閉じる


<<最初から読む

3 / 82ページ

試し読みできます

第二章 いやがらせ

こころのうごきのために.


  1. Ничего не было
  2. 遥か彼方のソナタ
  3. つなぎとめる
  4. もつれる
  5. いやがらせ
  6. 限界
  7. ありふれた危機
  8. 淋しがり
  9. あなたへ、やさしく
  10. EASY
  11. さよならのうた
  12. 子どもたちは空へ
  13. 条件反射の組み合わせ
  14. 無力なことは
  15. エピタフ
  16. ぼくが殺したものたちは
  17. おもちゃ
  18. あさっての方向へ進路を取れ
  19. 断絶
  20. 天秤
  21. 飛ぶために必要な思想
  22. えらびとる
  23. しまいたいな
  24. ひとり

試し読みできます

第三章 誰かのせいにしてみよう

くちずさむうたのために.


  1. 想ひ出は尽きず
  2. 七転び八転び
  3. UNCHANGED MELODY
  4. 誰かのせいにしてみよう
  5. 憧れの異人館通り
  6. LITTLE BITTER DAYS
  7. きっと一人で歩いていける
  8. 助手席
  9. 空色
  10. 虹をくぐって

試し読みできます

第四章 昔の友達

しんじるもののために.


  1. なつかない猫と君のために
  2. 昔の友達
  3. 何もなかったように
  4. Hallucination #64
  5. 祈り
  6. 抱擁中毒
  7. でたらめの街
  8. Hallucination #68
  9. クドリャフカ
  10. 雪どけ
  11. 生きゆく弱さ
  12. コントラバス

試し読みできます

こどもたち



かさなりあいます
くっつきます
それだけで
すきとおります

ゆれうごきます
ころがります
それだけで
しあわせなのです

試し読みできます

やさしさのたまご



しあわせ の かたちづくるもの は
たいてい あいまい
かなしみ の のこしてゆくもの は
わすれられない

さみしさ を とじこめて
せめて やさしさ に かえてゆこう

よろこび の さししめすもの は
つねづね きまぐれ
にくしみ の こわしゆくもの は
ただひとつだけ

くるしさ を とじこめて
せめて やすらぎ に かえてゆこう


読者登録

なかむらしろまるさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について