閉じる


<<最初から読む

19 / 25ページ

二人

一人の時間が長かったせいか

二人の時間の過ごし方が

最後までよく分からなかった

 

共通する言葉を見つけられずに

会話も続かなかった

急に天気の話なんかしてさ

 

慣れた一人にただいまして

気付いたことが二つ

僕が恋に向かないことと

それでも君にいてほしかったということ

 

趣味の時間を取り戻して

僕はこれまでの僕に帰る

好きなものに囲まれた

何か物足りない暮らし


リズム

息継ぎのように

人を求めては出逢い

 

小さな心臓で

余韻は続くから

想いは続いていられる

 

ありとあらゆる感情が

優劣なく混じりあう

恋のリズム


雨雲

空の見えないところから

雨が差してくる

これがいつかの雲だったなんて

未だに少し信じられない

 

重い足を勢いづけようと

歩き始めた街

一人に慣れ過ぎた

右手に傘を持たせて

 

ニューオープンの店

妙な模様の雑貨が並ぶ

君ならどう思う?

君なら何て言う?

 

降り始めの雨の強さが

涙の感じに似てる

君なしで生きてこれたなんて

未だに少し信じられない


約束のかわり

ねえ 言葉って

寂しいもんだからさ

もうちょっと飾り付けようよ

てっぺんに星をのせて

 

ねえ 「愛」って

物足りない響きだからさ

付け足したくなるんだ

「してる」って

 

甘い言葉を

毎晩たっぷり交わして

後で二人で笑い合おうよ

それが約束のかわりさ


悲しみは

色のついた言葉に

染められてしまうけど

 

歩き出す

一歩は過去の破片を

踏みつけてしまうけど

 

少しずつ

薄れゆく君は

今僕が生きている証

 

体から

こみ上げてくる

形のない記憶



読者登録

udaudaさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について