閉じる


<<最初から読む

3 / 15ページ

その3「先生、ダイビングって出来ますか?」

「先生、ダイビングって出来ますか?」
 と事務員の鶴さんが言った。
 なお、鶴さんは本当に鳥の鶴である。自然派弁護士として動物に人気の僕の、かつての依頼人だ。
「出来ないなー」
「じゃあ、練習してください。スナメリさんからのご依頼です。土地の権利関係の」
 僕、金槌なんですけど。

その4「あの泥棒猫っ!」

「聞いてくださいよ、先生! 女、人の旦那を寝取ったんですよっあの泥棒猫!」
 依頼人の猫さんが言う。
 僕は自然派弁護士、動物に大人気。
「はい、相談料」
 差し出される包み。
「これは?」
「鼠です。いい感じに脂がのってますよぅ」
 隙間からしっぽが見えた。
「持って帰ってくださいっ」 

その5「自然派弁護士は貴方だけとお思い?」

「すみません、相手方の犬さんの代理人になったので。双方代理が禁止されてる以上、猿さんの依頼は……」
「んま、ゼロワン地域の弊害ね!」

「その依頼、私が受けますわ」
 現れた美女。胸元の弁護士バッジ。
自然派弁護士は貴方だけとお思い?」
 は僕だけだと思ってた。なんか嫌だ。

その6「先生、これで我々同じ穴の狢ですね」

 お金にならない事件ばかり引き受けていたら、家賃の支払が厳しくなった。
「先生、私が格安で貸しますよ」
 と僕を自然派弁護士に導いた狸さんが言った。
「ここです」
 案内された洞穴。
「あ、こっち私が住んでるんですけど。先生、これで我々同じ穴の狢ですね」
 狢言いたいだけだろ。

その7 もう一人の自然派弁護士はヤメ検らしい。

 鶴さん情報によると、もう一人の自然派弁護士はヤメ検らしい。ってか、特捜にいたらしい。
「幼少期を過ごした山が開発で失われ、友達の動物がいなくなったそうです」
 それは、悲しい。
「あと、遺産で働かなくても平気だそうです。だから、この仕事できるんですね」
 やっぱりなんか嫌だ。

読者登録

小高まあなさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について