閉じる


手書き

新年度

新年度、次のものをPDFファイルにしてiBooksに入れてました。
IMG_0095

月ごとの行事予定表
学校行事や学校外の行事、授業時数などが書かれた表です。
文書ファイル化されていたものをPDFに変換しました。

教科別の年間指導計画
教科書会社が配布しているPDFファイルです。

市販テストの解答
1枚ずつ切り離してスキャンしました。

PDFファイルをiBooksに取り込むには、iTunesを使います。
まずパソコンのiTunesの「ファイル」→「ライブラリに追加」から、取り込みたいファイルを選択します。

次にパソコンとiPadをつないで、同期をするときにライブラリの中にあるファイルにチェックを入れます。

最終更新日 : 2013-02-09 22:02:27

研修会

出張で研修会に出席しました。
研修会の要項には、持参する資料が記されていました。

・勤務校の年間指導計画
学習指導要領解説
国立教育政策研究所の資料

いずれもPDFファイルで配信されているものです。
全部紙にして積み重ねると、かなりの分量です。
IMG_0731

ぼくはiPadにこれらの資料を全部入れておいたのですが、とりあえず印刷して紙の状態で束ねて持参しました。
とても重かったです。

これからはiPadだけ持っていこうと思っています。

最終更新日 : 2013-02-09 20:39:16

線対称

6年生の算数で線対称の授業をしました。
線対称な図形の対応する頂点や辺を探す学習です。
アルファベットの「W」のカードを折り曲げながら考えます。
IMG_0175

ぼくはiPadのSketchBook Expressを使ってテレビに表示しました。

 
SketchBook Express for iPad App
価格:無料
ジャンル:エンターテインメント

元の画像をiPadの中心に合わせます。
そして、線対称をかくボタンを押してから片方の辺をなぞり始めます。
PNG

すると、反対側も左右対称で線が引かれていきます。
【YouTube】線対称の図形をかく

この教材には、2枚のレイヤーを使います。
1枚目はWカードの画像です。iPadのカメラで写真を撮るだけです。
このレイヤーは透過率を50%くらいにしておきます。
2枚目は透明のレイヤーです。
このレイヤーに線を書いていきます。
アルファベットの右半分をなぞると、左側にも線対称になって線が引かれていきます。

点対称

6年生の算数で点対称について授業しました。
点対称な図形は、180度回転しても同じ形になります。
そのことを確認するために、iPadのSketchBook Expressを使いました。

まず、点対称な図形を描きます。
IMG_0181

図形を複製して、上のレイヤーは透過率を下げます。
IMG_0186


次にレイヤーを操作する画面に切り替えて、回転モードを選びます。 
そして対称の中心にピンを置き、回転させて確認します。
IMG_0182

くるっと回して・・・
IMG_0183

対応する頂点を確認します。
IMG_0184

以上の操作が時間にして15秒ほどで出来ました。

最終更新日 : 2013-02-09 21:50:02

複合図形

放課後、Bさんに個別指導をしました。
複合図形の体積を求める問題が載ったプリントです。
IMG_0598

個別指導では、これまでならBさんのプリントに直接補助線を引いたり、わかっていない数値を記入したりしながら教えていました。 

今日は手元にiPadがあったので、GoodNotesでBさんのプリントを写し、iPadに補助線や数値を入れながら説明しました。
必要な箇所を拡大したり、色を変えて塗りつぶしたりしながら説明できました。
IMG_0599

Bさんのプリントにも、同じように線や数値を書き込ませました。
予備のプリントがあれば、iPadではなくプリントに鉛筆やペンで書き込みながら同じようなことをしてもいいかもしれません。
いずれにしても、子供が解答するプリントに教師が直接書き込みながら指導するより、別のものに書いてみせるのがいいかと思います。

最終更新日 : 2013-02-09 16:01:21