閉じる


<<最初から読む

4 / 13ページ

怒るひと

________________________________________________________________________________

 

なぜ怒るのか

なぜ苛立つのか

 

怒るひと

苛立つひと

 

ほほ笑みをなくしたのは

わが子のせいですか

それとも

自分のせい

 

ほほ笑みは

おかあさんからの贈りもの

 

わが子を抱いたら

ほほ笑みがあふれ

 

わが子が笑うと

つられて笑うのです

 

(それなのに)

ほほ笑みをなくしたひと

(それなのに)

苛立つひと

 

あなたを求めるわが子

あなたを恋しがるわが子

 

あなたは大人です

あなたは親なのです

 

わが子には、ほほ笑みを

せめて恋くらい、してほしいのです


ふたご姉妹

________________________________________________________________________________

 

おなじ服

おなじ靴

おなじ髪

 

おなじものを揃えて

おなじことをしてやる

 

おなじじゃないと

やっかいだから

やっかいは、めんどうだから

 

おなじでいいなら

いつまでも

 

おなじでいいなら

にぎにぎしく

 

ふたごはなかよし

なかよしはしあわせ、ね

 


愛おしい生活

________________________________________________________________________________

 

この生活が愛おしい

こどものいる生活が愛おしい

 

愛おしさは

芯となって

核となって

 

真綿のようなかるさで

錨のようなおもさで

 

生活のささえとなり

家族のささえとなり

家庭のすがたとなる


五才の誕生日

________________________________________________________________________________

 

ほんのりとあまく

やんわりとしろい

 

もっちりとしっとりとした感触の

すこし汗のにじんでいるおでこに

くちびるをよせてみる

 

まだ、うぶげのような生え際の髪の毛が

わたしのほほにかかるとき、

あなたの匂いにつつまれる

 

(いつか)

ふれることさえもできなくなって

交わすことばも減ってしまうのでしょうか

 

てをのばせば

あなたにふれられるしあわあせ

 

もうすこし、だきしめていたい

 

おたんじょうび、おめでとう

五才をむかえ、おめでとう

 

うまれてきて、おめでとう

(うまれてきてくれて、ありがとう)

いきてて、おめでとう

(いきててくれて、ありがとう)


女ともだち

________________________________________________________________________________

 

女どうし

くるしみも

かなしみも

しっている味を分かちあい

 

さびしさも

つらさも

しっている味に澱みあう

 

すこしのからさを与えあい

ぼけた味をひきしめる

 

ふしあわせには支えあい

しあわせには大笑い

 

あなたとともだちでよかった

 



読者登録

清瀬ちこさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について