閉じる


<<最初から読む

10 / 82ページ

試し読みできます

聞こえろ



きこえろよ このこゑ はるか
かぜふく うみの もとへ

きこえろよ このこゑ とほく
わきたつ くもを ぬけて

うみにぞ いまし うみのぬし
そらにぞ いまし そらのかみ

さけび ねがひ ひびき いのり
このおもひ とどかせたまへ

いとわしきおもひ すてさせよ
きこえろよ わがこゑ
いやしきわがひがごころこそ
われほろぼしきゆゑんなれ

さけび ねがひ ひびき いのり
きこえろよ このおもひ とどかせたまへ

試し読みできます

よろこび



いろいろなかたちの
かなしみかたがある
あなたのかなしみを
わかってあげたくて

いろいろなかたちの
よろこびかたがある
あなたのよろこびを
わかってあげたくて

試し読みできます

とけあう/とけあわない



さらりとひかるはだのいろ
からだごとふれる

なみだがこぼれてくる
ぼくらはふたつだから

やわらかいむねにしずんで
きみにしみこみたい

だけどぼくらふたつだから
だからせめてひとつだけ

きみにとけこんだぼくを
うみなおしてくれるなら

こんどはもうすこしだけ
いいいきものになるよ

試し読みできます

どこでもないところへ



あのこはくるまにのせられて
どこでもないところへ

あのこはうまくやれなくて
じぶんのことができなくて
たすけてあげるといわれてて
しずかにくるまにのせられて

あのこはここでいきてきて
ここのことしかしらなくて
だけどもうまくやれなくなって
だれかにすがるしかなくなって

なんにもしらないとおいところへ
あのこにとってどこでもないところへ
おもいでだらけのここをはなれて
あのこにとってどこでもないところへ

さよならぼくはここにのこって
あのこのおもいでひろいあつめて
あのこがいったどこでもないところへ
はるになったらとどけてあげようか

試し読みできます

軋んだ世界は皆が頷かなかった方へと翳る



ひとひとりひとりずつであれば
だれもいじわるなんてしない
みんなやさしくしずかなままに
きっとやすらかにくらしたい

だれかをにくらしくおもうのはだれ
そのこえをがまんできないのはなぜ
だれもがなにもきずつけたくはないはずなのに
だれもなにもなかせたくなんかないはずなのに

はぐるまとほねとがきしむおとがする
きしんだようなだれかのこえももれる

だれかへむけてこぶしをかためるぼくたちのこころがかなしい
ことばでなぐりなぐられるくらいならぼくはまけたままでいい
めいよもかみさまもきまりごともなにもかもなくてかまわない
けんかするくらいならばぼくはほんとうのことなんていらない

試し読みできます

kano



そのちいさくとがった
あかりはとてもきよらかだから
つめたいなみだもかわかしてくれる

みなもをふねがすすみます
そのたびのゆくえをいのって
やみをひらくかがりびがともります
あかりはとてもきよらかだから

かなしみがとどかないばしょへ
さあまいりましょう
かなしみがとどかないばしょで
さあはじめましょう
すべてをわすれるうたを

そのちいさくとがった
あかりはとてもきよらかだから
ふれるものはすべて
かならずどこかをきずつけてしまう

いにしえのおどりのなかで
またたくひかりにとびこめば
よりよいものにうまれかわれるからね

試し読みできます

からんだーしゅ



ころ ころり こり
ころがる からんだーしゅ
こころ ころり きっと くるり
からんだーしゅ くる くるり

そら うらら ほら
ころがる からんだーしゅ
やだ からだ くらくら くら
からんだーしゅ ころ ことり

いっぽんのえんぴつをかじってみましょう
うすみどりのはっかがしみわたるでしょう

あら たまに また
ころがる からんだーしゅ
からだ くるる まわる おどる
からんだーしゅ ぽろ ぽとり


読者登録

なかむらしろまるさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について