閉じる


<<最初から読む

2 / 2ページ

【考察】介護とは……人を悪く言ってはいけないものと知ること。

 
 デイサービスに来るお客様の話題というと、最近のニュースであったり、ご自身の身体の調子だったり、家族のことが主となる傾向です。
 僕たち介護職はお客様の話を親身に聴いていきます。時に、介護職自身の考え方、価値観とは相反することもあります。そんなとき、お客様に対して「それは違いますよ」とは言いません。
「そういう考え方もあるんですね」と留めておきます。
 今回のおばあさんは病気で入院し、自分でどこで生活するかを選択することなく、家族の意向のみで娘夫婦の家に来ることになりました。きっと不満だったのでしょう。
 しかし、介護職が見ても、そのおばあさんがもう一度一人暮らしをするのは難しいのではないかと思うのです。僕たち介護職は「無理ですよ」とは言いませんでした。そのおばあさんが家に帰りたいという気持ちを汲み取ることしかできませんでした。おばあさんは気持ちを汲み取ってもらうことよりも、家に帰りたかったのです。自分の想いがうまく伝わらないと思ったのか他者を責めてしまったのです。どんな状況に合っても他者を悪く言ってしまうと、その言葉や行動は自らに返ってきてしまう、ということを実感したのです。

この本の内容は以上です。


読者登録

岡本大輔@読書コミュニケーター(社会福祉士)さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について