閉じる


<<最初から読む

10 / 34ページ

七夕集会

児童会が企画する七夕集会の内容を決めました。
その中で、七夕の織姫と彦星の寸劇をすることになりました。
セリフを覚え、衣装や小道具のだいたいがそろったのでリハーサルをさせました。
その劇の様子をiPadのカメラで録画しました。

リハーサルが終わってすぐに再生し、子供たちとセリフの言い方や登場の仕方について意見を出し合いました。
iPadは録画した後にその場ですぐ見られるので便利です。

10
最終更新日 : 2013-02-09 23:18:09

跳び箱

体育で跳び箱運動を行いました。
文部科学省チャンネルの動画で開脚跳びを見た子たちが、腰が高く浮いていることに驚いていました。
「いやいや、君たちもちゃんと腰が浮いているよ」
そう言って子供たちが開脚跳びをする様子をiPadで録画し、見せてあげました。
自分がかっこよく跳べている様子を確認できて嬉しそうでした。

頭はね跳びに挑戦している子がいました。
手をついて回転した後、背中がついてしまう子でした。
iPadでその子が跳ぶ様子を録画して、その場ですぐに見せました。
「本当だ、背中がついてる」
この子は動画を見た後、うまく手を突き放して跳ぶことができました。
IMG_0638

11
最終更新日 : 2013-02-09 20:32:56

姿見

IMG_0766

学習発表会でダンスを踊ることになりました。
そのための衣装が届いたので、子供たちに着せてみました。
衣装を着た様子を子供たち自身に見せたいのですが、勤務校には全身を写せるだけの大きな鏡がありません。
手洗い場やトイレの鏡では上半身しか映りません。
そこで、iPadのカメラで子供たちの全身を映しながら、テレビに表示しました。
衣装を練習の始めの段階で一度着せておくと、今後の練習への取り組み方も変わってくると思います。 

でもやっぱり衣装を着た姿は、本物の姿見で見た方がいいと思います。

12
最終更新日 : 2013-02-09 14:31:20

ダンス

学習発表会に向けてダンスの練習をしました。

衣装をつけてリハーサルをしたときのことです。
子供たちが踊っているところをiPadで録画しました。

教室に戻って、録画したものを再生して見せました。
途中、スロー再生しながら注意点を話そうと思いました。
そこで使ったのが、SpeedUpTVというアプリです。


動画スピード調節 SpeedUpTV App
価格:250円
ジャンル:ユーティリティ

このアプリはスロー、左右反転、リピートなどの再生ができます。
iPadの通常の撮影(再生)速度は30コマ/1秒です。
再生速度は、1コマ/1秒~2倍速まで変えられます。
0.5倍速以上なら音声も速度に合わせて再生されます。
写真_Skitch_キャンバス-2

左右反転再生は、鏡に映った自分の姿を見ている感じになります。
動きをその場でチェックしながら修正するには、左右反転で見た方がいい場合もあります。
写真_Skitch_キャンバス

ピンチ操作で部分的に拡大して再生することもできます。
大勢の中の一人だけの踊りを見たい時になどに有効です。
写真_Skitch_キャンバス 2


ビデオカメラで撮って見せるよりも、iPadの方が使いやすいと思います。

13
最終更新日 : 2013-02-09 14:32:49

木版画

図工で木版画に取り組みました。
版木への下書きが終わり、これから彫刻刀を使うところで一斉指導をしました。
iPadをAirPlayミラーリングにしてカメラを起動し、近くの席の子に持ってもらいました。
ぼくの手元を写すように言って、テレビで彫る様子を映しながら彫刻刀の使い方などを説明しました。

カメラマン役の子は上手にぼくの手の動きを撮影してくれました。
IMG_0640

スクリーンショットを撮ってテレビに表示したままにし、授業を続けました。

14
最終更新日 : 2013-02-09 14:34:23


読者登録

canpycanpyさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について