目次
3年目(2007年~2008年)
労働保険の仕訳
予定納税減額申請1
予定納税減額申請2
個人事業税納税通知書1
個人事業税納税通知書2
年末調整
償却資産申告
平成19年確定申告の準備
平成19年確定申告の準備2
平成19年確定申告の準備3
平成19年確定申告の準備4
平成19年確定申告の準備5
平成19年確定申告の準備6
4年目(2008年~2009年)
eLTAX利用開始の準備1
eLTAX利用開始の準備2
eLTAX利用開始の準備3
eLTAX利用開始の準備4
eLTAX利用開始の準備5
eLTAX利用開始の準備6
年末調整を12月中にやってみた
年末調整を12月中にやってみた2
年末調整を12月中にやってみた3
所得税源泉徴収簿について
給与支払報告書の提出
eLTAXからのお知らせが届いた
償却資産(固定資産)の申告をeLTAXで申告してみた
償却資産(固定資産)の申告をeLTAXで申告してみた2
e-Taxで源泉税納付
e-Taxで源泉税納付2
e-Taxで源泉税納付3
確定申告の準備
確定申告_青色申告決算書作成
確定申告_青色申告決算書作成2
確定申告_青色申告決算書作成3
確定申告_青色申告決算書作成4
確定申告_青色申告決算書作成5
確定申告_所得税の確定申告書作成
確定申告_消費税及び地方消費税
確定申告_消費税及び地方消費税2
5年目(2009年~2010年)
労働保険 年度更新 申告書作成1
労働保険 年度更新 申告書作成2
労働保険 年度更新 申告書作成3
労働保険 年度更新 申告書作成4
個人事業主必見_固定費の支払いについて
公共料金はポイント2倍のクレジットカード
家賃をクレジットカードで支払えば…
家賃が支払えるクレジットカード
100円で1ポイントのクレジットカードでお得
年末調整の準備
償却資産(固定資産)の申告_22年度_1
償却資産(固定資産)の申告_22年度_2
償却資産(固定資産)の申告_22年度_3
eLTAXで給与支払い報告1
eLTAXで給与支払い報告2
青色申告後の還付金の仕訳
信用保証料の仕訳
法定調書の作成1
法定調書の作成2(給与の法定調書合計表)
法定調書の作成3(不動産の使用料等)
法定調書の作成4(不動産の使用料等)
法定調書の作成5(不動産の合計表)
消費税の中間納付時の仕訳_税抜き会計の場合
還付加算金について
消費税の決算仕訳
受取利息の仕訳_個人事業主の場合
電子申請した固定(償却)資産の訂正
労働保険の仕訳
労働保険摘要徴収電子申請ソフトでの確認方法
e-TAXソフトでの確認方法
源泉所得税の誤納額の還付請求
従業員から預かった源泉所得税誤納について
平成21年度の確定申告の準備
平成21年度確定申告_青色決算書作成1
平成21年度確定申告_青色決算書作成2
平成21年度確定申告_損益計算書
平成21年度確定申告_貸借対照表(資産負債調)
平成21年度確定申告_所得税の確定申告書作成1
平成21年度確定申告_所得税の確定申告書作成2
平成21年度確定申告_消費税の確定申告書作成1
平成21年度確定申告_消費税の確定申告書作成2
確定申告送信後に誤りが分かった場合
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

59 / 82ページ

法定調書の作成3(不動産の使用料等)

つぎは「不動産の使用料等の支払調書」である。

今回初めて気がついたのだが、賃料の支払先が法人の場合、毎月の賃料は申告しなくて良かったのだ。

記入例が、「支払先が個人」であることに気がつかず、そのまま習って申告していたので、毎年余計な手間をかけていたということ。

支払先が法人の場合は、権利金、保証料(返還を要しない部分の金額及び月又は年の経過により返還を要しないこととなる部分の金額)、礼金、更新料等のみ申告すれば良い。

なーんだ、という感じ。ま、手引きはよく読まないとね。

去年作成した法定調書から賃料の部分を削除し、かわりに今年支払った更新料を入力。

来年、再来年は更新がないので、これを出す必要はないのだな。

さて、今年は2店舗目の分の申告があるので、画面下の方にある「帳票追加」を押す。

すると、保存して良いか聞かれ、次に転記して良いか確認のメッセージがでた。

こういうのが手書きと違って便利なんだよなぁ。

まずは、保証料。賃貸借契約書を取り出して、返還されない部分があるかどうか確認。

契約満了後、物件を原状回復し明け渡すか、契約の途中で大家から契約解除または更新拒否をすれば還ってくる契約になっている。

ただし、こちらから解約を申し込むと税込賃料の2カ月分を差し引かれることになっている。

ということで、とりあえず保証料は申告しないことに。

(つづく)



2010.01.27 Wed


法定調書の作成4(不動産の使用料等)

(つづき)

実は、この新店舗を借りるにあたり支払った部分の帳簿への入力が後回しになっていた。

証憑類を引っ張り出して確認しながら作業している。

さて、ここで賃貸保証料が出てきた。

この物件は賃貸保証委託契約を結んでおり、3年間で賃料の75%を支払う契約。

帳簿上は、長期前払費用で、年度末に三分の一を家賃として償却(計上)すれば良いのだが、法定調書の対象になるのだろうか。

よくわからないし、物件の使用には賃貸保証委託契約が前提で、使用料の一部と考え、念のため申告しておくことに。

では、入力した帳簿を元に法定調書の入力だ。

礼金を支払っているのでこれを手引きを参考にしながら入力。

あっせん手数料だが、実はこれ、店舗の改装工事をしてくれた工務店の人が仲介してくれたので、支払がなかったということを思い出した。

よって2枚目の法定調書もこれでおしまい。

次は例の賃貸保証料。

区分を保証料にして、それ以降の項目(金額を除く)は2枚目の法定調書と同じ内容を転記。

保存して一覧に戻る。

(つづく)

2010.01.28 Thu


法定調書の作成5(不動産の合計表)

(つづき)

合計表を再び開き、不動産の使用料等の部分を確認。

法定調書を作成した分が転記されていた。

その上の欄は、今年度支払った家賃関連の支払総額を入力した。

これで右下の「作成完了」を押した。

さて、余談であるが、今回組み込んだ法定調書は去年のもので、電話番号が相違していた。

どこから直すのかわからなかったが、一覧にある「基本情報変更」ボタンから変更できることがわかった。

合計表と支払調書それぞれ作成完了にして、次は「電子署名」だ。

電子署名アイコンをクリックし、先ほど作成完了にした「21年度法定調書」をダブルクリックすると署名前チェックが行われる。

問題がなかったので、いつもの通り、ICカードリーダから電子署名する。

次に送信アイコンを押し、右下の「送信」押す。

暗証番号を入力して、即時通知をとりあえず保存。

メッセージボックスから未開封のメッセージを開き、ダウンロード。

右下の保存ボタンを押して、ファイルを保存した。このXMLファイルが何なのかよくわからないけれど。

これで法定調書の申告はおしまいである。

2010.01.29 Fri


消費税の中間納付時の仕訳_税抜き会計の場合

現在3月の確定申告に向けて、帳簿と未入力と思われる領収書などの証憑類を確認中。

消費税を口座振替にしているので、その領収証書があった。

税抜き会計の場合は、租税公課を使わないと記録していた記憶があるので、ブログで「消費税」を検索。

あった。

中間納付の場合は、仮払金勘定を使うので、仕訳は、

仮払金××/普通預金×× になる。


2010.01.30 Sat


還付加算金について

国税還付金振込通知書が出てきた。

振り込まれた金額は、先日の記録の通り、普通預金××/事業主借××で仕訳したが、還付加算金はどうすれば?と思い、改めて調べてみた。

すると、振り込まれた金額の中に還付加算金が含まれており、この還付加算金も個人の収入として良いため、仕訳の変更をする必要がないことが分かった。

ただし確定申告する際、雑収入(雑所得)として、申告が必要。

忘れないように付箋を付けておくことにした。

2010.01.31 Sun



読者登録

松さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について