目次
3年目(2007年~2008年)
労働保険の仕訳
予定納税減額申請1
予定納税減額申請2
個人事業税納税通知書1
個人事業税納税通知書2
年末調整
償却資産申告
平成19年確定申告の準備
平成19年確定申告の準備2
平成19年確定申告の準備3
平成19年確定申告の準備4
平成19年確定申告の準備5
平成19年確定申告の準備6
4年目(2008年~2009年)
eLTAX利用開始の準備1
eLTAX利用開始の準備2
eLTAX利用開始の準備3
eLTAX利用開始の準備4
eLTAX利用開始の準備5
eLTAX利用開始の準備6
年末調整を12月中にやってみた
年末調整を12月中にやってみた2
年末調整を12月中にやってみた3
所得税源泉徴収簿について
給与支払報告書の提出
eLTAXからのお知らせが届いた
償却資産(固定資産)の申告をeLTAXで申告してみた
償却資産(固定資産)の申告をeLTAXで申告してみた2
e-Taxで源泉税納付
e-Taxで源泉税納付2
e-Taxで源泉税納付3
確定申告の準備
確定申告_青色申告決算書作成
確定申告_青色申告決算書作成2
確定申告_青色申告決算書作成3
確定申告_青色申告決算書作成4
確定申告_青色申告決算書作成5
確定申告_所得税の確定申告書作成
確定申告_消費税及び地方消費税
確定申告_消費税及び地方消費税2
5年目(2009年~2010年)
労働保険 年度更新 申告書作成1
労働保険 年度更新 申告書作成2
労働保険 年度更新 申告書作成3
労働保険 年度更新 申告書作成4
個人事業主必見_固定費の支払いについて
公共料金はポイント2倍のクレジットカード
家賃をクレジットカードで支払えば…
家賃が支払えるクレジットカード
100円で1ポイントのクレジットカードでお得
年末調整の準備
償却資産(固定資産)の申告_22年度_1
償却資産(固定資産)の申告_22年度_2
償却資産(固定資産)の申告_22年度_3
eLTAXで給与支払い報告1
eLTAXで給与支払い報告2
青色申告後の還付金の仕訳
信用保証料の仕訳
法定調書の作成1
法定調書の作成2(給与の法定調書合計表)
法定調書の作成3(不動産の使用料等)
法定調書の作成4(不動産の使用料等)
法定調書の作成5(不動産の合計表)
消費税の中間納付時の仕訳_税抜き会計の場合
還付加算金について
消費税の決算仕訳
受取利息の仕訳_個人事業主の場合
電子申請した固定(償却)資産の訂正
労働保険の仕訳
労働保険摘要徴収電子申請ソフトでの確認方法
e-TAXソフトでの確認方法
源泉所得税の誤納額の還付請求
従業員から預かった源泉所得税誤納について
平成21年度の確定申告の準備
平成21年度確定申告_青色決算書作成1
平成21年度確定申告_青色決算書作成2
平成21年度確定申告_損益計算書
平成21年度確定申告_貸借対照表(資産負債調)
平成21年度確定申告_所得税の確定申告書作成1
平成21年度確定申告_所得税の確定申告書作成2
平成21年度確定申告_消費税の確定申告書作成1
平成21年度確定申告_消費税の確定申告書作成2
確定申告送信後に誤りが分かった場合
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

51 / 82ページ

償却資産(固定資産)の申告_22年度_2

 (つづき)

「種類別明細表(増加資産・全資産用)の「異動」を押すと入力画面が開く。

まずは冷蔵庫。何台購入したのかわからないので、とりあえず一式ということで数量は1と入力。

耐用年数は川島会計総合事務所さんのページに「氷冷蔵庫、冷蔵ストッカー(電気式を除く)」が4年とあったのでこれを転記。

次に工事費用。これは国税庁の「耐用年数等の見直し(平成20年度税制改正)に関するQ&A」にある「飲食店業用設備」が当てはまるかなと思い、これを資産の名称に使い、耐用年数8を転記した。

どちらの資産もコードや摘要欄は空白のままにした。

これを「別表の作成を終了する」を押して一時保存してから閉じて前の画面に戻る。

「添付資料の追加・削除を行う」を押す。

次画面で「ファイル」を押し、添付するメモ帳を選択した。

ちなみにこの添付ファイルは、リース会社、所在地、電話番号をテキスト形式で入力した、本当に簡単なものだ。

添付資料の名称は、「借用資産一覧」にして、この画面も閉じ、申告書を表示。

「別表から転記を行う」を押し、取得価額の欄に数字を反映させる。

「申告書を保存する」を押して閉じる。

(つづく)

2010.01.16 Sat


償却資産(固定資産)の申告_22年度_3

(つづき)

戻ってきた画面の下のほうにある「申告データ署名一覧」を押すと作成した申告書が表示される。

チェックを入れて「選択した申告データを署名する」を押す。

指示に従って署名をつける。

うちはICカードなので、カードリーダをつなげてカードを読み込む。

これが終わったら、「申告データ送信一覧」を押し「選択した申告データを送信する」を押すと送信。

「メインメニュー」まで戻り「メッセージボックス」を押すと早速受付完了通知が届いていた。

メッセージを表示し、「受付済みの申告書をダウンロード」を押す。

まずはデフォルトの保存場所に「固定資産税(償却資産)H22」とファイル名を変更して保存。

さらに店関係のファイルを保存しているフォルダへeLTAXのフォルダを作成し保存。

こちらのフォルダは定期的にバックアップを取っている。

これは、以前、この手のシステムを利用して申請した内容が、PCが壊れたためになくなってしまったのを教訓にこのようなことをしている。

12万円ほどで購入したパソコンは、10万円を超えたから申告が必要?と思ったのだが、20万円未満なら3年で一括償却しているものは対象外と手引きに書いてあったので、税務会計処理はそのようにしようと思う。

また、非課税、特例等について、ちらっと調べたけれど、普通の事業者には関係ないものだった(公共性の高い資産や耐震、納税が極めて難しい者が対象だったりということ)。

2010.01.17 Sun


eLTAXで給与支払い報告1

固定資産の申告でeLTAXを見に行ったら、「提供サービス追加」というバナーが目に入り、確認してみると従業員が住んでいる区で申告ができるということがわかった。

特別徴収を前からしているのですでに総括表が届いており、準備していたのだが、切手代が節約になるので、電子申告してみることにした。

固定資産の申告と同様の手順でログインし、「メインメニュー」を表示。

「利用者情報メニュー」を押し、「提出先・手続情報【利用届(変更)】」を押すと、すでに届を出している東京都都税事務所が一覧にあった。

その下にある「新たな地方公共団体に提出先・手続情報を登録する」を押す。

次画面の「検索」を押し、東京都を選んで「>>」を押すと、手続ができる区が表示された。

従業員の区を選択すると、申告税目が表示されるので、今回手続きをしたい「個人都道府県民税」にチェックを入れてから「次へ」を押すと一覧に加わるという仕組みだ。

(つづく)

2010.01.18 Mon


eLTAXで給与支払い報告2

(つづき)

今年は二つの市区町村へ電子申告ができそうだ。

「メインメニュー」に戻り、「申告データ作成メニュー」をクリックし、「特別徴収義務者情報登録」を押し、項目を埋めた。

「申告データ新規作成」を押し、作成する提出先を選択し、次へ。

プルダウンから「給与支払報告」と「平成21」を選択し、「申告データの作成条件を決定する」を押すのだが、初めは誤って「22」を選択してしまい、うまくいかなかった。

「年分」と「年度」には要注意だ。今申告するのは22年度の21年度分なのだ。

「給与支払報告書(個人別明細書)」を追加して「上記の内容で申告データを準備する」を押す。

ここでいきなり「計算チェックを行う」を押すと、エラーメッセージが表示され、必須項目が赤くなるので、わかりやすくなって良い。

まぁ、総括表は市区町村から記入例がたくさん来ているので、迷うことはなかったのだが。

次に「様式/添付一覧」を押し、「給与支払い報告書」を選択して開く。

すでに用意していあるデータがこのソフト対応のCSVならインポートできるが、その手のものはないので、毎年利用しているExcelファイルからコピペした。

このファイルはすでにこの書式で作られているので、こちらもほとんど迷うことなくコピペができた。

なお、住民税は特別徴収が原則とのこと。

近々辞める従業員の分を申告する際は、「普通徴収」にチェックを入れておかなければならないようだ。

これを忘れたら、または、誰かが急に辞めることになったら、このソフトを使って異動届けを出さなければならないのだな。

さて、入力が完了したら、固定資産の申告同様、署名をつけて送信して完了だ。

2010.01.19 Tue


青色申告後の還付金の仕訳

本日3月の確定申告に向けて、帳簿を確認中。

普通預金を確認していると、3月に税務署から振り込みがあった。

これは、昨年、その前の年より収入が大きく減ったため、中間納税していた分が戻ってきたのだ。

仕訳に自信が持てず調べてみると、普通預金××/事業主借××で良いことがわかった。

個人事業主の国税(所得税)は、経費にならないので、戻ってきた場合も雑収入にする必要がないということだ。

2010.01.21 Thu



読者登録

松さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について