twitterアカウントでログイン

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格200円(税込)
カテゴリー 小説・ノンフィクション 文芸 , 恋愛 作者 三輪たかし
価格 200円(税込)
タグ 楽器天使ブラスバンド
ダウンロード

ファイルをダウンロードする

PDF

ePub

MOBI

1,519 ダウンロード

Kindleに送信

Kindleに送る

状態 完成 ページ数 14ページ (Web閲覧)
51ページ (PDF)
試し読み:6ページ
評判 ブクログ

レビューをみる

ブログパーツ

この本をブログで紹介する

外部連携
 『愛する青春のふるさと』の翻案。新潟県新潟市の北東約六〇キロ離れた関川村を舞台にした物語。昭和四四年の春から秋までの期間、ブラスバンド部の中学三年の富士夫と二年の文子の恋の葛藤が描かれる。最初、富士夫は文子に対して抱く気持ちの正体がわからなかったが、ある日の『星条旗よ永遠なれ』の練習を終えたとき、初めて『好きだ』という感情に気づいた。やがて、日ごとに彼女への思いは募り、彼女の乗る汽車にわざと同乗や夜の彷徨など、ストーカーのような行為をしたが、最終的には手紙で告白することにした。その頃、ブラスバンド部は第一回定期演奏会を開催することが決まった。
 文子から返事が来た。素直に受け入れる返事ではなかった。しばらくして村の夏祭りのとき、始めてデートをした。
 合宿練習の時、流れ星を富士夫と文子は見て、お互いのことを祈る。段々と仲良くなっていくが、倫子が富士夫に好きだと告白してきて、倫子への対応に富士夫は悩み始める。そんな時、中学女子の憧れの剣道部主将・結城浩二と文子が仲良くしていることを知り、富士夫は動揺する・・・・・・。

この本には試し読みが 6 ページあります

試し読みを開く

旧バージョンで読みたい方はこちら 

パブーのおすすめ

この本を開く

平成時代に台湾に住んでいたからこそ縁があって知り合えた人たちによる文集です。皆さんから台湾に対する思...

この本を開く

日本のお城の探訪記。壮大な天守閣を持つお城から、今は城址公園や記念公園となっている城郭・城館、その土...

この本を開く

1971年から1990年までの20年間にテレビ放映された日本の特撮ヒーロー番組に登場する「悪の組織」...

もっとみる