twitterアカウントでログイン

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格400円(税込)
カテゴリー ビジネス・教育・社会 政治・社会 , 雑誌 作者 編集:総合社会福祉研究所
価格 400円(税込)
タグ 生活保護バッシング基準引き下げ不服審査請求健康で文化的な最低限度の生活稼働年齢層福祉事務所ケースワーカー生活と健康を守る会ホームレス生活保護大改悪社会保障制度改革推進法貧困線就学援助その他世帯さいきまこ陽のあたる家
ダウンロード

ファイルをダウンロードする

PDF

ePub

MOBI

4 ダウンロード

Kindleに送信

Kindleに送る

状態 完成 ページ数 87ページ (Web閲覧)
88ページ (PDF)
試し読み:10ページ
評判 ブクログ

レビューをみる

ブログパーツ

この本をブログで紹介する

外部連携
【特集】生活保護利用者はふつうに生きてはダメなのか?

 政府の生活保護制度の大幅な抑制や後退、その動きを補完し、時に先導するマスコミのバッシングは、生活保護制度を意図的に慈恵的制度に後退させ、利用者を「自立しない人」へと変質させ、今でも孤立しかけている利用者を社会の後景に追いやろうとしている。

 朝日訴訟をはじめ、多くの生存権裁判や個々の闘いを通して、私たちは貧困者の人としての生活を過ごす権利を求めてきた。

 しかし、貧困格差社会は、一歩下がりながらも懸命に生き続ける人々に、鉈を振りかざし、消費動向や物価是正という欺瞞で否応なく支給額を八月から引き下げた。まさに命と健康を脅かす不当行為だ。

 今回の特集は、絶対多数の生活保護利用者の生活の現実を、当事者自身がやっとの思いで要請に応じて遠慮しながらも登場し、実態の一部を、思いの一部を語ってくださった。

 利用者それぞれに生活保護制度の利用にいたるまでの事情がある、思いがある、人生がある。

 そこに共感しながら伴走することが求められる。その伴走者も登場してくださった。憲法二五条を国民の権利とする深い愛情とそれを攻撃する人たちへの怒りがあふれている。

 社会福祉から社会を排除し、福祉を自助・共助の仕組みに変えようとする意図を見抜き、問題の社会化の視点を発揮しなければならない。そのためにも、個々の生きた現実に向き合い、伴走することの意味は大きい。
 
 今回の特集に際し、さまざまな協力を得て、利用者自身が登場し、語ってくださったことに感謝申し上げたい。(編集主幹)

この本には試し読みが 10 ページあります

試し読みを開く

旧バージョンで読みたい方はこちら 

パブーのおすすめ

この本を開く

青年海外協力隊、モザンビークボランティア隊員による機関紙3号です。

この本を開く

なまずくの耐震事件簿の第1.5話と第2話。耐震診断情報を整理して診断書を作成し報告に行きます。果たし...
200円
絶景に出会える道の駅!“全国50選”

この本を開く

全国の道の駅巡りをしています。既に1000か所以上を訪問し、2014年5月に一応全国制覇を果たしたの...

この本を開く

平成時代に台湾に住んでいたからこそ縁があって知り合えた人たちによる文集です。皆さんから台湾に対する思...

この本を開く

幼児向け絵本ですが、大人もどうぞ。ジンベエザメのジンベは海より広いのは何だろうと思いました。コバンザ...

もっとみる