目次
3年目(2007年~2008年)
労働保険の仕訳
予定納税減額申請1
予定納税減額申請2
個人事業税納税通知書1
個人事業税納税通知書2
年末調整
償却資産申告
平成19年確定申告の準備
平成19年確定申告の準備2
平成19年確定申告の準備3
平成19年確定申告の準備4
平成19年確定申告の準備5
平成19年確定申告の準備6
4年目(2008年~2009年)
eLTAX利用開始の準備1
eLTAX利用開始の準備2
eLTAX利用開始の準備3
eLTAX利用開始の準備4
eLTAX利用開始の準備5
eLTAX利用開始の準備6
年末調整を12月中にやってみた
年末調整を12月中にやってみた2
年末調整を12月中にやってみた3
所得税源泉徴収簿について
給与支払報告書の提出
eLTAXからのお知らせが届いた
償却資産(固定資産)の申告をeLTAXで申告してみた
償却資産(固定資産)の申告をeLTAXで申告してみた2
e-Taxで源泉税納付
e-Taxで源泉税納付2
e-Taxで源泉税納付3
確定申告の準備
確定申告_青色申告決算書作成
確定申告_青色申告決算書作成2
確定申告_青色申告決算書作成3
確定申告_青色申告決算書作成4
確定申告_青色申告決算書作成5
確定申告_所得税の確定申告書作成
確定申告_消費税及び地方消費税
確定申告_消費税及び地方消費税2
5年目(2009年~2010年)
労働保険 年度更新 申告書作成1
労働保険 年度更新 申告書作成2
労働保険 年度更新 申告書作成3
労働保険 年度更新 申告書作成4
個人事業主必見_固定費の支払いについて
公共料金はポイント2倍のクレジットカード
家賃をクレジットカードで支払えば…
家賃が支払えるクレジットカード
100円で1ポイントのクレジットカードでお得
年末調整の準備
償却資産(固定資産)の申告_22年度_1
償却資産(固定資産)の申告_22年度_2
償却資産(固定資産)の申告_22年度_3
eLTAXで給与支払い報告1
eLTAXで給与支払い報告2
青色申告後の還付金の仕訳
信用保証料の仕訳
法定調書の作成1
法定調書の作成2(給与の法定調書合計表)
法定調書の作成3(不動産の使用料等)
法定調書の作成4(不動産の使用料等)
法定調書の作成5(不動産の合計表)
消費税の中間納付時の仕訳_税抜き会計の場合
還付加算金について
消費税の決算仕訳
受取利息の仕訳_個人事業主の場合
電子申請した固定(償却)資産の訂正
労働保険の仕訳
労働保険摘要徴収電子申請ソフトでの確認方法
e-TAXソフトでの確認方法
源泉所得税の誤納額の還付請求
従業員から預かった源泉所得税誤納について
平成21年度の確定申告の準備
平成21年度確定申告_青色決算書作成1
平成21年度確定申告_青色決算書作成2
平成21年度確定申告_損益計算書
平成21年度確定申告_貸借対照表(資産負債調)
平成21年度確定申告_所得税の確定申告書作成1
平成21年度確定申告_所得税の確定申告書作成2
平成21年度確定申告_消費税の確定申告書作成1
平成21年度確定申告_消費税の確定申告書作成2
確定申告送信後に誤りが分かった場合
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

70 / 82ページ

源泉所得税の誤納額の還付請求

帳簿を確認していたら、1月に納付した源泉税がやけに多い。

半年分の納付で良いところを、1年分納めていた。

給与台帳を元に納付書を作成しているのだが、誤って合計欄(一年分)を元に計算してしまったからだった。

以前一度やったことがあるので、ブログを調べてみたが、具体的なことをあまり書かれていなかったので、改めて記録。

従業員から預かった源泉所得税を納めすぎた場合は、「源泉所得税の誤納額の還付請求」をする。

[提出時期]
特に定められていませんが、納付した日から5年間の間に提出しないと、時効により請求権が消滅します。

[提出方法]
還付請求書を作成し、添付書類とともに、提出先に持参又は送付してください。

[添付書類・部数]

1.還付を受けようとする税額を納付した際の徴収高計算書の写し 1部

2.誤納額が生じた事実を記載した帳簿書類の写し(例−総勘定元帳の「預り金」勘定部分など) 1部

[申請書様式・記載要領]

これも当然e-TAXで電子申請だ。

1.「e-TAXソフト」を起動して「作成」、「申告・申請等」、「新規作成」
2.「申請・届出(A)」、税目は「源泉所得税」
    
もし、これがなかったらソフトを閉じて再起動する。途中のダイアログで「追加インストール」を選んで追加すればよい。

3.「次へ」
4.「その他申請・届出関係」、「源泉所得税の誤納額還付請求」を開き、現れた請求書にチェックを入れて「次へ」

4.申告・申請等名を決めて「OK」

5.今決めた帳票名が一覧に表示されるのでダブルクリックして開いていく。

6.源泉所得税の誤納額還付請求書(PDFファイル/658KB) の2枚目の注意事項を確認しながら項目を埋める。

7.電子納税したため、納付書の控えがない。よって納付区分を調べる。

8.一度この請求書を閉じ、「メッセージボックス」からこの手続のときに受け取ったメッセージを開く。

9.下の方にあるので、これをコピーして、請求書を再び開き摘要欄に貼り付けた。これで納付書を添付しなくて済むはず。

10.添付書類は給与台帳にした。注意事項には総勘定元帳の預り金とあるが、実際に納付した際参考にしているのは給与台帳なので。

エクセルになっているため、どうして誤ったのかメモをつけて送信しようと思う。

11.「作成」、「添付書類」、「組み込み」

12.ダイアログのファイルの種類を全てのファイルに変更し、給与台帳を選択してみるも、ファイルの形式は「xml」でないと駄目のようだ。

13.吹き出しの図形でコメントを入れていたが、「xml」では使えないのでセルにコメントをつけて表示することに。

14.しかし結局送信できず、「源泉所得税の誤納額還付請求書」だけ電子申請して、預り金の元帳と給与台帳は印刷して郵送することにした。

15.「署名」をつけて「送信」

16.「メッセージボックス」を開き、たった今届いたメッセージを開き、「ダウンロード」と「保存」をした。

17.「送付書表示」が押せるようになっているので開いてみると、添付書類送付書だったので、これを印刷して14と一緒に郵送すれば良いのだろう。


2010.02.18 Thu


従業員から預かった源泉所得税誤納について

先日の日記の通り、昨年1月の納付した源泉所得税が間違っていたので、それ以前も同じことをやっていないか確認したところ、3年前の1月も、今とケタが違う金額を支払っていた。

このときは所得税徴収高計算書を手書きして納付していたので、証憑類を保管している段ボールを漁らなければならないかと思うと気が重い。

あ〜あ、と思いながら給与台帳を開くと、なんと合っていた。

そうか、所得税から住民税に負担がシフトする前か。

本当に良かった。

この「あ〜あ」の気持ちを忘れずに、1月の納付の際は気をつけようとしみじみ思った。


2010.02.19 Fri


平成21年度の確定申告の準備

帳簿への入力があらかた終わったので、決算仕訳を入力。

棚卸は、担当者に在庫のお酒や食材を税抜き金額で計算してもらっておいたので、それを入力。

商品××/期末商品棚卸高××

通信費の引き落としが、年末のため翌月に繰り越されてしまったので、未払金を計上。

通信費××/未払金××

家賃は来月分を月末に払っているので、前払金を計上。

前払金××/地代家賃××

ここまでを入力してから貸借対照表を開き、仮払消費税と仮受消費税勘定の金額をチェック。

今年度は工事代金の支払いがあったのと、仮払していた消費税があるので、いくらか戻ってくるので仕訳は以下の通り。

仮受消費税××/仮払消費税××
仮受消費税××/仮払金××
未収入金××/仮払金××

減価償却費は確定申告書作成コーナーで計算するため忘れないようにメモ。

減価償却費××/建物付属設備××
減価償却費××/工具器具備品××
減価償却費××/設立開業費××

青色決算書が出来上がった後の仕訳。ただし利益が出なければ当期未処分損益勘定の仕訳は逆になる。

元入金××/事業主貸××
事業主借××/元入金××  
当期未処分損益××/元入金×× にして、摘要は青色申告控除前にした。

次に青色決算申告書作成のため、月別の売上と仕入をエクセルのシートに転記。

うちは仕入れで容器代の戻りがあり、計算式を作っておいて、残高試算表の数字を転記すれば、青色決算申告書の損益計算書に転記しやすくなるので、毎年こうしている。


2010.02.20 Sat


平成21年度確定申告_青色決算書作成1

さて、確定申告だが、その前に平成21年分税制改正のあらまし の見出しを確認したところ、関係ありそうなもので、減価償却費に関するものがあった。

? 平成20年度の改正事項のうち、平成21年分の所得税から適用される主なもの
 
1 減価償却制度の改正
⑴ 法定耐用年数について、機械及び装置を中心に資産区分が整理されるとともに、法定耐用年数の見直し等が行われました(耐用年数省令2、別表)。

◎ 詳しくは、平成21年3月30日付個人課税課情報第2号「減価償却資産の耐用年数等に関する省令の別表の改正について(情報)」(国税庁ホームページに掲載しています。)をご覧ください。

なんだ、機械及び装置か。うちは、建物付属設備と備品なので、関係なかった。

でも、事業所によっては適用できる特例があるかもしれないので、項目の部分だけでも読んでおくことをお勧めする。

この手のことは、誰も教えてくれない。税理士さんに見てもらっているというならともかく、無知は損してしまうと思う。

ざっと読んでみるも、うちには関係なかったけれど、耐用年数の短縮した場合の具体的な計算方法や耐用年数を超えて使用した場合、実務ではどう対応したら良いのかということが質疑応答書という添付ファイルに書かれていた。

では「平成21年分 確定申告書等作成コーナー」の「申告書の作成開始」からスタートだ。

まずは申告方法の選択。当然e-TAXをクリックすると、電子申告できるかどうかのチェック画面になる。

環境、e-TAXに必要なものはOKなので、チェックを入れたが、4番目の「平成21年分事前準備セットアップ」なるものがあった。

これは、平成21年分の確定申告書等作成コーナーの利用に 際して必要なインストールや設定を自動的に行うことができる便利なツールです。 ※ 前年、作成コーナーをご利用になった方でも、平成21年分事前準備セットアップを行う必要があります。

ということなので、「平成21年分事前準備セットアップ」をクリックすると、セキュリティ警告が出たが「実行」で進める。

「JPKI 利用者ソフトが既にインストールされています。・・・」メッセージが表示されたが、上書きインストール。

全てのプログラムの終了を推奨されたので、そうすることにした。

(つづく)

2010.02.21 Sun


平成21年度確定申告_青色決算書作成2

(つづき)

事前セットアップが完了し、トップ画面に戻ってきた。

先ほどの事前確認画面に戻り、最後のチェック項目であるポップアップブロックの解除。

年々PCのセキュリティが厳しくなり、何かソフトを使おうとすると不具合が発生することが多々ある。

面倒でもマニュアルを見ながら順を追って作業することにしている。

急がば回れというやつだ。

さて、やっと「次へ」を押すと、「電子申告を行う際の確認事項(登録編)」に。

e-TAXは活用済みなので、「?電子証明書の登録が済んでいる方」を押す。

「住所等入力」画面になった。どうやら前年度の情報引き継ぎはできないようだ。

次は「申告書等作成開始」なので「収支内訳書・青色申告決算書」を選択。

データの保存を進めるダイアログが表示されたので、キャンセルして、画面下の方にある「データの保存」を押すと別ウィンドウが開き保存。

e-TAX関連のファイル専用フォルダに保存。

この画面は閉じて、改めて「収支内訳書・青色申告決算書」を押すと、「作成開始」画面。

ここで前年度のデータを読み込めるようだ。良かった。

読込の画面で先のフォルダに保存しておいた「20年決算書等データ.data」を開き、読込。

表示された項目を全て取り込むことに。

年々取り込める項目が増えて助かるなぁ。

次は「提出方法等選択」。「電子申告により税務署に提出する。 」と「青色申告決算書を作成する」を選択して次へ。

「青色申告決算書(一般用) 「営業等所得がある方はこちら」」には、前年のデータが読み込まれているので、「編集」が表示されている。

ようやく次が損益計算書の作成だ。

(つづく)


2010.02.22 Mon



読者登録

松さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について