閉じる


5月7日のおはなし「回転の途中」

 風景がひっくり返って、青空がおれの足元に広がり、明るい朝日を浴びた屋根や教会の尖塔がやけに目にもくっきりと飛び込んできた。本当は横転しながらとらえた情景なので一瞬しか見ていないはずだが、そのまま静止してしまったように思われた。いまでもその時のことを思い出すとその光景がありありと思い出される。
「死に損なったな」
 病院に見舞いに来た級友たちにそう言われたので「そうか死に損なったのか」と思ったが、自分ではあまりそんな意識はない。ただ自分の足先に広がる青空と、何もかもが明るくまぶしくカラフルに輪郭を際立たせて迫って来る風景のことを思い出すだけだ。そこでは空気は爽やかに澄んで、台風が過ぎた朝の異国めいた香りがかすかに漂う。

     *     *     *

 警察の人間が何回か訪ねてきて事故当時の様子を聞き出そうとしたが、おれには何を言っているのかさっぱり分からなかった。その時おれはそれまでのおれのことを全く何も覚えていなかったのだ。唯一覚えているのがひっくり返った光景だけで、その他は自分が誰で、どこに住んでいて、家族は何人で、いま何歳で、何をしているのか、全く思い出せなかった。だからどうして横転事故に巻き込まれることになったかなんて経緯は知るはずもない。

 見舞いに来てくれる級友たちのことも誰一人わからなかった。たくさん来るのだから一人くらい思い当たる人がいるかと思ったがダメだった。先生も、ガキの頃からの近所の友達も、全然誰だか分からない。母親に教えられて学校の関係者の顔と名前を覚え直し、親しかったという古い友人について復習し、教えてくれる母や父や妹について脳に刻み込んだ。

 不思議と不安はなかった。

 あの光景以外はまっさらになってしまったおれの脳みそは、いろいろなことを覚えることを喜んでいるようだった。それは身体が回復して退院し、学校に通うようになってからも同じだった。授業は面白かった。どの教科も最初は何を言っているのかさっぱり分からなかったが、そのあまりのわからなさがおかしくておかしくてたまらなかった。おれはほとんど噴き出しそうな顔をしていたに違いない。あまりにも幸福そうな顔をしているからか、どの先生もおれの方を向いて話しかけるようになった。そりゃあ、目がキラキラしている生徒の顔を見ていた方が教える方だって気分がいいんだろう。

 やがておれはどんな人にでもなれることに気づいた。セリフを用意して、それなりのシチュエーションを用意すれば、生真面目なガリ勉タイプでも、おとなしい引っ込み思案タイプでも、女の子に歯の浮くようなことを連発で言う軟派タイプでも、やろうと思えば何でもできたし、何をやっても楽しくて仕方がないので緊張することもなかった。それでおれは進学した大学で演劇部に入って役者になった。劇団の女優のほとんどと付き合ってそれがばれてやめさせられたけど、それでもおれはそのことも面白がった。

 やめさせた奴らを見返してやろうとか、そこまで考えていたわけじゃないが、プロの劇団に飛び込んで、早い段階でチャンスに恵まれて、舞台だけでなく映画やテレビにも出演できるようになって、まあ後はみなさんご承知の通り。写真週刊誌や夕刊紙やスポーツ紙のいいカモになってるのも、まあだいたい事実の報道だ。本当にひどいでっち上げの記事はごく一握りだ。後で調べたらあの記事を書いた記者はおれが一時付き合ってたアイドルの大ファンだったらしい。記者も記者だけどそれを通すデスクもどうかしているよね。

 なんでこんな話をしてるのかって? わからない。ただね、おれは思うんだ。いつかあそこに戻るんじゃないかって。あの瞬間に。天地がひっくり返った光景を眺めていたあの瞬間に。あのさ、鋭いことを言う人がいたんだ。学生劇団をやめさせられた後もしばらく、劇団の二学年上の制作の女性と付き合っていた。この人が言った。「どこにいるのかわからないのよ」ってね。
「本当のあなたがどこにいるのかわからない」

 それどういうこと?と尋ねたら、「舞台でのあなたの演技はとても真実味があるけれど、現実のあなたは何を言っても全部がつくりものみたいに嘘っぽく感じられる」だってさ。それはね、もう全くその通りなんだ。なぜならおれはあの日のあの事故以来、からっぽだからだ。本当のおれと呼べるのは天地がひっくり返ったあの瞬間の映像だけ。あとは全部、その場その場でつぎはぎしたものばかりだ。

「嘘と演技か」
 おれがつぶやくと、ほらそれがもうセリフくさいのよと、その人は笑いもせずにタバコの煙を吹き上げた。その途端、急にあの光景が浮かんできた。宙で渦をまくタバコの煙に触発されたのかもしれない。静止していた風景が、煙と一緒に回転を始めたような気がした。このままおれは自分や周りの乗客が投げ出される様子を全て思い出して、なぜそのトラックに乗ったのかも、どこに行こうとしていたのかも思い出すんじゃないかと思えた。でもその前に煙は消えた。

 いつかまたそういうことが起きる気がする。その時にはそのまま風景が回り続けて、目が覚めたらおれはまだ高校生で、そこはまだ事故現場で、頭を抱えて道端に座ってるんじゃないかってね。それか、病院のベッドで見舞いに来た奴らに「死に損なったな」なんて言われてるんじゃないかって。え? 嘘っぽいって? まあな。まあ、そうかもしれんな。でもそうでなければ、おれはあの日以来ずーっと演技をし続けていることになっちまうんだよ。

(「嘘と演技」ordered by せごえ(水頼走戌) -san/text by TAKASHINA, Tsunehiro a.k.a.hiro)

感謝の言葉と、お願い&お誘い

 Sudden Fiction Project(以下SFP)作品を読んでいただきありがとうございます。お楽しみいただけましたでしょうか? もしも気に入っていただけたならぜひ「コメントする」のボタンをクリックして、コメントをお寄せください。ブクログへの登録(無料)が必要になりますが、この機会にぜひ。


 「気に入ったけどコメントを書くのは面倒だ」と言うそこのあなた。それでは、ぜひ「ツイートする(Twitter)」「いいね!(Facebook)」あたりをご利用ください。あるいは、mixi、はてな等の外部連携で「気に入ったよ!」とアピールしていただけると大変ありがたいです。盛り上がります。


5つで、お気に入り度を示すこともできるようですが、面と向かって星をつけるのはひょっとしたら難しいかも知れませんね。すごく気に入ったら星5つつける、くらいの感じでご利用いただければ幸いです。


 現在、連日作品を発表中です。201171日から2012630日までの366日(2012年はうるう年)に対して、毎日「11篇のSFP作品がある」という状態をめざし、全作品を無料で大公開しています。公開中の作品一覧


 SFP作品は、元作品のクレジットをきちんと表記していただければ、転載や朗読などの上演、劇団の稽古場でのテキスト、舞台化や映像化などにも自由にご活用いただけます。詳しくは「Sudden Fiction Project Guide」というガイドブックにまとめておきました。使用時には、コメント欄で結構ですので一声おかけくださいね。


 ちょっと楽屋話をすると、71日にこのプロジェクトを開始して以来、日を追うごとにつくづく思い知らされているのですが、これ、かなり大変なんです(笑)。毎日1篇、作品に手を入れてアップして、告知して、Facebookページなどに整理して……って、始める前に予想していたよりも遥かに手間がかかるんですね。みなさんからのコメント、ツイート(RT)、「いいね!」を励みにがんばっていますので、ぜひご協力お願いいたします。


 読んでくださる方が増えるというのもとても嬉しい元気の素なので、気に入った作品を人に紹介して広めていただけるのも大歓迎です。上記Facebookページも、徐々に充実させてまいりますので、興味のある方はリンク先を訪れて、ページそのものに対して「いいね!」ボタンを押してご参加ください。


 10月からは「11篇新作発表」の荒行(笑)を開始し、55作品ばかり書き上げる予定です。「急募!お題 この秋Sudden Fiction Project開催します」のコメント欄を使って、読者のみなさんからのお題を募集中です。自分の出したお題でおはなしがひとつ生まれるのって、ぼくも体験済みですが、かなり楽しいですよ! はじめての方も、どうぞ気軽に遠慮なくご注文ください(お題は頂戴しても、お代は頂戴しないシステムでやっています。ご安心を)。


 こんな調子で、2012630日まで怒濤で突き進みます。他にはあんまりない、オンラインならではの風変わりな私設イベントです。ぜひご一緒に盛り上がってまいりましょう。


奥付



回転の途中


http://p.booklog.jp/book/49735


著者 : hirotakashina
著者プロフィール:http://p.booklog.jp/users/hirotakashina/profile


感想はこちらのコメントへ
http://p.booklog.jp/book/49735

ブクログ本棚へ入れる
http://booklog.jp/item/3/49735



公開中のSudden Fiction Project作品一覧

http://p.booklog.jp/users/hirotakashina




電子書籍プラットフォーム : ブクログのパブー(http://p.booklog.jp/
運営会社:株式会社paperboy&co.



この本の内容は以上です。


読者登録

hirotakashinaさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について