目次
はじめに
はじめに
iPhoneで音を活用する
iPhoneで音を活用する
iPhoneで録音する
iPhoneをCDプレーヤーにつなぐ
iPhoneをワイヤレスアンプにつなぐ
iPhoneでカラオケを流す
iPhoneと音響機器を無線でつなぐ
iPhoneで録音した音をCDに焼く
iPhoneで録音した音をパソコンに送る
iPhoneのカメラを活用する
iPhoneのカメラを活用する
ケーブルでiPhone4Sと教室のテレビをつなぐ
名刺を撮影して保存する
修学旅行で動画だけを撮る
マイクに気をつけて音楽発表会を録画する
画質を落として話し合い活動を録画する
音楽発表会の様子を速攻で編集する
調理実習の手順を録画する
無線でiPhone4Sと教室のテレビをつなぐ
iPhoneで撮った写真をPDFファイルにする
iPhoneでインターネットを活用する
iPhoneでインターネットを活用する
RSSリーダーで児童の活躍をチェックする
イースター島をGoogle Earthで見せる
登山の道のりをGPSで確認する
音声翻訳で国際交流をサポートする
「仰げば尊し」の歌詞を音声入力で検索する
iPhoneのアプリを活用する
iPhoneのアプリを活用する
始業式までにすることをメモする
一年前の登山の日程をメモから引っ張り出す
学芸会で必要な物をリマインダーにメモる
各国の時刻をiPhoneで一斉に表示する
歌声の大きさを測定する
スピーチの順番を抽選アプリで決める
全校合唱の歌詞をスクリーンに映す
劇の効果音をつくる
おわりに
おわりに
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

7 / 36ページ

iPhoneと音響機器を無線でつなぐ

音楽を使って体育館で授業をするときは、指導する場所と音響機器を行ったり来たりして操作をしないといけません。

CDプレーヤーならリモコンがついているので手元でも操作可能ですが、何曲もの音楽の中から1曲を選んだり、巻き戻しや早送りをするのは難しいです。

音響機器にAirMac Expressという機器を取り付ければ、体育館のどこからでもiPhoneのiTunesに入っている音楽を操作することができます。

 
MB321
AirMac Express Apple公式
AirMac Expressは、パソコンやiPhoneをインターネットや音響機器、プリンタなどとワイヤレスでつなぐ機器です。


1 初期設定をする
パソコンで事前に初期設定をする必要があります。
設定はMacでなら自宅のインターネットケーブルにつなぐとほぼ自動的に行ってくれます。

2 AirMac Expressと音響機器をつなぐ
設定のすんだAirMac Expressをミニステレオジャックで音響機器とつなぎます。
IMG_1202

iPhoneのiTunesを起動すると、右下にAirPlayマークが出てきます。
 IMG_1210

3 AirPlayを有効にする
ここをタップすると、AirMac Expressに音を飛ばすか聞いてきます。
IMG_1211

AirMac Expressをタップして、AirPlayボタンが青くなれば接続完了です。
 IMG_1212

運動会や学芸会など、広い場所で指導をするときに重宝します。

iPhoneで録音した音をCDに焼く

iPhoneのボイスメモで録音した音をCDに焼く方法を紹介します。


1 パソコンのiTunesに同期する
パソコンとiPhoneをケーブルでつなぎ、iTunesを立ち上げます。

ここで重要なのが、「ミュージックの同期」で、「ボイスメモを含める」にチェックを入れることです。
1

同期をすると、「ボイスメモ」というプレイリストに録音したデータが入ります。
2

2 プレイリストを作る
CD用に新規のプレイリストを作成します。
3

作成したプレイリストに、ボイスメモを追加します。
5

追加されました。
6

3 CDを入れて焼く

あとは空のCDを入れて、「プレイリストからディスクを作成」でOKです。
7


iPhoneが機器と直接つなげるのであれば、CDを焼く機会はかなり減ります。


iPhoneで録音した音をパソコンに送る

iPhoneで録音した音源ファイルをWeb上に保存しておくと、パソコンや他のスマートフォンでも活用することができます。

Web上でさまざまなファイルの保存ができるサービスの代表格がDropboxです。
 
価格:無料
ジャンル:仕事効率化

Dropboxをインストールした後、アカウントを作成すれば他の機器からWeb上の自分のフォルダを操作することができます。

しかし、iPhoneのボイスメモからはDropboxに送信することができません。

そこで、Dropboxに対応したVoiceRecorderHDという録音アプリを利用します。
 
価格:85円
ジャンル:ビジネス

操作はボイスメモ同様、シンプルです。
IMG_1192

「ボイスメモ」を選んで送信ボタンをタップし、Dropboxをタップします。
IMG_1193-1IMG_1194

これでDropboxのサーバーに保存されました。
パソコンなどでサーバーにログインして音声ファイルを聞いたり加工したりすることができます。
VoiceRecorderHD

複数のアプリを組み合わせることで、iPhoneの使い勝手はさらに増します。

iPhoneのカメラを活用する

撮影も編集も、iPhoneならこれ一台でできます。
また、AirPlayミラーリングという機能によって、テレビやプリンタと無線でつながることもできます。

 ケーブルでiPhone4Sと教室のテレビをつなぐ

 名刺を撮影して保存する

 運動場の中心でiPhoneのカメラを回す

 修学旅行で動画だけを撮る

 マイクに気をつけて音楽発表会を録画する

 音楽発表会の様子を速攻で編集する

 調理実習の手順を録画する

 無線でiPhone4Sと教室のテレビをつなぐ

 AirPlayで合唱している自分と向き合わせる

 iPhoneで撮った写真を印刷する

 iPhoneで撮った写真をPDFファイルにする

ケーブルでiPhone4Sと教室のテレビをつなぐ

iPhone4Sの小さな画面を大きなテレビの画面に映して授業で使うには、デジタルAVアダプタという機器が必要です。
MD098
デジタルAVアダプタ Apple公式

カメラを使って実物投影機の代わりにもなりますし、撮影した写真や動画を見せることもできます。

1 アダプタとHDMIケーブルをつなぐ
アダプタのHDMI端子にケーブルを差し込みます。


2 iPhone4Sとテレビをつなぐ
iPhoneのDockコネクタにケーブルを差し込みます。

3 テレビのHDMI端子に差し込む
テレビの裏面か側面にHDMI端子がありますので、そこに差し込みます。
そしてテレビの入力切替を「HDMI」にします。

4 10秒待つ
ケーブルを接続して10秒ほどしたら、テレビの画面にiPhone4Sの画面がそのまま映し出されます。


音もテレビのスピーカーから出てきます。
Webサイトやアプリの画面もそのまま映し出すことができるので、授業でもいろいろな活用の仕方が考えられます。


読者登録

canpycanpyさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について