閉じる


試し読みできます

まえがき

 人生を豊かにしてくれるものは、何でしょうか?
 たとえば、企業の経営資源として「ヒト・モノ・カネ・情報」があります。これらは人間が幸せな人生を送る上で必要な資源でもあります。
 しかし、人間と企業には大きな違いがあります。企業は人的資源の入れ替えを繰り返し、長期にわたって存続することができますが、1人の人間にはいずれ寿命がやってきます。厚生労働省発表の平成25年簡易生命表によると、男性の平均寿命は80.21 年、女性の平均寿命は86.61年であり、人間に与えられた時間は有限なのです。
 有限な人生の中で「ヒト・モノ・カネ・情報」などの資源を、どのタイミングでどう得ていくか、どう使っていくかをきちんと考えていれば、次のような失敗は少なくなります。
◆たくさんの友人がいたはずなのに、会う時間が取れないまま疎遠になってしまった。
◆ローンを組んで買い物をしたかったのに、年齢やそれに伴う健康状態の悪化が原因でローンを組めず、買えなかった。
◆老後の不安を解消するために、がむしゃらに働いてお金を貯めたけれど、仕事以外に何の楽しみも持たない人生を送ってしまった

 

 人生というのは1日、1日の積み重ねなので、毎日を有意義に過ごすための時間管理も大切です。特にフリーランスは、納期を守れない、取材予定時刻に理由もなく遅れる、というだらしなさをクライアントに見せてしまうと、仕事のチャンス自体が減ってしまい、フリーランスとしての未来は先細りです。
 休日を自分で決めること、仕事の量を自分の裁量で調整できることはフリーランスという立場に特有のメリットです。しかし、真面目で責任感の強い人ほど、
◆クライアントの都合を優先しすぎていつまでも休養が取れない
◆仕事を全て終えてから、楽しみの時間を持とうとするので、友人と会うことや趣味を楽しむこともままならず、幸せを感じるチャンスを失う
という失敗を経験しているかもしれません。

 

 仕事と私生活の線引きが曖昧になりがちなフリーランスは、有益な時間管理の方法を見つけて実践し、幸せにならなければならないのです。
◆「やりたいこと」ができる時間を増やしたい!
◆もっと幸せなフリーランスになりたい!
 そんな思いをお持ちの方へ、私が幸せになれた時間管理への考え方をお伝えするべく、本書を執筆することにいたしました。


1
最終更新日 : 2014-11-08 09:35:26

試し読みできます

第一章 時間管理で幸せになる

時間管理とは

 「デジタル大辞泉」によると、「管理」には、「ある規準などから外れないよう、全体を統制すること。」という意味があります。
 「規準」は「思考・行為などの際、のっとるべきよりどころ。規範となる標準。」のことです。
 私は「『今ある不満を解消し、より幸せな人生を送るため』という規準から外れないよう、1日、1週間、1か月、一生といった時間を統制すること」を時間管理だと考えています。
時間管理を実現するための様々な方法を総称して「時間管理術」と、本書では呼ぶことにいたします。

 

時間管理の理由と目的を明らかにする
 次の2つの場合を想像してください。
◆明日までに終わらせなければならない仕事を、少しでも速く進めたい
◆今後の人生ではもっと趣味を楽しみたいので、毎日の仕事を早く切り上げたい
前者は「明日」までに仕事を終わらせる必要があるのですから、時間管理のツールを新たに揃え、生活習慣の見直しをするような方法は、かえって遠回りになります。
 いっぽう、趣味を楽しみたい場合には、1日だけ仕事を早く終えても、あまり意味がありません。1年、2年と長く続けられる時間管理術を見つけ、生活全体を変えていく必要があるでしょう。
 このように「なぜ時間管理が必要か」「どのようなゴールを目指しているのか」を考えることが、適切な時間管理術を選ぶための第一歩となります。

時間ができたらしたいことは?
 時間管理がうまくいって、仕事がスムーズに進み、時間に余裕が生まれたとします。そのとき、「余裕ができた時間でやりたいこと」は決まっていますか?
「仕事がすんだら、何をしていいかわからない……」
時間管理を始めてから、このことに気付いて愕然とするようでは不幸です。
 また、このような状態を放置してはなりません。1日に1時間の余暇をどう過ごせばいいか分からない、1週間に数日の休息に何もしたいことがない。そのままにしておくと、将来、仕事をリタイアして、毎日の過ごし方を自分で決められるようになってから、「24時間を何のために過ごせばよいかわからない」という日々がやってきます。「今日は布団から出ず、ごろごろして過ごす」という日も大切です。ただ「仕事の疲れを癒すためにごろごろ寝たい!(だから寝ることを選ぶ)」ことと、「やることがないから、寝ているしかない」というのでは、寝ていることの充足感が大きく違うのです。


2
最終更新日 : 2014-11-08 09:35:26

試し読みできます

本書の内容

まえがき

 

第一章 時間管理で幸せになる
時間管理とは
時間管理の理由と目的を明らかにする
時間管理=ゴールではない
今ある不満を見つめる
まず現在の生活を記録する
【参考までに】私の生活
どんな自分になりたいか考える
自分に合わない方法は続かない
継続より断続を目指す
時間管理を休んでも構わない

 

第二章 時間管理で目指すもの
やれること・やるべきこと・やりたいこと
「やるべきこと」「やれること」を効率よく片付ける
心を軽くする作業順序とは?
終わるタイミングを決めておく
「やりたいこと」を初めから予定に入れる
「しなくていいこと」はしない
仕事・勉強・趣味・交流……の割合
人生全体の時間管理を考える
「目指す将来」は変わっても構わない

 

第三章 時間管理に役立つツール
どんなツールがあるか?
手帳を2冊使う
付箋でタスク管理をする
ToDoリスト・タイムスケジュール表の併用
タスクを色分けして書き込む
書き込み方の一工夫

 


25
最終更新日 : 2014-11-08 09:35:26

試し読みできます

第四章 今日からできる時間管理のコツ
緊急性・重要性をもとにタスクを分類する
緊急性、重要性ともに高いもの
緊急性が高いが重要性は低いもの
重要性が高いが緊急性は低いもの
緊急でも重要でもないもの
タスクの緊急性を高めないようにする
締切を設定する
作業時間・移動時間は正確に見積もる
複数の人が関わるタスクへの考え方
中間目標を定めるほうが良い場合
自分を追い立てない
何事にも「終わり」は必要
「止められない」思いと心の問題

 

五章 時間管理に役立つ生活習慣
身の周りを整理整頓する
急な来客にも恥ずかしくない服を着る
人間関係を良くしておく
クライアントへの配慮
不測の事態のために知識を得る
時間管理がうまくいかないとき
時間管理が目的になってはいけない

 

おわりに


26
最終更新日 : 2014-11-08 09:35:26

試し読みはここまでです。続きは購入後にお読みいただけます。

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格200円(税込)

読者登録

河野陽炎さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について