閉じる


<<最初から読む

21 / 50ページ

まね

まねをする

僕らはまねをする

ご先祖様の行いを

先人たちの生き方を

まねしようとしなくても

気が付くとまねしている

 

まねをする

僕らはまねをする

漢字の書き順を

式の解き方を

最短距離で

知識や技術を身に着けるため

 

僕らはまねをする

まねしながら

同じ道を歩きながら

いつか逸れる方法を探している

遠い昔の過ちまでも

まねしてしまわないように


したいこと

言いたいことは

もう誰かが言っている

でも 言いたいな

 

したいことは

もう誰かがやっている

でも したいな

 

ちっとも

新しくない

ありがちな日常を

誰よりも楽しく

過ごしてみたいな


禁句

禁じられた言葉が

鋭さを増していく

危うい光を帯びて

 

磨かれた沈黙が

僕を突き刺していく

遠い国の少年の眼差しと化して


バス停

溜め息は昨日へ流れていく

望みは明日へ先走る

 

僕は今日しか生きられなくて

バス停の前に取り残される

 

根拠のない後悔

触れられたような気がした肩

でも誰もいない

 

雨が降り出したので

傘を差す

バスはまだ来ない


準備

「私は幸せ」

いつだって心から

言う準備はできている

 

伝えるべき相手がいない

 

だから私は不幸顔

溢れかえる人波の中で



読者登録

udaudaさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について