閉じる


<<最初から読む

22 / 34ページ

発表者ノート

勤務校の様子をプレゼンすることになり、iPadのKeynoteでスライドを作成しました。
プレゼン用の原稿を管理職にチェックしてもらうため、発表者ノートに原稿を書き込んで印刷することにしました。

発表者ノートは、ツール→発表者ノートで書き込み画面になります。
IMG_0813

iPadのキーボードは、普通のパソコンの物理キーボードより打ちにくいです。
そこで、音声入力で書き込むことにしました。
音声入力はインターネットに接続している環境でのみ使用できます。
IMG_0811

これが非常に変換精度がよく、すらすらと書き込むことができました。


上に書いた文章を一気に読み上げて変換してみましょう。
句読点は「てん」「まる」、改行するときは「かいぎょう」といえば指示通りに表示します。

変換にかかる時間は数秒です。
修正箇所は3カ所だけ。
ぼくの滑舌がよければ、精度はもっと上がると思います。
 IMG_0812

書き込んだら印刷をします。
ツール→共有とプリント→プリントとタップします。
 IMG_0814

レイアウトオプションを選択します。
・個別のスライド
・配布資料
・ノートがついたスライド
・罫線がついたスライド
の4種類から選べます。
今回はノートがついたスライドで印刷しました。

IMG_0815


画像がモノクロなのは仕様ではなく、ぼくのプリンタのインクが切れたからです。
IMG_2685

文章を考えながら入力するとなると、音声入力は不向きです。
すでに出来上がっている文章を書き写すのでしたら、音声入力の方が楽だと思います。

PNG

記号などを入力するときは次のように言うと変換されます。

、→「てん」「とうてん」
。→「まる」「くてん」
?→「はてなまーく」「ぎもんふ」
!→「びっくりまーく」「かんたんふ」
:→「ころん」
;→「せみころん」
@→「あっとまーく」
¥→「えんまーく」
・→「なかぐろ」
…→「てんてんてん」

( )→「かっこ」「かっことじる」
「 」→「かぎかっこ」「かぎかっことじる」
 { }→「ちゅうかっこ」「ちゅうかっことじる」

○→「しろまる」
●→「くろまる」
◎→「にじゅうまる」
△→「しろさんかく」
▲→「くろさんかく」
▽→「ぎゃくさんかく」
▼→「ぎゃくくろさんかく」
□→「しかく」
■→「くろしかく」

 改行するとき→「かいぎょう」

22
最終更新日 : 2013-02-09 20:44:48

トランジションとビルド

iOS版Keynoteのトランジションやビルドをまとめてみました。
動画に入れていないトランジションやビルドもあります。

【YouTube】Keynoteのトランジション


トランジションというのは、スライドが切り替わるつなぎ目の表現効果のことです。
また、ビルドとはスライド内にあるテキストや画像などの表現効果のことです。
パワーポイントの「アニメーション」にあたるものです。

23
最終更新日 : 2013-02-09 20:47:12

確認

iPadでプレゼンする前にぼくが確認したことや、確認していなくて失敗したことを書いておきます。

1 アクセスガイドを設定する

プレゼンのリハーサルを行ったとき、間違えてスリープボタンを押してしまいました。
スリープボタンを押すと画面が真っ暗になります。
復活させるには、ロックを解除しないといけません。
本番でこんなことになっては困るので、アクセスガイドを設定しました。

アクセスガイドは子供や不特定多数の人々に使用させるときに、設定を勝手に変更させないために設定するためのもので、iOS6以降の機能です。

アクセスガイドを設定すると、ホームボタンもスリープボタンも音量ボタンも一時的に無効にします。
間違ってふれてしまっても、ホームボタンをトリプルクリックしてパスコードを入力するまで解除されません。

設定することで、ホームボタン、スリープボタン、音量ボタンといったハードウェアボタンが「常にオフ」になります。

「タッチ」は「オン」にしないとスライドの進行ができなくなりますので気をつけてください。
IMG_2694

アクセスガイドはプレゼン中の操作ミスを防ぎますが、プレゼン途中でのアプリの切り替えや音量調整もできなくなります。
この点に注意して、設定の最後の最後に行うといいと思います。
アクセシビリティーApple公式

2 マルチタスクを終了させる

いろいろなアプリが終了されないままだと、メモリの使用量が増えていきます。
プレゼンのためにテレビやプロジェクタなどの機器へ出力すると、メモリの使用量は更にふえます。
メモリが増えると、アプリは強制終了します。
他のアプリは終了させるか、電源を入れ直した方が安全だと思います。

マルチタスクの終了の仕方は次の通りです。
(1)ホームボタンをダブルクリックする。
(2)アプリアイコンを長押しする。
(3)終了させたいアプリのアイコンをタップする。
IMG_0857-2

もしくは電源を入れ直します。


3 自動ロックを設定しない

放置すると自動的にロック画面になる「自動ロック」は設定をはずしておきます。

自動ロックの設定は、「設定」→「一般」→「自動ロック」からできます。



4 音量は最大にしておく

プレゼン資料に動画を貼り付けてある場合は、最初で音量を最大にしておきます。
 ぼくは音量を小さめにしたままアクセスガイドを設定してプレゼンをやってしまい、動画の音声が小さいままでプレゼンを続けざるを得ませんでした。
IMG_0853

筆順

ぼくが漢字の筆順を確認する時に使っているアプリを紹介します。


 
常用漢字筆順辞典 | 5648漢字 音訓読みデータ追加版 App
価格:500円
ジャンル:辞書/辞典/その他


無料版もあります。
こちらは広告が入ります。


常用漢字筆順辞典 Free App
価格:無料
ジャンル:辞書/辞典/その他

このアプリは、「ユニバーサルアプリ」となっています。
ユニバーサルアプリというのは、インストールされた機器に応じてデザインが変わるアプリのことです。
iPhoneなら小さい画面のアプリになり、iPadならiPadの大きさが生かされた画面になります。
IMG_1610-1
IMG_0301

使い方は、発売元が公開されている動画をご覧になった方がわかりやすいかと思います。
学年ごとの区分リストを表示することもできるので便利です。
 IMG_0303-1

25
最終更新日 : 2013-02-09 20:50:33

パズル

授業が少し早く終わったので、iPadに入れてあった「旧国名パズル」をテレビに映しながら子供たちとやってみました。

 
あそんでまなべる旧国名パズル App
価格:無料
ジャンル:ゲーム

薩摩、土佐、尾張など昔の国の名前がついた地図のパーツをはめていくパズルです。

IMG_0373-1

トレーニング、ベーシック、エキスパートの3種類のモードがあります。
教室ではトレーニングモードで行いました。
IMG_0374-1

画面の下段に68のパーツが表示されます。
それを上の地図に当てはめていきます。
「わかる国名があったら教えて」とぼくが言いました。
地名を知っている子は薩摩、肥後、尾張、三河、土佐、佐渡、淡路、対馬、伊豆、大和などを答えていました。
地名を知らない子は、その形から信濃、近江、常陸、隠岐などを見つけました。
IMG_0375

ランキングに名前を残すこともできます。
ぼくは夏休みに少しがんばって2分を切るレベルまでになりました。
IMG_0376

このシリーズは他にもあります。

 
日本地図パズル App
価格:無料
ジャンル:ゲーム

 
世界地図パズル App
価格:無料
ジャンル:ゲーム

 
東京都地図パズル App
価格:無料
ジャンル:ゲーム

価格:無料
ジャンル:ゲーム


読者登録

canpycanpyさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について