閉じる


<<最初から読む

64 / 82ページ

試し読みできます

憧れの異人館通り



海ぞいの道行けば夢が鳴る 道折れ煉瓦の大通り
山高帽かぶった異人さん きれいな瞳のお嬢さん
今ひとたび歩めば思い出す 靴音かたかた石畳
いつかはるか昔の懐かしさ 聞こえてくるのは鐘の音

穏やかな日曜 楽しげな日常
今日はぼくらも仲間入り 憧れの異人館通り

波止場から吹く風は潮の味 微かに聞こえるざわめきよ
おいしい匂いのする市場から チャイナ服を着たコックさん
いろんな人たちが歩いていく のんびり気分の交差点
季節風に吹かれる亜細亜にも 不思議な世界が築かれる

穏やかな太陽 楽しげに生きよう
今日はぼくらも仲間入り憧れの異人館通り

試し読みできます

助手席



内緒の日曜日 わがまま言って
ふたり出かける 海まで二時間 ドライブ
助手席 君の顔 久しぶりだね
慣れた道でも 今日は楽しそうに見える

青春の続きが 終わり始めるこの頃
でも 泣いたことも 笑ったことも
景色のように流れてきた

季節を過ぎた 海辺の空高く
きっと ふたりは また 恋を繰り返す
夕空晴れて 宵闇延びてゆく
迷子になる前に手をつなごう

ふたつの人生が 重なったその日から
今 年を取って 振り返って
つらかったこともあったけれど

今日のふたりが いつかの夢だった
そしてこのまま ずっと 恋を続けてく
ヘッドライトが まっすぐ照らすのは
ほら ふたりがいつも笑える場所

いつでも助手席は きみのものだから
そこにはきっと 愛のかたちが残ってる
車を停めたら ドアを開ける前に
少し待って欲しい 渡したいものがあるんだ

試し読みできます

空色



きのうの夜はむらさき
おとといの朝はきまぐれ
そのまえのは… えっと,忘れた
瞳閉じて きっと 思い出せたなら
ただ 誰かに
届くあてのない口笛を吹く

ただいま ごきげんいかが
いくつもの世界を越えて
ぼくは今でも 歌っているよ
風の吹く丘で ひとりぼっち

あしたの昼はみずいろ
あさっての朝はうららか
そのさきには ちょっとかすれた
夢のなごり そっと 拾い集めたら
また 静かに
見えるはずのないきみに手を振る

やさしい水の流れは
いくつもの雪解け越えて
君の町にも 花を咲かすよ
ぼくもまた ここで笑ってるから

さよなら 手を振りながら
いくつもの時代を越えて
また会う日まで 歌っているよ
風の吹く丘で ひとりぼっち

風の吹く丘で 待っているよ

試し読みできます

虹をくぐって



今かすかに 雲が切れた 大きな荷物を脇に抱えて
暗い空が 明るくなる もうすぐぼくらの夢も晴れるさ
支えるもの守るもの信じたいもの
ここまで来れたならば それでうれしいよ

そうだね やまない雨はないって
あなたの歌で知ったよ ああ 今思い出した
まるで ぼくらの夢は虹のよう
たどりつけはしないけど ふっと 現われて消える

あの空へ

かたちのない ものでさえも 信じることができる ぼくらの強さ
昨日までの そのすべてが 確かな光になってゆくのさ
苦しいことつらいことわからないこと
いろいろあるけれども 今は楽しいよ

そうだね 雨が降らない場所には
虹が立つこともないのだと あなたは笑った
ほらね ぼくらの夢にもいつか
羽根が生えて飛び立つよ ああ 気づかないうちに 青空の上へ

走り出すぼくらはいつのまにか
安らぎながら輝きながら 進め

そうだね やまない雨はないって
あなたの歌で知ったよ ああ なにか懐かしい
まるで ぼくらの夢は虹のよう
たどりつけはしないけど ふっと 現われて消える

あの空へ 見えなくなるまで それでも揺るがない希望をめざして
新しい 約束をしよう 踏み出した今から虹をくぐり抜けて

あの空へ

試し読みできます

何もなかったように



傷ついたのは誰の心
癒されたのは誰の心
何もなかったように

騙されたのは誰の心
許されたのは誰の心
何もなかったように

何もなかったように
何もなかったように
還りゆくものだから

いつかは心やすらぎ
しあわせになれるよ
何もなかったように

試し読みできます

Hallucination #64



世界の悪いところいやなところがうじうじと蟲のように這い出てきて
この体を顔を腕を腹を首を指を爪を足を膝を脛をたぐるように嘗める
吐き気を催しながら喉を開けばどろどろとしたこの世界への嫌悪感が
はっきりと形になって心を蝕みさらに奥深く広がって離れられないで
ねっとりと責める重い空気が肺の中にまで押し入ってきて息苦しくて
身悶えしながらこの先まだ生きなくてはいけないというつもりですか
内蔵をえぐりえぐりかき混ぜられるようなもったりとした不安の中で
みんなみんな大嫌い不快感を押しつけて流れゆく世界がみんな大嫌い
この命の不気味さそして目から流れでる涙の生暖かさが気持ち悪くて

試し読みできます

でたらめの街



彼は頚を縊る瞬間
目を閉じたのだろうか
彼をさいなむ世界の総てを
見ずにすむようになったのだろうか

彼女は身を投げた時
口を開けたのだろうか
彼女の中に澱んで行った
心を全部吐き出せたのだろうか

君も家に帰り着けば
耳を塞ぐのだろうか
言葉も意志も空も水も嘘つきで
でたらめの街は時間だけが正しく過ぎて

ぼくは無機質な雑踏の中
誰にも届かないSOSの口笛を吹く
ぼくらが何も変えられないのなら
誰か代わりに生きてくれないかな

試し読みできます

Hallucination #68



目を閉じても目を開けても変わらない世界
暗くても明るくてもぼくはもう気にしない
ため息をつく胸の動きだけで広がっていく頭痛
薬や食事やラベル付きの時間が過ぎるのを待つ

決められたことを決められたようにやれない人びと
笑いたいように笑えないままに笑われていく
神様は見守ってくれる君だけの神様だけど
願いは妄想になってこの部屋の空気を満たす

から元気の看護婦たちは物のような人としてぼくらを扱い
少しずつぼくらは人のような物になっていく
閉じられた扉の隙間から吹くひんやりとした風だけが
この部屋に許された最後の世界へのあいさつ

はめ殺しの窓から空を飛ぶ空想をする
そんなことを話せば医者はまた困った顔をする

試し読みはここまでです。続きは購入後にお読みいただけます。

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格350円(税込)

読者登録

なかむらしろまるさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について