目次

閉じる


 神様が現れて言いました。
 ――お前は今までよく頑張ってきた。褒美に願いを叶えてあげよう。
 男は願いを言いました。
 ――ではこの世から愚か者を消してください。そいつらのせいで私のような価値ある人間まで苦労するのです。
 神様は願いを聞き入れ、男はこの世から姿を消しました。

この本の内容は以上です。


読者登録

黒犬ちわわさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について