいちばん使ったアプリです。
このアプリを第3世代iPadで使っていた頃はAirPlay時にときどき落ちたのですが、第4世代iPadにしてからは一度も落ちることなく使えています。
フリーハンドで引いた線を直線に修正したり、適当にかいた三角形や四角形もきれいに直しててくれる機能が便利で、図形の授業ではほぼ毎時間使っていました。
IMG_0654

ブログには書いていませんが、作文指導で教科書の作文例の「はじめ・中・おわり」を長方形で囲んだりして教えたこともありました。
四角形の対角線をまっすぐにひく
折れ線グラフをかく


SketchbookExpress・・・本来は絵を描くためのアプリ

絵を描くアプリなのですが、ぼくはレイヤー機能が気に入っていたので、絵はほとんど描かずに写真を取り込んで重ね合わせ、それを動かしたりして使っていました。
以前学校でよく使われていたOHPに感覚が似ています。
IMG_0300
分度器の写真を重ねる 
同じようなことは、Keynoteの編集画面でもできます。

ちなみにぼくの電子書籍の表紙は、写真を撮ったあとにこのアプリでレイヤーを重ねてトレースしながら描いています。
IMG_0162-1




Keynote・・・プレゼンテーションアプリの定番

言わずと知れたプレゼンアプリですが、オブジェクトを傾けるとその角度が表示されるので、角の授業をする時に使いました。
IMG_0358

ブログには書いていませんが、掲示資料を作る時にもレイアウトの変更が指先でできるので重宝しています。
Keynoteで任意の角を表示する
慣用句のスライドショーを作る


iTextPad・・・縦書きのフラッシュカード作成に

文書作成アプリですが、縦書きが使えるのが特徴です。
IMG_0280

また、指先で500%まで拡大できるので、文字だけのフラッシュカードを作る時にこのアプリで画面いっぱいに文字を映してからスクリーンショットでカメラロールに収めるという方法で作っていました。
IMG_0280

漢字のフラッシュカードを作る
かけ算九九のフラッシュカードを作る
今思えば、かけ算九九は横書きなのでKeynoteで作ってもよかったと思います。


Skitch・写真に文字を書き込む

iPadで撮影した写真に日付やグループ名などを書き込んで保存し、授業で見せていました。
IMG_0508
実験結果を写真に収める

このブログでも写真に文字や矢印を入れる時に使っています。


PhotoSync・・・iPhoneとiPadで動画や画像のやりとり

教室に無線LANルーターを置いているので、Wi-Fiで画像や動画のやりとりができます。
IMG_3310

このブログもiPadやiPhoneからMacBook Airへこのアプリで転送して編集しています。
iPhoneで撮った動画をiPadに転送する


筆算・・・計算結果を筆算で表示する

計算式を入力すると、筆算で表示されるiPhoneアプリです。
筆算の練習問題の答え合わせをするときに使いました。
IMG_0560
わり算の筆算の答え合わせをする



全国市町村パズル・・・市町村の位置と名前に親しむ

授業が早く終わったときによくさせていました。
というよりも、このアプリで遊びたいために授業を早く終わらそうと子どもたちががんばっていました。
1台のiPadを数名で囲みながらわいわいやっていると、子どもたちの頭に隠れてぼくは画面を見るができませんでした。
そこで、AirPlayでテレビにも表示し、ぼくはそれを見ながら応援したりアドバイスしたりしていました。
IMG_0570
パズルで市町村を覚える


星座パズル・・・星座の名前を知る

IMG_0692_1
このアプリをさせるときは、普段は使っていない第3世代iPadも持ってきて2チームで競争させていました。
二人で一つの画面を同時にさわろうとすると、指2本を感知してiPadが思うように動かなくなることがあります。
子どもたちもその辺は学習して、指示する人と動かす人に分かれたり、動かす人を交代で務めたりしていました。
パズルで星座に親しむ


Sliceit!・・・試行錯誤しながら解く楽しさ


Slice It! App
価格:85円
ジャンル:ゲーム

 
図形を決められた直線の本数で決められたピース数に等分するクイズアプリです。
今年度のブログには書いていないのですが、今年の子どもたちもこのアプリに熱中していました。
Evernote 20110608 18:27:28.jpg


短気な子はすぐにヒントを使っていましたが、そういう助け舟もあるのがこのアプリのいいところです。
知的なパズル「Slice it」で盛り上がる

同じ部首の漢字を集める

3年生の国語で部首の授業をしました。
ごんべんやしんにょうなどの同じ部首の漢字を集めることになりました。
漢和辞典を使うこともできますが、ぼくは自分のiPadで探しました。

 


常用漢字筆順辞典 App

筆順を確認するためのアプリですが、部首ごとの漢字の一覧も出すことができます。

下の段の「リスト」をタップして、右上でリストの種類を切り替えます。
学年ごとの「区分リスト」、「画数リスト」、「読みリスト」と「部首リスト」があります。
IMG_1886

部首リストで表示します。
同じ部首の漢字が表示されます。
画数別と読みがな順で切り替えることができます。
IMG_1887

 子供たちに学校用のiPadを一台ずつ渡しました。
自分の名前の漢字を手書きで検索して、部首を確認していました。

簡単検索で上の欄に表示された漢字から自分の名前を選びます。
IMG_1888


詳細をタップするとこんなふうに表示されます。
IMG_1889

 
活字の漢和辞典よりも使いやすいと思いました。


漢字の筆順を教える

他の学年の子が漢字の書き取り問題のプリントを解いていました。
「司会をつとめる」という字がわからなかったようでした。

はじめにぼくがその子のプリントのそばに「務」と書いてみせました。

次にiPadの漢字筆順辞典を起動して、同じように指で書くように言いました。
すると画面左上に「務」の文字が表示されました。IMG_0601-2


そこをタップして、書き順を確認させながら指でなぞらせました。
IMG_0602

普段はぼくが筆順を確認するのに使っているアプリですが、個別指導で使うのもいいですね。



骨の形と位置を覚える

4年生の理科で、体の動かし方の授業をしました。
iPadでNHK for Schoolの動画を見せたあと、骨格のパズルをさせました。

 


あそんでまなべる 人体模型パズル App

その名の通りのパズルです。
骨格と内蔵、そしてこれらを複合したパズルで楽しめます。

子供達は2回、3回と繰り返す度に速くクリアしていくようになりました。

アプリ「はるがくる」をiPadで読み聞かせる

勤務校では職員が一斉に読み聞かせを行う日がありました。
ぼくはiPadアプリの「はるがくる」をテレビに映し、テレビの横に腰掛けて読みました。

IMG_1182


普段は授業を教えていない数名の子たちが最後まで静かに聞いてくれました。




「はるがくる」は、アプリ「サーカスが燃えた」を書いた直木賞作家の佐々木譲氏がシナリオを公募して監修した絵本アプリです。


IMG_1184

IMG_1185

「うそをついた・ほっぺについた」「アイスをかった・しょうぶにかった」のように、各ページごとに同音異義語が現れ、暖かいイラストと共にストーリが語られていきます。

ちょっとドキッとする展開からハッピーな結末が待っています。

算数の授業の後、4年生の子たちにも聞いてもらいました。
4年生はそのしくみに途中から気づき、言葉探しをしながら聞いていました。
軽快なBGMにつられて、体を揺らしている子もいました。

動画をスロー&左右反転再生する

学習発表会に向けてダンスを教えました。

衣装をつけてリハーサルをしたときのことです。
子供たちが踊っているところをiPadで録画しました。

教室に戻って、録画したものを再生して見せました。
途中、スロー再生しながら注意点を話そうと思いました。
そこで使ったのが、SpeedUpTVというアプリです。


このアプリはスロー、左右反転、リピートなどの再生ができます。
iPadの通常の撮影(再生)速度は30コマ/1秒です。
再生速度は、1コマ/1秒~2倍速まで変えられます。
0.5倍速以上なら音声も速度に合わせて再生されます。
写真_Skitch_キャンバス-2

左右反転再生は、鏡に映った自分の姿を見ている感じになります。
動きをその場でチェックしながら修正するには、左右反転で見た方がいい場合もあります。
写真_Skitch_キャンバス

ピンチ操作で部分的に拡大して再生することもできます。
大勢の中の一人だけの踊りを見たい時になどに有効です。
写真_Skitch_キャンバス 2


ビデオカメラで撮って見せるよりも、使いやすくて高機能だと思います。


星空の下でiPadを見せる

4年生の理科で、夏の星空について授業しました。
勤務地は星がよく見える地域にあるので、夜に星空観察会を企画しました。

月のない、晴れ渡った星空でした。
大型の懐中電灯で星を差しながら、話を始めました。

はじめに北斗七星の話をしました。 
「斗」は「ひしゃく」を表しているということ。
iPadで「斗」の字とひしゃくの画像を見せました。
IMG_0688

昔、中国の占い師が死相の出ている青年を救うために、北斗と南斗の神様が碁を打っている場所へ肉と魚を持って行かせて、寿命を延ばしたという話をしました。
iPadで、碁を打っている二人の神様の画像を見せました。

次に南の空でさそり座を探させました。
さそり座の一等星アンタレスは赤いのですぐに見つけられました。
iPadでさそり座のイメージ画像を見せました。
さそり座ーYahoo!きっず図鑑

東の空には夏の大三角がありました。
こと座とわし座の間に横たわる天の川がさそり座につながっていることを話しました。
夏の大三角ーYahoo!きっず図鑑

iPadで銀河系のイメージ画像を見せ、銀河系の中心が天の川であることを話しました。

おおぐま座とこぐま座の話もしました。
北斗七星からのばした点にこぐま座のしっぽがあること、それが北極星であることを話しました。
iPadでおおぐま座とこぐま座のイメージ画像を見せました。
おおぐま座ーYahoo!きっず図鑑
こぐま座ーYahoo!きっず図鑑

iPadは暗い場所でも単体で光るので、星空を説明するのに便利です。

最後はみんなで流れ星を探しました。


アプリ「星座表」をオフラインで使う

ぼくは星空のきれいな離島で勤務していました。

その勤務地に、大きな街の小学校の子供たちが宿泊学習に訪れました。
いろいろないきさつがあって、ぼくがその学校の星空観察会で話をすることになりました。

観察会が始まる前にiPadを使って星空を見ながら予習をしました。
幸い、雲1つなく、月明かりも少ない好天でした。

使ったのは「星座表」というアプリです。

 



このアプリは、観察位置を設定しておけばオフラインでもiPadの向きに合わせて星を表示します。

IMG_1214


自宅のWi-FiでGPSの位置情報をアップデートした後、会場となる明かりのない広場へ持っていきました。
自宅からの距離は数キロなので、星座を見る上での誤差はほとんどありません。

iPadを北の空に向けて、カシオペア座と北極星、こぐま座などを確認しました。
南の空でやぎ座を確認しました。
さそり座やいて座はすでに沈み、三日月と金星も日没と共に消えていきました。
木星や土星があれば望遠鏡を使うことも考えたのですが、どちらもこの日は現れないことを確認しました。

「ディスプレイの設定」で星座のラインとイメージをオンにしました。

IMG_1215


カシオペア座とこぐま座を表示し、スクリーンショットを撮りました。
カシオペアは古代エチオピアの王妃で、その娘はアンドロメダと言います。

IMG_1217


こぐま座はおおぐま座とセットなのですが、この時期は水平線の彼方に沈んでいます。

IMG_1216

夏の大三角とその間を流れる天の川を伝ってカシオペア座を紹介し、カシオペア座の中心をたどって北極星とこぐま座を見つけさせました。

星空があまりにもきれいすぎると、かえって星座が探しにくくなります。
でも、それがまたいいのです。 


パズルで星座に親しむ

4年生で夏の星座の授業をしました。
テストが終わって時間があったので、iPadで星座のパズルをさせました。


あそんでまなべる 星座パズル App

IMG_0691_1

パズルは、黄道に並ぶ12星座モード、トレミーの定めた48星座モード、88星座全てのモードから選べます。
12星座なら早い子で1分以内、48星座だと6~7分くらいかかりました。

IMG_0692_1

子どもたちは授業で覚えたさそり座やいて座からはめていました。

アプリで月の動きを見る

4年生の理科で月の動きの授業をしました。
今の時期は午後になると月が西の空に沈みかけています。
その日も午後2時の時点で西の山の向こうに月がかくれていました。

iPadアプリの「星座表」で月の位置と動きを見せました。

 



このアプリは通常の設定だといろいろな項目が表示されます。
 IMG_0815


今日の授業で必要なのは月の動きだけなので、ディスプレイの設定を「惑星」以外すべてオフにします。

IMG_0816


すっきりしました。

IMG_0817


月をタップすると、関連情報が左に表示されます。
左の「+」をタップすると、月が拡大されます。

IMG_0818


今日は月齢26のとても細い月でした。

IMG_0819


右の時間を示すバーを動かすと、時間に応じて星が動きます。
14時31分、西の空に見えた月は・・・

IMG_0820


17時には地平線の彼方に沈んでしまうことがわかります。
月を追うようにして、太陽も沈みました。

IMG_0821


ハンガーでiPadのスタンドを作る

5年生の理科で、天気と雲の動きについて授業をしました。
先週は穏やかな天気で、雲の動きがつかみにくい日が続きました。

授業中に東西南北それぞれの方向でiPadを使って雲が動く様子を1分間ずつ録画しました。
ところが、手持ちで撮影したために画面がぶれて、雲の変化が全然読み取れませんでした。

その日の放課後は風が強く、雨雲が北から南へと流れていくのがはっきりわかりました。
次の授業のために録画をしようと思い、iPadとスタンドを持って外に出ました。

スタンドはハンガーを折り曲げて作ったものです。
30秒ほどで作れます。
 IMG_1058

検索するといくつかの方法が出てきます。
ぼくは次のようにして作りました。

(1)ハンガーを左右から折り曲げます。
 IMG_1067


(2)フックを真下に折り曲げます。
IMG_1068


(3)初めに折り曲げた部分を少しだけ上に折り曲げます。
 IMG_1070

完成です。

画面を上にしておく分にはスマートカバーでもいいのですが、背面のカメラのレンズ部分を上にするにはスタンドに立てるのがいいと思います。 


アプリ「ラジオ体操第一」で体操の順番を覚えさせる

運動会の開会式で、高学年の子が前に出てラジオ体操をすることになりました。
放課後、彼がラジオ体操の順番を覚えているかチェックするために、iPhoneのアプリを使ってみました。

ラジオ体操 第1 App
価格:350円
ジャンル:ヘルスケア/フィットネス


NHKの公式ラジオ体操アプリです。
「覚えようラジオ体操第一」は、ラジオ体操の動画が流れる中で2択のクイズが出題されます。
 IMG_3630


ラジオ体操では、次の13の体操があります。
1.伸びの運動
2.腕と足の運動
3.腕を回す運動
4.胸を反らす運動
5.横に曲げる運動
6.前後に曲げる運動
7.ねじる運動
8.腕を上下に伸ばす運動
9.斜め下に曲げる運動
10.体を回す運動
11.跳ぶ運動
12.腕と足の運動
13.深呼吸
このうち3から12までの10問が出題されます。

スタートすると、動画が始まります。
途中で出題される問題を全問正解すれば合格です。
IMG_3631


このアプリでは、体操が変わる5秒前に問題が表示されます。

IMG_3633


5秒以内に正解すると、「ピンポン」と鳴って動画は続きます。

IMG_3634


10問全て正解して動画が最後の深呼吸を終えると、「たいへんよくできました」です。
IMG_3636


5秒以内に答えられないか間違った答えを選ぶと動画はそこで終了します。
正解率が表示されます。
IMG_3638

代表の子はiPhoneの画面が映るテレビを見ながら体操をしました。
問題が表示されたら、体の動きを止めてiPhoneをタップするということを繰り返しました。
特によく間違えたのは、

8.腕を上下に伸ばす運動
9.斜め下に曲げる運動
10.体を回す運動

でした。

10回ほどのチャレンジでクリアしました。

2択のクイズに答えられたからといっても、完全に覚えているわけではありません。
代表として前で体操することの意味を話しながら、これからも少しずつ指導していきます。


参考のため、NHKが配信しているラジオ体操のPDF資料のリンクも貼っておきます。
14

【PDF】ラジオ体操第1/第2


日本郵政グループが配信している動画のリンクも貼っておきます。
無料で動画をご覧になりたい方はこちらをどうぞ。

41

【Webサイト】ラジオ体操動画映像(かんぽ生命)


同サイトの図解はこちらです。

10

<図解>ラジオ体操第一(かんぽ生命)




ラジオ体操第2のアプリもあります。


ラジオ体操第2 App
価格:350円
ジャンル:ヘルスケア/フィットネス



iPad版は第1と第2がセットになって倍の価格になっています。


ラジオ体操 第1・第2 App
価格:700円
ジャンル:ヘルスケア/フィットネス

 


以前はラジオ体操の練習をさせようと思ったら、学校中の先生に聞いて回ってビデオやCD、カセットテープを探したものです。便利になったと思います。


1ヘクタールの正方形を航空写真に重ねる

4年生の算数で、1ヘクタールと1平方キロメートルの授業をしました。

1辺が100mの正方形と同じ面積を1ヘクタールといいます。
この広さを身近なもので教えるための教材を作りました。


1ヘクタールの正方形を航空写真に重ねる YouTube

iOSのマップアプリを立ち上げ、学校など身近な施設の航空写真を表示します。

IMG_1340


拡大・縮小の操作をすると、左上にスケールが表示されます。
100mになったところでスクリーンショットを撮ります。
1つの指を画面につけた状態で、ホームボタンとスリープボタンを同時に押します。
指を離すとスケールが消えてしまうからです。

IMG_1341


次にSketchbook Expressを立ち上げ、スクリーンショットを挿入します。

IMG_1343


透明のレイヤーを重ねます。

IMG_1344


新しく追加したレイヤーに図形がかけるようになりました。

IMG_1345


右から4番目の図形マークから、四角形を選びます。

IMG_1346


100メートルのスケールに合わせて、1ヘクタールの正方形をかきます。

IMG_1347


ここまでを授業の前に準備しておきます。
慣れれば動画のように1分くらいでできるようになります。


授業ではレイヤーの正方形を動かして写真に重ねます。

IMG_1349


勤務校は、運動場と体育館を除いた敷地が1ヘクタールにすっぽりと入りました。
また、学校の周りに1ヘクタールを越える面積の畑があることもわかりました。
 

同様にして、1平方キロメートルの正方形を作り、勤務地の写真に重ねました。
島のおおよその面積を当てることができました。

勉強よりも、写真に写った自宅や身近な建物に夢中になっている子もいました。
ネット上の地図を見るのが初めてだったようです。


授業の後、正方形を重ねた画面のスクリーンショットを撮って、拡大印刷して掲示資料にしました。




SketchBook Express for iPad App
価格:無料
ジャンル:エンターテインメント

iPadで名画を見せる

読書月間のイベントで、職員が子供たちに読み聞かせをすることになりました。
ぼくの教室に来た子は、全部で3人でした。
ぼくはiPadの「ぴくぴくピクニック」を見せました。

 


名画絵本ぴくぴくピクニック App

小学館が出している絵本「あーとぶっくシリーズ」がアプリになったものです。
IMG_2268


App内で課金をすれば、モネ、ルノワール、ゴーギャン、スーラ、ピカソの名画を見ることができます。
IMG_2269


絵をピンチで拡大すると、原寸大まで大きくなります。
IMG_2270

絵によって、パズルや着色などができるようになっています。
人数が3人と少なかったので、パズルを解きながら楽しく過ごすことができました。 


PDFファイルを本のようにめくる

PDFファイルになっている紙芝居をiPadで見せたいと同僚から相談がありました。

PDFファイルを見るためのアプリはたくさんあります。
標準のiBooksというアプリも使えますが、あえて本のようにめくれるアプリを紹介してみました。

無料のものではSideBooks、有料だとi文庫があります。 

 


i文庫HD App



動画を撮ってみました。


パズルで市町村を覚える

4年生の授業が終わった後の休み時間に、iPadでパズルをさせてみました。


市町村のジグソーパズルです。
IMG_0573 

はじめに都道府県を選びます。
IMG_0574
 
ひらがな表示と漢字表示のどちらかを選択できます。
IMG_0575

下のパーツから上の地図へ移動させます。
IMG_0569

子どもたちは自分の市町村や親御さんの実家がある市町村、離島などから攻めていました。


iPadで分数の計算をする

6年生の算数で分数のかけ算の授業をしていたときに、分数の計算ができるiPad用のアプリがないか探してみました。


分数計算機プラス無料 App

1つの画面にテンキーが3つついて、整数、分母、分子を入力します。
IMG_1862


直感的に操作できるので、子供でも使いやすいと思います。
問題を速く解き終わった子にiPadを渡して、答え合わせをさせていました。
IMG_1863


漢字のフラッシュカードを作る

3年生の国語の時間は、漢字の読みの練習からスタートしていました。
iPadでフラッシュカードを作り、それをめくりながら読ませていました。

作り方は次の通りです。

1 iTextPadで縦書きの文字を書く


iText Padは縦書きで文章を書くことができます。
大きさを500%にして熟語を書きます。
IMG_0280


2 スクリーンショットを撮る

指で画面いっぱいに拡大して、スクリーンショットを撮ります。
ホームボタンとスリープボタンを同時に押すと、カメラロールに画像が保存されます。
IMG_0280


3 トリミングする
余分なところをトリミングします。
IMG_0281

4 アルバムに入れる
カメラロールに収められたカードを、一つのアルバムに入れます。
IMG_0282

30枚のカードを作成するのに要した時間は約10分です。

 

漢字のフラッシュカードを作る YouTube


前学年の漢字の復習をする

3年生の国語で、新出漢字の学習を終えたので、2年生の漢字の復習をすることにしました。
iPadで2年生で習う漢字のフラッシュカードを作りました。
128枚の画像を作るのに要した時間は約20分です。

IMG_1702


子供たちに読ませながらめくっていきます。
全部終わるのに2分かかりません。

3年生の新出漢字やローマ字を含めると、500枚以上のカードがiPadの中に入っています。

IMG_1703

これだけでも、iPadがあってよかったと思います。 


かけ算九九のフラッシュカードを作る

4年生の算数でわり算を教えました。
授業の始めに、iPadで作ったフラッシュカードでかけ算九九の復習をしました。
IMG_0495

フラッシュカードの作成に使用したアプリは、iTextPadです。


始めに式を打ち込みます。
ピンチ拡大で500%にします。
IMG_0496

この画像をスクリーンショットで撮ります。
ホームボタンとスリープボタンを同時に押せば、画面ごとカメラロールに収まります。

次に、カメラロールから編集をします。
トリミングをして必要な部分だけ切り取ります。
IMG_0498

4年生なので、授業では「二九十八、二八十六、二七十四」のように逆から九九を唱えさせました。 


ローマ字のフラッシュカードを作る

3年生の国語でローマ字を教えました。
ローマ字を早く覚えてもらうために、iPadでフラッシュカードを作りました。

Keynoteを開いて、ローマ字を書きます。

IMG_0954


フォントが気に入らなかったので、Chalkboardに変えました。
サイズも大きくしました。

IMG_0956


1枚できたら、コピーペーストでスライドを複製しました。

IMG_1051



ア行やカ行だけの言葉を上書きしていきました。

IMG_0961


テレビなどの大きな画面で見せるならこれで完成です。
Keynoteでスライドショーを実行すればいいのです。


でもぼくは、iPadから直接見せたいのでもう一手間かけました。
スライドショーをして、1枚ずつスクリーンショットを撮りました。
撮った画像をトリミングしました。

IMG_0963


余白を切り取ります。

IMG_0964


iPadの画面いっぱにローマ字が表示されました。
これなら、教室のどこからでも読むことができます。

IMG_0965


トリミングした画像を1つのアルバムに収めて完成です。

IMG_0991


教科書体で漢字のフラッシュカードを作る

漢字のフラッシュカードを作りました。
授業の最初に見せて読み方を覚えさせるためのものです。
IMG_2370


フォントを教科書体にしてみました。
IMG_2371


iPadにフォントを追加するために、「Any Font」というアプリを使いました。


ダイナフォントのMac用の教科書体を購入してダウンロードしました。
4000円弱です。
ぼくはDFP教科書体W4を購入してインストールしました。

DFP教科書体のRW3の方はなぜかインストールできませんでした。

 

Macからメールに添付してiPadに送りました。


36

タップすると使用するアプリを聞いてくるので、AnyFontを選びます。
IMG_2373

フォントのインストールが始まります。
すぐに完了します。
IMG_2348


縦書きができるエディタ「iTextPad」でこのフォントを使用してカードを作ります。
IMG_2349


書いた単語のスクリーンショットを撮って、トリミングして作りました。


アルバムの写真の順番を入れ替える

iPadで写真を見せながら朝会の講話をするという先生から、アルバム内の写真の順番の並べ替えができないかと質問がありました。
簡単なのですが、意外と知られていないようなので紹介します。


(1)朝会で使う写真を1つのアルバムに入れる
             
カメラロールの画面から、右上の「選択」をタップします。
IMG_2045


選択画面になるので、必要な写真を順番を気にせずに選び、左上の「追加」をタップします。
IMG_2046


新規アルバムが追加されます。
IMG_2047

アルバムに名前を付けます。
IMG_2048




(2)長押しして移動する 
 
次にアルバム内の写真を入れ替えます。
右上の「選択」をタップします。
 IMG_2049


選択画面で、順番を入れ替えたい画像を長押しします。
1秒くらい押さえると、画像が少し大きくなります。
これが移動できるサインです。
IMG_2050

長押ししたまま移動させます。
IMG_2051

移動完了。
IMG_2052

すいすいと移動できます。


修了写真をiPadで編集してネットプリントで現像する

年度末になりました。
学級ごとの修了写真を撮影しました。
これまでは写真屋さんに出張撮影をしてもらっていました。
勤務校は小さな離島なので、プロのカメラマンはいません。
職員に一眼レフのデジカメで撮ってもらいました。

iPadを使って、写真に子供や職員の名前を入れました。
使ったのは、SketchbookExpressというアプリです。
 


SketchBook Express for iPad App


撮影した画像をiPadに取り込んで、レイヤーを重ねてテキストで児童や職員の名前を挿入しました。

できあがった写真をネットプリントに送って現像してもらいました。
「ネットプリント 」で検索すると、いくつかの業者が表示されます。
今回は、どんどんプリントを利用しました。

サイズは216mm×127mmを選択しました。
1枚37円で、送料や写真を入れる袋をつけて、30枚で1590円でした。
IMG_0755


送信してから2週間で届きました。
離島でなければ、もっと早く届いたと思います。

これまでの勤務校では、主張撮影料込みで1人あたり数百円かかっていましたので、かなり安くすみました。
仕上がりもきれいで、とても満足しています。 

iPadの画面をMacで収録する

海外の方に勤務校の様子を伝えるビデオレターを作ることになりました。

勤務校の所在地をiPadの地図で示すことにしました。
 
Macの新しいOS X Yosemiteは、iPadやiPhoneの画面を動画で録画することができます。
ケーブルでつないで、QuickTimePlayerを立ち上げます。

ファイル>新規ムービー収録
で、赤い丸の録音ボタンのそばをクリックすると、つないでいる機器が表示されます。
それを選択してから、録画ボタンを押します。
36

こんな感じで撮れました。

 

iPadの画面をMacで収録する OSX Yosemite YouTube


iPadの操作方法を人に教えるときに役立ちそうな機能です。
 


折れ線グラフのかき方を教える

4年生の理科で、天気と気温の変化について授業をしました。
1日の気温を測って、折れ線グラフに記録することになりました。

4年生にとって折れ線グラフをかくのは初めてです。
今日は折れ線グラフ用紙を配って、書き方の練習をしました。

使用したのは、GoodNotes4というアプリです。


GoodNotes 4 - メモ&PDF App

初めに折れ線グラフ用紙をイメージとして追加します。
万年筆の文字の太さを2.0にして、縦軸に温度を書き込みます。
 


 IMG_1851

IMG_1852


左上の丸三角四角をタップすると、直線が引けるようになります。
蛍光ペンモードで午前8時の縦線を指でなぞるときれいな直線になりました。
IMG_1853

点を打つ時は万年筆で文字の太さを10にします。
IMG_1854

点を打ったあと、万年筆のポイントをもとの太さに戻します。
丸三角四角が押されているのを確認して点と点をフリーハンドで結ぶと、きれいな直線になります。
IMG_1855


折れ線グラフがかきやすいアプリです。


四角形の対角線をまっすぐに引く

4年生の算数で四角形の対角線について授業しました。

iPadからテレビにいろいろな四角形を映し出しました。
その上に対角線を引いていきました。
使用したアプリはGoodNotesです。

 


GoodNotes 4 - メモ&PDF App

 
 フリーハンドで普通に対角線を引くと、こんなふうにゆがみます。

IMG_0653

左上の図形ボタンをタップしてから対角線を引くと、多少ゆがんだ線もきれいな直線に直してくれます。
IMG_0654


直線だけでなく、丸、三角、四角も手書きでかいたものを修正してきれいに仕上げてくれます。


毛筆のお手本をテレビに映す

毛筆の時間に、iPadを使ってお手本をテレビに映しました。
IMG_0103-1

使用したアプリはGoodNotesです。

 

 

中心線などを引きながらポイントを説明しました。
書き込めるのがいいですね。 

 

結晶の写真を撮る

5年生の理科で食塩やホウ酸、ミョウバンなどを水に溶かす実験を行いました。

授業の中で溶かせるだけ溶かした食塩水を熱して食塩を取り出しました。
ちなみに、食塩は水の容量に対して4割くらい溶けます。
50mLの水だと20mlくらいです。
IMG_1482

残った食塩水はペトリ皿に移してそのまま置かせました。
数日後、正方形のきれいな結晶ができました。 
IMG_1488

授業の内容とは別に作った硫酸銅の水溶液も 同じように置いていました。
こちらは独特の形をしたきれいな結晶ができました。 
IMG_1483

結晶のような小さいものをiPadで撮影すると、実物よりも大きく見せることができます。


雲の写真を撮る

5年生の理科で、雲の動きと天気の変化について授業をしました。
1時間ごとに雲の様子を観察して、変化を確認する学習です。
東西南北それぞれの写真をiPadで撮影しました。
これらをフォルダに分けて入れ、変化の様子を子どもたちに見せました。
IMG_0278

 午前中は曇っていた空も・・・
IMG_0128

昼には青空になっていました。
IMG_0136

iPadは普通のカメラと違って、子どもたちと画面を確認しながら撮影できるのがいいですね。


実験結果を写真に収める

IMG_0446

5年生の理科で、植物の発芽と成長について授業しました。
発芽前の種子と発芽後の子葉の切断面に薄いヨウ素液をつけて、でんぷんを調べる実験をしました。

実験の結果をiPadで上のように撮影しました。
これは、次の授業の始めに使います。

写真にSkitchというiPadアプリを使って日付を書き込みました。 

 
Skitch: 撮る。描き込む。共有する。 App

 

Skitchで撮影した画像を開きます。
IMG_0505

日付を書き込みます。
IMG_0506

拡大縮小ボタンを動かして文字を大きくします。
IMG_0507

最後にカメラロールへ保存します。
IMG_0508

写真にメモを入れたい時に便利なアプリです。

授業参観で書いた手紙をピクチャフレームに入れてテレビに映す

3年生の国語で、「案内の手紙」を書く授業をしました。
学校行事などの案内を手紙の形にして知人あてに書くものです。

ノートに書いた下書きを便せんに清書する時間が授業参観の日になりました。

清書が終わった子の手紙をiPadで写真に撮りました。
IMG_0887


ぼくが教えるクラスは10名以下の少人数です。
できた子から撮影していきました。すぐに終わりました。

iPadで写した写真はカメラロールに収められます。

IMG_0884


新規フォルダを作成します。
左上の+をタップしてアルバム名を入力します。

IMG_0895


手紙の写真を選択してフォルダに入れます。

IMG_0896


手紙の写真だけが1つのフォルダに収まりました。

IMG_0889


次に子供たちの書いた手紙を自動的に1枚ずつ表示します。
iPadの画面を廊下に置いてあるテレビにAirPlayで飛ばします。

フォルダの中の写真を自動的に1枚ずつ表示する方法は「スライドショー」「ピクチャフレーム」の2通りの方法があります。

写真アプリからそのまま表示するのが「スライドショー」で、ロック画面から表示するのが「ピクチャフレーム」です。
スライドショーは再生中に画面をタップするとスライドショーが終了してしまいます。

IMG_0900


ピクチャフレームは、ロック画面から右下の花マークをタップすると始まります。
画面にふれてもロックを解除しない限りはスライドショーが続きます。

IMG_0899
ぼくは「ピクチャフレーム」を使いました。
ピクチャフレームは事前に任意のフォルダを指定しておく必要があります。
「設定」→「ピクチャフレーム」から「アルバム」をタップします。

IMG_0905


そして、表示したい写真をまとめたフォルダをタップします。
フォルダは複数でも指定できます。

IMG_0904


ピクチャフレームはリピート再生し続けるので、授業参観で写真などを見てもらうのに適しています。
スライドショーでリピート再生するには、「設定」→「写真とカメラ」から、「リピート」をオンにしてください。


英語で振り子時計のアプリを検索する

5年生の理科で、振り子の動きの授業をしました。

単元の初めに、身近な振り子の例として振り子時計を見せたいと思いました。
でも、ぼくの身の回りにはありませんでした。

iPadでそういったアプリがないか探してみました。
App Store内で「ふりこ」「振り子」で検索してみましたが、それらしきアプリは見つかりません。

振り子を英訳してみました。
振り子のことを英語で「Pendulum」と言うそうです。

「Pendulum」で再度検索してみました。
そして見つけたのがこのアプリです。

 


PendulumClock App

シンプルな時計アプリです。
IMG_2151



8種類の振り子時計を含む21種類の時計と40種類の背景が選べます。
IMG_2150

振り子時計と聞いて、初めはピンとこなかった子も、「おばあちゃんの家にある」「幼稚園にある」と言って思い出してくれました。 

駅伝ランナーに伴走してiPadでライブ配信する

駅伝大会に小学生のチームを出場させることになりました。
ぼくは走る子にスクーターで伴走しました。

走っている子の位置や順位などが次の走者や職員に伝えられるのではと思って、iPadでライブ映像を配信することにしました。
利用したのは、USTREAMというウェブサービスです。
パソコンやスマートフォンなどを通してライブ映像を配信することができます。
専用のアプリも出ています。


初めに新規登録をします。
IMG_2425


名前とメールアドレスが必要です。
IMG_2426



次にチャンネルを作ります。
IMG_2430


チャンネルができたら、ライブ配信の画面にします。
IMG_2434


赤いボタンをタップすればライブ配信が始まります。
IMG_2433


リアルタイムとの誤差は、勤務地の場合約30秒ありました。

スクーターのヘッドライトの上にガムテープでiPadを固定し、カメラをオンにして出発しました。
映像はそれぞれのスマホやタブレットからUSTREAMのWebサイトでチャンネルを検索して見ることができます。

特に後半に走る子たちは、職員や保護者の端末から、ランナーや伴走しているぼくの位置を確認できたのでよかったようでした。


分度器の写真を重ねる

4年生の算数「角の大きさ」で、分度器の使い方について授業しました。

教科書に書かれている角の大きさを分度器で測定する問題がありました。
これを、iPadを使って説明しました。

授業の前に、白い紙の上に置いた分度器の写真を撮ります。
IMG_0298

教科書のページも写真に撮ります。
IMG_0299

Sketchbook Expressというアプリで、二つの画像を重ねます。


そして分度器のレイヤーの透過率を下げます。
IMG_0300

右から2番目のボタンをタップして、分度器のレイヤーだけを操作できるようにします。
IMG_0298 2

矢印部分をタップすると、大きさと向きを維持したまま分度器を動かすことができます。
IMG_0301 2


分度器を角に合わせて、目盛りを読みます。
IMG_0301


書き込みが自由にできるのもiPadのいいところです。
IMG_0302


慣用句のスライドショーを作る

小学3年生の国語で慣用句を教えています。
教科書に出てくる慣用句をスライドショーにして、授業のはじめに読ませています。
 IMG_0689

作成はKeynoteで行いました。


Keynote App

 

カメラロールとの違いは、右側に小さなスライドが表示される点です。
これでランダムに選択して読ませることができます。 


Keynoteでテープ図を作る

4年生の算数で小数のわり算の授業をしました。

単元の後半に、小数倍を指導する時間があります。
例えばこんな問題です。

「赤いリボンの長さは2mで、黄色いリボンの長さは5mあります。
 黄色いリボンは赤いリボンの何倍ですか。」

言葉だけで倍の概念、特に小数倍を教えるのは難しいです。
ぼくはiPadのKeynoteでテープ図を作りました。

+をタップして赤い長方形を挿入します。

IMG_1705


上のルーラーを見ながら20の長さにします。
「2m」というテキストを入れます。

IMG_1708


図形オブジェクトに黄色の四角形はないので、とりあえず透明の四角形を挿入します。
これも上のルーラーをみながら、50の長さにします。

 IMG_1709


黄色く塗りつぶします。

IMG_1710


「5m」とテキストを入れます。

IMG_1711


基準量となる赤いテープ図に枠線を入れます。
これで完成です。

IMG_1713


授業の中で説明しながらコピーペーストしていきます。

IMG_1715


赤いリボンをペーストして横に並べていきます。
最後はこんな感じになりました。IMG_1716


こうした準備が短時間でできるのがKeynoteのいいところです。


鉛筆とキャップをグループ化して組にする

4年生の算数で、式のきまりについて授業しました。
この単元で、次のような問題から立式をさせる内容がありました。

「1本50円の鉛筆と1こ30円のキャップを組にして買います。
 400円あれば、何組買えますか。」


これを図で説明するために、iPadのKeynoteが使えないか試してみました。

初めに鉛筆、キャップ、100円玉の画像を用意しました。
白い紙の上に置いて撮影するだけでできます。

Keynoteを開いて「新規作成」をします。
鉛筆とキャップで1つの組を作ります。

IMG_1284


キャップは不透明度を下げておきます。

IMG_1285


複数の画像を組み合わせてくっつけることを「グループ化」と言います。

 WindowsのパワーポイントやMacのKeynoteでは、グループ化をするときにシフトキーを押しながら、複数の画像をクリックしていきます。

iPadでグループ化をする場合はちょっと違います。

1つ目の画像を指で押します。
画像の周りに8個の青い点が表示されます。

IMG_1286


その指を離さずに、もう1つの画像をタップします。
2つ目の画像にも青いポイントが表示されます。

IMG_1287


指を離すと「グループ」の選択ができるようになります。

IMG_1288


これでOKです。

IMG_1289


「80円」と書いたテキストも付け足しました。

IMG_1292


100円玉を4枚複製して、これもグループ化しました。
 
IMG_1290


授業では、鉛筆とキャップをグループ化させながら説明をしました。

IMG_1293


短時間で準備できました。
テストではほとんどの子が正しい式を書いていました。 


Keynoteで任意の角度の角を表示する

4年生の算数で角の大きさの授業をしました。
分度器を使って角の大きさを測定したり、角をかいたりすることができることが目標になっています。

角の大きさを測ったりかいたりする前に、だいたいの大きさを知っておいた方がいいと思いました。
iPadでできないかと考えて、Keynoteを使うことにしました。

Keynoteのスライドに、図形の中から「直線」を選んで置きます。
IMG_0354

Keynoteのオブジェクトは、傾けると角度が表示されます。
水平(0°)にします。
IMG_0357

直線をもう一本追加します。
一方の端を重ねて30°に傾けます。
IMG_0358


線を見やすくするために少し太くします。
「スタイルオプション」から「幅」を調整します。
IMG_0359


テキストを入れて「30°の角」のできあがりです。

続けて45°の角を書きます。
「トランジションとビルド」から、効果を追加します。
そして「マジックムーブ」をタップ。
IMG_0360


「オブジェクトを次のスライドで違う位置に移動させます。」
「スライドを複製しますか?」
と聞かれるので「はい」をタップ。
IMG_0361

スライドが複製されます。
IMG_0362


上の直線を45°まで傾けます。
この後、テキストを45°に書き換えます。
IMG_0364

これをスライドショーで見ると、30°から45°へアニメーションのように直線が動きながら開きます。

同様の手順で、30°→45°→60°→90°→120°→135°→150°→180°まで作りました。
IMG_0365

これに分度器の画像を重ねます。
不透明度を50%にします。
IMG_0366

分度器を角に合わせます。
IMG_0367

分度器の画像を他のスライドにコピペします。
IMG_0369

完成です。

Keynoteで任意の角度の角を表示する YouTube

傾けたオブジェクトの角度が表示されるのがKeynoteのいいところです。


離任式のあいさつにKeynoteを使う

3月で勤務校を離任することになり、離任式が行われました。
iPadのKeynoteを使ってあいさつをすることにしました。

まず、iPadでプレゼンを作りました。
テーマは「ぼくの好きな食べ物」についてです。
IMG_2805

普通に画面をタップしながらプレゼンしても新鮮味がないので、今回はちょっと変えてみました。
iPadの裏側にiPhoneを両面テープで貼り付けました。
IMG_2800

iPadのKeynoteの編集画面を開いたまま、iPhoneのKeynoteも起動します。
左上のリモコンボタンを押して、iPhoneで操作できるようにします。
IMG_2803


こうすると、画面の後ろで親指を使って操作することができます。
前から見ると、スライドが自動的に変わっていくように見えます。
IMG_2802


操作に気を使ったおかげで、プレゼン中は泣かずにすみました。