閉じる


<<最初から読む

32 / 47ページ

試し読みできます

めがねの耐用年数

今かけているめがねは購入してから3年位経つ。レンズの表面が剥げてきて見ずらくなってきたので家内の老眼鏡と共に眼鏡市場で買い換えることにした。まずは検眼してみたが今かけている眼鏡と度数は変わらず左右ともに1.0まで見えるものにした。見ずらかったのはレンズの表面がはがれていたからだった。今日、新しいめがねを取りに行ってかけたが、見え方がまるで違う。

やはり新しいというのはいいことだ。このめがねでまた3年位は持つだろう。


試し読みできます

整体に行く

最近、首周りや肩がやたら凝るので、息子が通っている近所の整体院に行ってみた。

さっそく先生に診てもらう。

「う~ん。体が丸くなっていますね~。これでは筋肉が常に緊張してしまいます。骨というのは小さな立方体が積み重なって出来ており、それがくっついたような状態になっていますね」

そんな固くなっていたの?

「まず、小さな立方体ごとにばらばらにしていきましょう」

ということで60分、全身の整体を受けた。

終わった瞬間、すっきりしたような感覚があった。

「でも続けなければまた戻ってしまいます。最初のうちは1週間に1度位通ってみてください」

人生初整体はまた行って見たくなるような所だった。

 


試し読みできます

ジェイコム男って今どうしてるん?

そういえば昔株のデイトレーダーでジェイコム男っていましたね。あの人今どうしているんでしょうね。ちょっと気になります。

確かジェイコム株を誤作動させた機会を逃さず大もうけした人でした。

その人の特集番組を昔見たことを思い出しました。東京湾を一望できる港区に豪邸を構え、億単位の金を毎日動かしているのに、昼食はなぜか自宅近くの立ち食いそば屋で済ませ、あとはひたすら画面に向かう毎日。一体何が楽しくてこんな生活を続けているのだろうと当時は思っていました。しかし、今は違います。

まだまだ何かとお金がかかる私にとってジェイコム男のライフスタイルは理想的。でも元手となるお金があまりありません。しかも平日は外で働いているので一日画面に向かっているわけにもいきません。せいぜい帰宅して日経平均株価をチェックし、

売り、または買いを入れ、また翌日の夕方結果を待つ。これでいくしかありません。

サラリーマン生活も30年を超えましたがまだまだ辞めるわけにはいきません。

このスタイルでまずは100万円を目指して頑張りましょう。


試し読みできます

御岳山に行って来た

シルバーウィークの2日目の日曜日、思い立って奥多摩の御岳山に行ってきた。

最寄のバス停から吉祥寺まで20分、そこから中央線に乗り換えて青梅まで行き、

青梅線に乗り換える。終点の一つ手前の御嶽駅で下車。ここは昨年の秋、御岳渓谷を隣の沢井駅に向かって川沿いの道を散策したなじみのある駅でもある。しかし御岳山は小学校以来か。バスに揺られること10分。ケーブル下にあっさり到着。券売機で往復券1110円を購入。ケーブルに乗車する。連休とあって行楽客で大賑わいだが一番前の窓側の位置をキープ。ケーブルの斜度は印象では45度はあるかと思うほど急勾配だが、車内説明では最大25度だとのこと。6分で山頂駅

到着。駅前の広場からは都心方面への視界が広がっている。新宿の高層ビル群が遥か彼方に小さく見える。気持ちがいい風景である。ここからは御岳神社まで途中いくつもある宿坊を通り過ぎながらの散歩コースである。行楽客の年齢層は幅広く高齢者から私位の40~50代、若者のグループやカップル、子供連れの家族など様々である。犬を連れてきている人も多い。犬の散歩コースもあるのだ。道の両側には大きな石碑がずらりと並んでいて、そこに「練馬向山講」とか「練馬田柄講」など「○○講」と刻まれている。「講」とはなにか。高校時代、日本史の勉強で習った記憶があるが思い出せないので帰宅後、ネットで調べてみた。以下ウィキペディアからの引用である。「講(こう)とは、同一の信仰を持つ人々による結社である。ただし、無尽講など相互扶助団体の名称に転用されるなど、「講」という名称で呼ばれる対象は多岐に渡っている。」だそうだ。静寂な杉並木や都心方面の眺望。静かに時が流れていくのを感じる。有意義な1日だった。

 

 


試し読みできます

吉祥寺散策

シルバーウィークの或る日、吉祥寺へぶらりと行ってみた。自宅から最寄のバス停からバスに揺られること20分程で終点の吉祥寺駅に着く。連休中ということもあって街中は大勢の人で溢れかえっている。私はJR中央線のガードをくぐって井の頭公園方面へと歩いた。吉祥寺は若者が住みたい街ランキングで第1位に選ばれているそうだが何となく分かるような気がする。街の雰囲気が適当にオシャレなのだ。といって銀座や麻布ほど洗練されている訳ではない。庶民的な部分も併せ持っている。そして都内有数の知名度を持つ井の頭公園がある。この公園の中を歩いているとホッとする。豊かな緑に覆われ深い樹木と池のコントラスト。広場で群がる人々の中心には大道芸人がなにやら芸を見せて笑わせている。井の頭公園の森の奥には運動場やテニスコートもある。散策にはもってこいの場所である。



読者登録

浦 和市さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について