閉じる


<<最初から読む

14 / 20ページ

試し読みできます

生計困難者、生活保護者負担軽減策

特養ホームが有料老人ホームと違うのは入居時に一時金がかからないだけではない。

社会福祉の観点から生計困難者、生活保護者レベルの人の自己負担割合を軽減しているのである。介護保険では通常施設でその人がかかった費用の1割を自己負担としているが、生計困難者や生活保護者はさらにこの1割から減額された費用を支払えばよいことになっている。

一つの特養ホームに入居待ち、いわゆる待機者が何百人にもなってしまうのは、このような社会福祉的な面がたぶんに影響しているのだ。


試し読みはここまでです。続きは購入後にお読みいただけます。

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格300円(税込)

読者登録

浦 和市さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について