目次
3年目(2007年~2008年)
労働保険の仕訳
予定納税減額申請1
予定納税減額申請2
個人事業税納税通知書1
個人事業税納税通知書2
年末調整
償却資産申告
平成19年確定申告の準備
平成19年確定申告の準備2
平成19年確定申告の準備3
平成19年確定申告の準備4
平成19年確定申告の準備5
平成19年確定申告の準備6
4年目(2008年~2009年)
eLTAX利用開始の準備1
eLTAX利用開始の準備2
eLTAX利用開始の準備3
eLTAX利用開始の準備4
eLTAX利用開始の準備5
eLTAX利用開始の準備6
年末調整を12月中にやってみた
年末調整を12月中にやってみた2
年末調整を12月中にやってみた3
所得税源泉徴収簿について
給与支払報告書の提出
eLTAXからのお知らせが届いた
償却資産(固定資産)の申告をeLTAXで申告してみた
償却資産(固定資産)の申告をeLTAXで申告してみた2
e-Taxで源泉税納付
e-Taxで源泉税納付2
e-Taxで源泉税納付3
確定申告の準備
確定申告_青色申告決算書作成
確定申告_青色申告決算書作成2
確定申告_青色申告決算書作成3
確定申告_青色申告決算書作成4
確定申告_青色申告決算書作成5
確定申告_所得税の確定申告書作成
確定申告_消費税及び地方消費税
確定申告_消費税及び地方消費税2
5年目(2009年~2010年)
労働保険 年度更新 申告書作成1
労働保険 年度更新 申告書作成2
労働保険 年度更新 申告書作成3
労働保険 年度更新 申告書作成4
個人事業主必見_固定費の支払いについて
公共料金はポイント2倍のクレジットカード
家賃をクレジットカードで支払えば…
家賃が支払えるクレジットカード
100円で1ポイントのクレジットカードでお得
年末調整の準備
償却資産(固定資産)の申告_22年度_1
償却資産(固定資産)の申告_22年度_2
償却資産(固定資産)の申告_22年度_3
eLTAXで給与支払い報告1
eLTAXで給与支払い報告2
青色申告後の還付金の仕訳
信用保証料の仕訳
法定調書の作成1
法定調書の作成2(給与の法定調書合計表)
法定調書の作成3(不動産の使用料等)
法定調書の作成4(不動産の使用料等)
法定調書の作成5(不動産の合計表)
消費税の中間納付時の仕訳_税抜き会計の場合
還付加算金について
消費税の決算仕訳
受取利息の仕訳_個人事業主の場合
電子申請した固定(償却)資産の訂正
労働保険の仕訳
労働保険摘要徴収電子申請ソフトでの確認方法
e-TAXソフトでの確認方法
源泉所得税の誤納額の還付請求
従業員から預かった源泉所得税誤納について
平成21年度の確定申告の準備
平成21年度確定申告_青色決算書作成1
平成21年度確定申告_青色決算書作成2
平成21年度確定申告_損益計算書
平成21年度確定申告_貸借対照表(資産負債調)
平成21年度確定申告_所得税の確定申告書作成1
平成21年度確定申告_所得税の確定申告書作成2
平成21年度確定申告_消費税の確定申告書作成1
平成21年度確定申告_消費税の確定申告書作成2
確定申告送信後に誤りが分かった場合
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

74 / 82ページ

平成21年度確定申告_青色決算書作成2

(つづき)

事前セットアップが完了し、トップ画面に戻ってきた。

先ほどの事前確認画面に戻り、最後のチェック項目であるポップアップブロックの解除。

年々PCのセキュリティが厳しくなり、何かソフトを使おうとすると不具合が発生することが多々ある。

面倒でもマニュアルを見ながら順を追って作業することにしている。

急がば回れというやつだ。

さて、やっと「次へ」を押すと、「電子申告を行う際の確認事項(登録編)」に。

e-TAXは活用済みなので、「?電子証明書の登録が済んでいる方」を押す。

「住所等入力」画面になった。どうやら前年度の情報引き継ぎはできないようだ。

次は「申告書等作成開始」なので「収支内訳書・青色申告決算書」を選択。

データの保存を進めるダイアログが表示されたので、キャンセルして、画面下の方にある「データの保存」を押すと別ウィンドウが開き保存。

e-TAX関連のファイル専用フォルダに保存。

この画面は閉じて、改めて「収支内訳書・青色申告決算書」を押すと、「作成開始」画面。

ここで前年度のデータを読み込めるようだ。良かった。

読込の画面で先のフォルダに保存しておいた「20年決算書等データ.data」を開き、読込。

表示された項目を全て取り込むことに。

年々取り込める項目が増えて助かるなぁ。

次は「提出方法等選択」。「電子申告により税務署に提出する。 」と「青色申告決算書を作成する」を選択して次へ。

「青色申告決算書(一般用) 「営業等所得がある方はこちら」」には、前年のデータが読み込まれているので、「編集」が表示されている。

ようやく次が損益計算書の作成だ。

(つづく)


2010.02.22 Mon


平成21年度確定申告_損益計算書

(つづき)

青色決算書の損益計算書までたどり着いた。

ここで確定申告の準備で使ったエクセルシートを開き、売上と仕入金額を転記。

会計ソフトの損益計算書を開き、期首商品棚卸以下を転記。

減価償却費をクリック。

一覧の「修正」を押し、償却月などを入力し「次へ」を押して一覧の画面に戻ると、本年の減価償却費が計算されている。

今年は10万以上20万未満のパソコンを購入した。

今年1月の固定(償却)資産の申告をした際、3年均等割りの償却資産として計上することを条件に固定資産として申告しなかった経緯がある。

そのため今回の減価償却の入力画面の「1.減価償却資産の種類等」では「一括償却資産」を選択。

しかし、このドロップダウンボックスにある「中小企業者の特例対象資産」が気になったので調べてみるが、やはり今回のケースでは一括償却資産で減価償却額を計算するのが良いみたいだ。

「減価償却資産の内訳」にある、本年の減価償却費の数字を会計ソフトに入力。

「平成21年分 決算書・収支内訳書作成コーナー」の「青色申告特別控除前の所得金額」と会計ソフトの当期未処分損益が一致していることを確認してデータ保存して次へ。

今年は赤字にはならなかったものの、税金を払う必要がないようだ。

(つづく)

2010.02.23 Tue


平成21年度確定申告_貸借対照表(資産負債調)

(つづき)

「帳票選択(青色申告決算書一覧)」で次へ。

「青色申告特別控除」で「65万」「作成する」を選択して「次へ」を押したら「貸借対照表(資産負債調)」が表示されると、期首の金額が入力されていた。

初めてのことかもしれない。楽になったものだ。

会計ソフトの残高試算表を出して、期首の金額を確認しながら期末の金額を転記。

借方、貸方共に一致で保存。

会計ソフトに事業主勘定の決算仕訳を入力。

元入金××/事業主貸××
事業主借××/元入金××  
当期未処分損益××/元入金×× にして、摘要は青色申告控除前にした。

「平成21年分 決算書・収支内訳書作成コーナー」に戻り、所得金額の確認画面の後、住所等を入力する画面に。

「電子申告用データの保存」の画面で、利用者識別番号を入力して「電子申告用データの保存」。

「次へ」を押して「電子申告用データ内容確認(決算書等)」にある「選択帳票の表示」を押すと、PDFとして決算書表示されるので、e-TAX関連のフォルダに保存した。

これがあると提示を求められた時、簡単に出せるので大変便利である。

「電子申告用データ保存後に行う作業」を確認して「次へ」進むと「ご利用ありがとうございました」の画面になって、青色決算申告書の作成は完了である。

(つづく)

2010.02.24 Wed


平成21年度確定申告_所得税の確定申告書作成1

(つづき)

平成21年分 確定申告書等作成コーナー」のトップページに戻り、今度はグレイの枠内の「申告書の作成を途中で中断した方はこちら」をクリック。

「平成21年分の作成コーナーの確定申告書データ等の読込画面表示」で「申告書等作成準備」をクリックして、先ほど保存した「21年申告書等作成準備データ.data」を開き読み込む。

次は「所得税の確定申告書作成コーナー」だ。

前年のデータがあるので、右下の「前年以前のデータを読み込む方はこちら」にある、「確定申告書データ読込」をクリック。

e-TAX関連のファイルを保存しているフォルダから、「20年所得申告データ.data」を読み込む。

全ての項目にチェックを残したまま、「電子申告により税務署に提出する。」を選んで読込。

次の画面で「税務署から青色申告の承認を受けていますか?」という質問がある。初めてみた。

最近はどうかしらないけれど、開業した17年に出したときは、何か承認するというような文書は届かなかった。

これがみなし承認というものらしい。

次へ進むと「所得・所得控除等入力」に。

会計ソフトを開き、売上金額を「事業所得」画面の「収入金額」欄に、「所得金額」は「青色申告特別控除後の金額」を入力。

事業以外に収入はなく、今回は所得金額が0になってしまったので、各控除金額は入力しておく必要はないが、社会保険料だけ入力しておいた。

また、扶養控除がひとりいたが、妻の確定申告で控除することにしたため、入力されていたデータはクリアした。

青色申告特別控除額は、65万円と入力。

納める税金が0であることを確認してデータ保存。

(つづく)


2010.02.25 Thu


平成21年度確定申告_所得税の確定申告書作成2

(つづき)

次は「住民税等入力」。

表示された項目をクリックするも、特に入力する項目はなく次へ。

戻ってきた画面の次は、「住所・氏名等入力」で、空いている項目を埋めて次へ。

「送信準備(送信前の申告内容確認)」になったので、「送信前の申告内容確認」を押してPDFファイルをe-TAX関連のファイルを格納しているフォルダに保存した。

ファイル名は「21年申告書送信前」にしておいた。

次は「送信準備(利用者識別番号等の入力)」になった。

「利用者識別番号」の入力が必要なので、e-TAXソフトを起動させ、メッセージボックスをクリック。

すると「利用者識別番号」が表示されたダイアログボックスが表示されるので、これをコピペ。

データの送信だが、この「平成21年分 所得税の確定申告書作成コーナー」から先ほど作成した申告書と一緒に送ることにした。

よって「決算書等の送信(任意入力)」の「決算書や支払者から電子交付(xmlデータ)を受けた源泉徴収票などを一緒に送信する。」にチェックを入れて次へ。

すると、「保存を行っていない可能性があります」とのメッセージが出たので、ダイアログはキャンセルしてデータを保存した。

「送信準備(同時に送信する決算書等データの選択) 」になった。

「参照」を押し、e-TAX関連のファイルを格納しているフォルダから「21年決算書等電子申告用データ.xtx」を選択し、次へ。

「申告書送信」になった。

ICカードを読み込んで署名をつけ、即時通知の保存や受信通知のダウンロードと保存全てを行う。

ここでも「入力データの保存」をしておき次へ。

「送信票兼送付書等印刷」になったので、「印刷画面の表示」を押し、PDFファイルをe-TAX関連のファイルを格納しているフォルダに、ファイル名を「21年申告書送信後.pdf」にして保存した。

このPDFに受付日時が印字されているので、確定申告をした証になるわけだ。

今e-TAXソフトのメッセージボックスを開いたところ、先ほど受信したメッセージを確認できた。

「所得税の確定申告書作成コーナー」で、通知等保存やダウンロードし忘れていてもここから可能ということだ。

ちなみに、先ほど保存したPDFファイルは、編集できないようセキュリティがかかっているが、電子申告したことの証明も必要という場合には、e-TAXソフトのメッセージボックスにある受信通知を開くと、右端に「交付請求」というボタンがあるのでこれを押せば良いのかもしれない。

手数料を取られると嫌なので、まだ試したことはないが。

さて、「所得税の確定申告書作成コーナー」に戻ると、「決算書等帳票の表示」があるので押し、次画面で「選択帳票の表示」をクリックすると、「電子申告データの内容を表示しています」と印字された青色申告決算書が表示された。

決算書の提示を求められた場合は、これを印刷すれば良いのだなということで、ファイル名を「21年決算書等_送信後.pdf」にして保存した。

「送信後の確認事項」では、納付も添付書類もないので、次へ。

「ご利用ありがとうございました。」の画面になった。

確定申告の元になった書類は、確定申告期限から3年間保存しておかないといけないようだ。

もし提示できなければなかったものとされてしまとのこと。

これで所得税の確定申告はおしまい。

次は消費税の確定申告だ。



2010.02.27 Sat



読者登録

松さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について