twitterアカウントでログイン

この本は、「【連載】地縛記憶1(高松町連続殺人事件)」 のバックナンバーです。(2012-11-18 11:05:59 発行)

カテゴリー 小説・ノンフィクション ミステリー , ファンタジー 作者 白鳥恭介
タグ 連載殺人事件超能力陰陽師歴史
ダウンロード

ファイルをダウンロードする

PDF

ePub

MOBI

39 ダウンロード

Kindleに送信

Kindleに送る

状態 完成 ページ数 7ページ (Web閲覧)
10ページ (PDF)
評判 ブクログ

レビューをみる

ブログパーツ

この本をブログで紹介する

外部連携
その地に刻まれた凄惨な出来事の記憶が見えるようになった安藤佑太。今回は帝都高松町で起きる連続殺人事件の解決に、親友で帝都警視庁の捜査一課警部、坂田から協力を求められる。佑太は婚約者杏子とともに事件を追うが、彼らの前には幾つもの謎が立ち塞がってくる。さて、その結末は……

この本は無料です

この本を開く

旧バージョンで読みたい方はこちら 

パブーのおすすめ

この本を開く

神奈川県内にある「かながわの名木100選」国や県による指定天然記念物を含む大小の名木たち。山岳山林、...

この本を開く

日本のお城の探訪記。壮大な天守閣を持つお城から、今は城址公園や記念公園となっている城郭・城館、その土...

この本を開く

tovo が発行するポストカードサイズの小さなフリーペーパーです。311以降の青森県に住むごくごく普...

この本を開く

誰もが知ってる桃太郎!でも、なんだか少し様子がおかしいようです。イヌもサルもキジもこんなんだったかな...

この本を開く

 あまり記憶には薄いかもしれないが、とある地方の事件としてこんな記事が新聞に躍った。2017年7月、...

もっとみる