閉じる


<<最初から読む

20 / 23ページ

音が出なくなったiPhone

iPhone4Sから音が出なくなったことがありました。
症状は次の5つでした。
・音楽やアプリの音が鳴らない
・ロックしたりロックを解除したりするときの音も鳴らない
・電話の着信音は鳴る
・アラームも鳴る
・カメラのシャッター音も鳴る

いろいろ試して、どうにか直すことができました。
その時に調べたことなどをまとめておきます。

21

iPhone4Sにコネクタやイヤホンをつけずに音量ボタン(+ー)を押してみます。
すると画面中央にスピーカーの絵が表示されます。

下に白い音量バーが表示されている場合
IMG_3482


音量バーの増減は正常にできるのに音が出ない場合は、スピーカーだけが故障している可能性が高いです。
スピーカーはiPhone4Sの内部にあるので分解が必要です。
修理に出してスピーカーを交換することをおすすめします。


音量(ヘッドフォン)と表示されている場合
IMG_3483


ヘッドフォンやイヤフォンを差していないのに(ヘッドフォン)と表示される場合は、イヤホンの穴(ヘッドセットコネクタ)がこわれているか汚れている可能性が高いです。
穴の中を細くて柔らかいもので掃除すると直るかもしれません。
・iPhone4Sの上面
46



下に白い音量バーが表示されない場合
イメージ001


スピーカーマークの下に白い正方形の音量バーが1つも表示されない場合、充電の時に差すドックコネクタがこわれているか汚れている可能性が高いです。
・iPhone4Sの底面
08


この場合も細くて柔らかいものでコネクタを掃除すると直ることがあります。
ぼくの場合は糸ようじの柄のとがった部分や爪楊枝の先で軽くゴシゴシやって直しました。
掃除をした後、電源を一度オフにしてから入れ直すと音が出ました。

次の方法で直ったという報告もありました。
・コネクタにドライヤーの冷風を当てて乾かす
・コネクタを乾いた歯ブラシでみがく


ドックコネクタの故障は、こじらせると充電ができなくなることもあります。
ほこりや水が入らないように普段から気をつけてください。

紛失したiPhone

家に着いて、iPhoneを見ようとしたらポケットにもかばんの中にも見当たりませんでした。
自宅のWi-FiにつないだiPadから、iPhoneを探し出してみました。


iPhoneを探す App
価格:無料
ジャンル:ユーティリティ

アプリを起動すると、AppleIDとパスワードの入力を求められます。
IMG_0612

入力すると、3G回線やWi-Fiでネットに接続しているぼくのApple製品が表示されます。
ただし、iPhoneの設定で「プライバシー」→「位置情報サービス」→「iPhoneを探す」をオンにしていないといけません。ここが大事です。
20130603b


探したい機器をタップすると、地図上でのおおよその位置が表示されます。
52

「サウンドを再生」をタップすると、iPhoneがピコーンピコーンと鳴り始めます。
マナーモードにしていても鳴ります。
その音を頼りに探すことができます。
 20130603c

「紛失モード」なら他人に拾われても操作できないようにパスコードロックをかけます。
20

また、拾った人あてに任意のメッセージと連絡先の電話番号を表示させることができます。
16

03

iPhone側ではこのように表示されます。
IMG_3327


「iPhoneを消去」だと、iPhone内の全てのデータが消えます。
情報漏洩防止のための最終手段です。
ただし位置の検出と追跡ができなくなります。
 48


パソコンからでも探すことができます。
操作は同じです。
iCloud
 53

ちなみにぼくのiPhoneは車の運転席にありました。

おわりに

表紙のiPhoneの画像はiPhone Screenshot MakerというWebサービスで作りました。


 

 

 

 

iPhone Screenshot Maker


また、本文中の画像の加工には、iPadアプリのSkitchやSketchbook Proを使用しました。

 
Skitch App
価格:無料
ジャンル:仕事効率化
 
 
SketchBook Pro App
価格:170円
ジャンル:エンターテインメント
 

いつもお世話になっているアプリなので、紹介しておきます。

  

2013年9月19日  canpycanpy


奥付

iPhone教師のブログ

2013年9月19日 Ver. 1.0
 
著者 : canpycanpy
ブログ:iPadとiPhone4Sで教師の仕事をつくる
Twitter:@canpycanpy



電子書籍プラットフォーム : ブクログのパブー(http://p.booklog.jp/
運営会社:株式会社ブクログ

この本の内容は以上です。


読者登録

canpycanpyさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について