目次
3年目(2007年~2008年)
労働保険の仕訳
予定納税減額申請1
予定納税減額申請2
個人事業税納税通知書1
個人事業税納税通知書2
年末調整
償却資産申告
平成19年確定申告の準備
平成19年確定申告の準備2
平成19年確定申告の準備3
平成19年確定申告の準備4
平成19年確定申告の準備5
平成19年確定申告の準備6
4年目(2008年~2009年)
eLTAX利用開始の準備1
eLTAX利用開始の準備2
eLTAX利用開始の準備3
eLTAX利用開始の準備4
eLTAX利用開始の準備5
eLTAX利用開始の準備6
年末調整を12月中にやってみた
年末調整を12月中にやってみた2
年末調整を12月中にやってみた3
所得税源泉徴収簿について
給与支払報告書の提出
eLTAXからのお知らせが届いた
償却資産(固定資産)の申告をeLTAXで申告してみた
償却資産(固定資産)の申告をeLTAXで申告してみた2
e-Taxで源泉税納付
e-Taxで源泉税納付2
e-Taxで源泉税納付3
確定申告の準備
確定申告_青色申告決算書作成
確定申告_青色申告決算書作成2
確定申告_青色申告決算書作成3
確定申告_青色申告決算書作成4
確定申告_青色申告決算書作成5
確定申告_所得税の確定申告書作成
確定申告_消費税及び地方消費税
確定申告_消費税及び地方消費税2
5年目(2009年~2010年)
労働保険 年度更新 申告書作成1
労働保険 年度更新 申告書作成2
労働保険 年度更新 申告書作成3
労働保険 年度更新 申告書作成4
個人事業主必見_固定費の支払いについて
公共料金はポイント2倍のクレジットカード
家賃をクレジットカードで支払えば…
家賃が支払えるクレジットカード
100円で1ポイントのクレジットカードでお得
年末調整の準備
償却資産(固定資産)の申告_22年度_1
償却資産(固定資産)の申告_22年度_2
償却資産(固定資産)の申告_22年度_3
eLTAXで給与支払い報告1
eLTAXで給与支払い報告2
青色申告後の還付金の仕訳
信用保証料の仕訳
法定調書の作成1
法定調書の作成2(給与の法定調書合計表)
法定調書の作成3(不動産の使用料等)
法定調書の作成4(不動産の使用料等)
法定調書の作成5(不動産の合計表)
消費税の中間納付時の仕訳_税抜き会計の場合
還付加算金について
消費税の決算仕訳
受取利息の仕訳_個人事業主の場合
電子申請した固定(償却)資産の訂正
労働保険の仕訳
労働保険摘要徴収電子申請ソフトでの確認方法
e-TAXソフトでの確認方法
源泉所得税の誤納額の還付請求
従業員から預かった源泉所得税誤納について
平成21年度の確定申告の準備
平成21年度確定申告_青色決算書作成1
平成21年度確定申告_青色決算書作成2
平成21年度確定申告_損益計算書
平成21年度確定申告_貸借対照表(資産負債調)
平成21年度確定申告_所得税の確定申告書作成1
平成21年度確定申告_所得税の確定申告書作成2
平成21年度確定申告_消費税の確定申告書作成1
平成21年度確定申告_消費税の確定申告書作成2
確定申告送信後に誤りが分かった場合
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

64 / 82ページ

消費税の決算仕訳

消費税が関係する仕訳の確認が終わったところで、今年はいったいいくら還付があるのか知りたくて計算してみた。

なぜ還付かというと、去年は、2店舗目の開業があり、工事代金や設備投資があったのと、その前の年より売上が下がっており、中間納付している分が戻ってくる予定なのだ。

これで面倒な本則課税におさらばできるというものだ。

と思ったのだが、課税方式を変える場合は、12月中に届を出さなければいけないような気がする。

過去の日記を読み返してみると、

一度課税事業者を選択すると2年は続けなければならない。
もし翌年売上が多くなった場合、還付された以上に納税することもありえる。
個人事業主の場合、課税事業者を選択するなら12月31日までに「消費税課税事業者選択届出書」を提出する必要あり。

あー、失敗。

というのも、手間の問題だけじゃなく、簡易課税にした方が、若干納税額が低い、つまり、飲食店のみなし仕入れ率の60%より、仕入(消費税がかかる支払含む)が少ないことが多いから、得なのだ。

開業も1年延びてしまったから、余計な税金は払いたくなかったのに、すっかり忘れていた。

毎度のことだけれど、帳簿はまめにつけて、収支をいつでも把握できる状態にしないと、ほんとチャンスを逃すなぁと実感。


2010.02.01 Mon


受取利息の仕訳_個人事業主の場合

今までずっと間違えていたことなのだが…。

個人事業主の場合、受取利息が通帳に記載されていたら、受取利息勘定を使わなくて良いそうだ。

ま、微々たる金額だけれど、節税が可能ならとことんやりたいのが人情というもの。

で、仕訳はどうかというと、

普通預金××/事業主借×× にする。

確定申告する際手間も省けるし、今回の分から早速修正しようと思う。

2010.02.02 Tue


電子申請した固定(償却)資産の訂正

2月1日のこと。

1月に申請した固定(償却)資産の申請に誤りがあることに気がついた。

去年店舗改装工事があったので、固定資産として建物付属設備として帳簿に計上している。

そのため、eLTAXを使って電子申請していたのだが、消費税込みの金額を申請していたのだ。

3月の確定申告に向けて今年納める消費税を計算していて気がついた次第。

さて、こちらの電子申請は平日の8時半から20時の制限があるので、会社に勤めている身には少々不便。

ではいつものとおり、ソフトを起動させてログイン。

「メインメニュー」の「3申告データ作成メニュー」を押す。

「申告データの読込み」を押す。

画面下の方にある「申告データをインポートする」を押す。

画面右下の方の「ファイル選択」を押し、先日申請した申請書を選ぶ。

このとき注意しなければならないのは、【ファイル名は半角英数字のみであること】だ。

これに気がつくまで、数分費やしてしまった。

すると先ほどの画面下の方に「申告データのインポート開始」が押せるようになるのでクリック。

戻ってきた画面で今インポートしたファイルにチェックを入れ、下の方にある「選択した申告データの準備を行う」を押す。

次画面の中右にある「申告データの作成条件を決定する」を押し、一番下の「申告の訂正を行う」を押す。

ちなみに、申告期間終了後、つまり、今年だと2月2日以降に誤りを直す申告をする場合は【修正申告で準備する】を選ぶとQ&Aに書いてあったので注意が必要。

「増加資産・全資産用」を開き、税抜き金額に修正。

「償却資産申告書」に戻り「別表から転記を行う」を押して「申告書を保存する」。

後は、先日の申告同様、署名をつけて送信し、メッセージボックスを確認して、送信したファイルをいつもの場所に保存して完了である。

2010.02.02 Tue


労働保険の仕訳

労働保険を納付した際、適当な仕訳をしていたので修正。

いつも確定申告のときに仕訳を修正しているが、労働局のサイトを使って納める労働保険、雇用保険を申告するときにちゃんとやっておけば楽だとあらためて認識。

なぜなら、後からやろうとすると、納めた雇用保険の従業員負担分を算出するため、労働保険の申告をしたときに使った資料を見返す手間が発生するからだ。

さてまず調べることは以下の通り。

(1)雇用保険に加入している従業員の4月から3月の給与の合計
(2)雇用保険の被保険者(従業員)の負担割合=うちの場合は6/1000
(3)被保険者負担額=(1)×(2)
(4)立替金=前年度の(1)×(2)=うちの場合は、前年度から繰越した立替金
(5)納付した金額

上記それぞれの数字を仕訳にあてはめる。

預り金 (3)/立替金 (4)
         現金 (3)−(4)

立替金 (3)/現金(3)

法定福利費(5)−(3)−((3)−(4)))



2010.02.15 Mon


労働保険摘要徴収電子申請ソフトでの確認方法

労働保険摘要徴収電子申請ソフトを利用して申告した金額の確認方法は以下の通り。

1.「労働保険摘要徴収電子申請ソフト」を起動

2.「電子申請メニューへ」

3.「申告データ・申請結果の参照」

4.「申請データ一覧の表示」

5.手続名を【年度更新申告関係】 年度更新申告 を選択し「検索」

6.確認したい申告データを選択し 「申請データ表示」

7.労働保険概算・確定保険料等申告書(継続事業)を選択し 「データ表示」

8.インターネットエクスプローラ上に申告書が表示される

2010.02.16 Tue



読者登録

松さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について