目次
はじめに
はじめに
iPhoneで音を活用する
iPhoneで音を活用する
iPhoneで録音する
iPhoneをCDプレーヤーにつなぐ
iPhoneをワイヤレスアンプにつなぐ
iPhoneでカラオケを流す
iPhoneと音響機器を無線でつなぐ
iPhoneで録音した音をCDに焼く
iPhoneで録音した音をパソコンに送る
iPhoneのカメラを活用する
iPhoneのカメラを活用する
ケーブルでiPhone4Sと教室のテレビをつなぐ
名刺を撮影して保存する
修学旅行で動画だけを撮る
マイクに気をつけて音楽発表会を録画する
画質を落として話し合い活動を録画する
音楽発表会の様子を速攻で編集する
調理実習の手順を録画する
無線でiPhone4Sと教室のテレビをつなぐ
iPhoneで撮った写真をPDFファイルにする
iPhoneでインターネットを活用する
iPhoneでインターネットを活用する
RSSリーダーで児童の活躍をチェックする
イースター島をGoogle Earthで見せる
登山の道のりをGPSで確認する
音声翻訳で国際交流をサポートする
「仰げば尊し」の歌詞を音声入力で検索する
iPhoneのアプリを活用する
iPhoneのアプリを活用する
始業式までにすることをメモする
一年前の登山の日程をメモから引っ張り出す
学芸会で必要な物をリマインダーにメモる
各国の時刻をiPhoneで一斉に表示する
歌声の大きさを測定する
スピーチの順番を抽選アプリで決める
全校合唱の歌詞をスクリーンに映す
劇の効果音をつくる
おわりに
おわりに
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

31 / 36ページ

歌声の大きさを測定する

市町村の音楽発表会にぼくの学年が学校代表として出場することになり, 学年合同で合唱の練習をした時のことです。

歌の中で声を大きくする部分があります。
そこの音量をもう少し上げたいと思いました。

それで使ったのがdbVolumeというアプリです。
 
価格:無料
ジャンル:ミュージック

IMG_0433

はじめは何も言わずにアプリを起動させて、歌わせます。
「今の声は87デシベルです。」
次はiPhoneを掲げて画面を見せながら歌わせます。
声の大きさでバーが上下するので、モチベーションが上がります。
「93デシベルでした。やればできるじゃないですか。」
あとはiPhoneをポケットに入れます。
これ以上やると、大きな声を出すことだけに気が入って、肝心の歌声が乱れる恐れがあります。
音量を保ちつつ、きれいな歌声が出るように練習していきました。


スピーチの順番を抽選アプリで決める

6年生の国語の時間に、スピーチをする学習をしたときのことです。
 保護者やスポーツの指導者などへの「感謝の思い」を書かせて、教室でスピーチをさせました。

スピーチの順番を決めるために抽選を行いました。
今回はiPhoneのアプリをテレビに映しながら行いました。

価格:無料
ジャンル:エンターテインメント


矢印にそってガラガラを回すと・・・
IMG_0965

ガラガラと音を立てながら回転して玉が飛び出します。
IMG_0966

玉に名前や色、音をつけておくと表示されます。
IMG_0967

設定画面はこうなっています。
壁紙やフォント、フォントサイズを調整することができます。
IMG_0956

各賞の設定画面です。
賞の名称を児童の名前に替えます。
IMG_0957-1
全員の玉が出て抽選が終わると以下のように表示されます。
IMG_0968

玉の色や音など、ちょっとした演出があるのがおもしろいです。


抽選アプリは他にもいろいろなタイプのものがあります。

 
価格:無料
ジャンル:エンターテインメント

丸いケースの中を乱れ飛ぶ三角くじをキャッチして開きます。
開発元がガラガラ抽選器と同じなので、設定の仕方も同じになっています。
IMG_0975

 
 
価格:無料
ジャンル:エンターテインメント

1台から6台までのルーレットを選び、矢を放って番号を表示します。
宝くじの抽選会でよく見るあれです。
IMG_0972

 
 
価格:無料
ジャンル:仕事効率化

順番を手っ取り早く決めるならこのアプリです。
演出なしでパッパとランダムに数字が出てきます。
履歴も残ります。
IMG_0969


価格:無料
ジャンル:エンターテインメント

あみだくじです。
体育で球技の対戦チームを決めるときに使ったことがあります。
IMG_0973

こうした小技アプリが多いのもiPhoneの魅力の一つですね。

全校合唱の歌詞をスクリーンに映す

全校児童による合唱をおこなった時のことです。
歌詞を表示することになったのですが、紙に書いて見せるとなるとかなり大きなサイズが必要になります。

この時はプロジェクタとiPhoneを使い、Keynoteで表示してみました。
 
価格:850円
ジャンル:仕事効率化

「がじゅまる」という歌で、歌詞が3番まであります。

音楽の担当者からWordファイルでもらった縦書きのデータをPDFファイルに変換して、iPhoneに送信します。
IMG_0284

PDFファイルをiBooksで開いてスクリーンショットを撮り、1番ごとにトリミングします。
iOS5ではトリミングが標準機能になっています。
スクリーンショットは、ホームボタンと電源ボタンを同時に押すことで、カメラロールに保存されます。
14

Keynoteを開いて、1番ごとにスライドに貼り付けます。
Keynoteは今のところ縦書きに対応していません。
14

曲の間にがじゅまるの画像を入れます。
BlogPaint

アニメーションモードでスライドが変わるときのトランジションを入れます。
IMG_0293

スローな曲なのでディゾブルにしてみました。
前のスライドのフェードアウトと同時に、次のスライドがフェードインしてきます。
IMG_0294

劇の効果音をつくる

学芸会の準備をしていた時のことです。
効果音が必要になりました。

「喜びの音」と「ショックの音」です。
以前なら効果音集のCDを使ったりフリーの音楽素材を探したりしたのですが、この時はiPhoneのガレージバンドを使って自分で作ってみました。
価格:450円
ジャンル:ミュージック

はじめに音源を選びます。
IMG_0555

楽器を選びます。鍵盤楽器には音色の違う6種類があります。
IMG_0557

電子ピアノにしてみました。
IMG_0558

設定をタップしてセクションの長さを設定します。
01091

短い効果音なので2小節で十分です。
01092

試行錯誤しながら作曲します。
01093

曲ができたら録音ボタンを押して録音します。
01095

録音完了。曲名をつけて保存します。
01096

iTunesかメールでPCに送ってCDやMDに録音します。
01098

こんな感じになりました。
劇の効果音-You Tube

車の中で人を待っている数分の間にできるのがiPhoneのいいところです。

おわりに

人事異動が決まり、春休みに教室の片付けを行いました。
ゴミを捨てに行こうとしたら、日が暮れて辺りが真っ暗になっていました。
iPhoneのアプリで足下を照らしながら歩きました。
 
価格:無料
ジャンル:ユーティリティ

光りっぱなしだけでなく、点滅させることもできます。
IMG_0062-1

タッチしているときだけ光り、指を離すと消えるということもできます。
モールス信号が送りやすいそうです。
IMG_0063

前任校で、最後の最後までiPhoneのお世話になりました。

新しい勤務地は離島の小規模校になりました。
この島は夜になると街灯も少なく、車の通りも非常に少なくて真っ暗になります。
引っ越しの初日、iPhoneを取り出して夜道を照らしながら歩きました。
空を見上げると、満天の星がかがやいていました。
iPhoneをロックして、しばらく夜空を眺めていました。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
95a53eb6
2012年4月2日 新しい勤務地で見た最初の朝日(iPhone4S)



読者登録

canpycanpyさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について