目次
はじめに
はじめに
iPhoneで音を活用する
iPhoneで音を活用する
iPhoneで録音する
iPhoneをCDプレーヤーにつなぐ
iPhoneをワイヤレスアンプにつなぐ
iPhoneでカラオケを流す
iPhoneと音響機器を無線でつなぐ
iPhoneで録音した音をCDに焼く
iPhoneで録音した音をパソコンに送る
iPhoneのカメラを活用する
iPhoneのカメラを活用する
ケーブルでiPhone4Sと教室のテレビをつなぐ
名刺を撮影して保存する
修学旅行で動画だけを撮る
マイクに気をつけて音楽発表会を録画する
画質を落として話し合い活動を録画する
音楽発表会の様子を速攻で編集する
調理実習の手順を録画する
無線でiPhone4Sと教室のテレビをつなぐ
iPhoneで撮った写真をPDFファイルにする
iPhoneでインターネットを活用する
iPhoneでインターネットを活用する
RSSリーダーで児童の活躍をチェックする
イースター島をGoogle Earthで見せる
登山の道のりをGPSで確認する
音声翻訳で国際交流をサポートする
「仰げば尊し」の歌詞を音声入力で検索する
iPhoneのアプリを活用する
iPhoneのアプリを活用する
始業式までにすることをメモする
一年前の登山の日程をメモから引っ張り出す
学芸会で必要な物をリマインダーにメモる
各国の時刻をiPhoneで一斉に表示する
歌声の大きさを測定する
スピーチの順番を抽選アプリで決める
全校合唱の歌詞をスクリーンに映す
劇の効果音をつくる
おわりに
おわりに
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

27 / 36ページ

始業式までにすることをメモする

異動して新しい学校に来たら、始業式までにする仕事も多少変わってきます。
周りの学級担任の動きをみながら、やったことをiPhoneにメモしていきました。
memo

一行目がそのままタイトルになるので、後で見返しやすいように一行目を書くのがポイントだと思います。

一年前の登山の日程をメモから引っ張り出す

親子登山という行事があった時のことです。
この行事に前年度
も関わっていたぼくは、登山の途中地点でのタイムをiPhoneのメモに記録していました。
IMG_0684

登山について、保護者と打ち合わせをしました。
「canpy先生、昨年はどのくらいの時間がかかりました?」
と質問されたので、iPhoneで当時のメモを引っ張りながら話すことができました。


記録をまめにとっておくことの大切さを実感しました。

学芸会で必要な物をリマインダーにメモる

学芸会で劇をした時のことです。
劇には、いろいろな物の準備が必要です。
衣装や小道具、大道具、バック幕や効果音など、次から次へと出てきます。
ぼくはそれらをiPhoneのリマインダーに記録していきました。
そして準備が整ったらチェックを入れていきました。
IMG_0672

ToDoリストやメモ書きは紙でもできるのですが、紙は散逸してしまうことが時々あります。
iPhoneだとそれがないので助かりました。

衣装や小道具のデザインに困ったら、iPhoneで画像検索をして資料を探せる点もよかったです。

各国の時刻をiPhoneで一斉に表示する

6年生の外国語活動の授業で、世界の国々には時差があることを学習した時のことです。
日本、北京、シドニー、モスクワ、ニューヨークなど8つの国々の人々へ今の時間をたずねる会話文を聞いて、その時刻を書き込んだり地図上からその地域を選んだりする活動を行いました。

英語ノートの指導を一通り終わった後、iPhoneの標準アプリにある世界時計をテレビに映し出しました。
IMG_0577-2

デフォルトは東京だけですので、地名を入れて検索し追加していきます。
IMG_0582-1-1

アメリカの場合は、「アメリカ」ではなく「米国」で検索するといくつかの地名が出てきます。
IMG_0584-1-1

この授業の間は、世界時計を映しっぱなしにしていました。
「秒針の動きが同じだ」
「黒いところは夜なのかな?」
と気づく子がいました。

時刻の違う時計を同時にいくつも表示できるのもiPhoneならではの技だと思います。

歌声の大きさを測定する

市町村の音楽発表会にぼくの学年が学校代表として出場することになり, 学年合同で合唱の練習をした時のことです。

歌の中で声を大きくする部分があります。
そこの音量をもう少し上げたいと思いました。

それで使ったのがdbVolumeというアプリです。
 
価格:無料
ジャンル:ミュージック

IMG_0433

はじめは何も言わずにアプリを起動させて、歌わせます。
「今の声は87デシベルです。」
次はiPhoneを掲げて画面を見せながら歌わせます。
声の大きさでバーが上下するので、モチベーションが上がります。
「93デシベルでした。やればできるじゃないですか。」
あとはiPhoneをポケットに入れます。
これ以上やると、大きな声を出すことだけに気が入って、肝心の歌声が乱れる恐れがあります。
音量を保ちつつ、きれいな歌声が出るように練習していきました。



読者登録

canpycanpyさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について