目次
3年目(2007年~2008年)
労働保険の仕訳
予定納税減額申請1
予定納税減額申請2
個人事業税納税通知書1
個人事業税納税通知書2
年末調整
償却資産申告
平成19年確定申告の準備
平成19年確定申告の準備2
平成19年確定申告の準備3
平成19年確定申告の準備4
平成19年確定申告の準備5
平成19年確定申告の準備6
4年目(2008年~2009年)
eLTAX利用開始の準備1
eLTAX利用開始の準備2
eLTAX利用開始の準備3
eLTAX利用開始の準備4
eLTAX利用開始の準備5
eLTAX利用開始の準備6
年末調整を12月中にやってみた
年末調整を12月中にやってみた2
年末調整を12月中にやってみた3
所得税源泉徴収簿について
給与支払報告書の提出
eLTAXからのお知らせが届いた
償却資産(固定資産)の申告をeLTAXで申告してみた
償却資産(固定資産)の申告をeLTAXで申告してみた2
e-Taxで源泉税納付
e-Taxで源泉税納付2
e-Taxで源泉税納付3
確定申告の準備
確定申告_青色申告決算書作成
確定申告_青色申告決算書作成2
確定申告_青色申告決算書作成3
確定申告_青色申告決算書作成4
確定申告_青色申告決算書作成5
確定申告_所得税の確定申告書作成
確定申告_消費税及び地方消費税
確定申告_消費税及び地方消費税2
5年目(2009年~2010年)
労働保険 年度更新 申告書作成1
労働保険 年度更新 申告書作成2
労働保険 年度更新 申告書作成3
労働保険 年度更新 申告書作成4
個人事業主必見_固定費の支払いについて
公共料金はポイント2倍のクレジットカード
家賃をクレジットカードで支払えば…
家賃が支払えるクレジットカード
100円で1ポイントのクレジットカードでお得
年末調整の準備
償却資産(固定資産)の申告_22年度_1
償却資産(固定資産)の申告_22年度_2
償却資産(固定資産)の申告_22年度_3
eLTAXで給与支払い報告1
eLTAXで給与支払い報告2
青色申告後の還付金の仕訳
信用保証料の仕訳
法定調書の作成1
法定調書の作成2(給与の法定調書合計表)
法定調書の作成3(不動産の使用料等)
法定調書の作成4(不動産の使用料等)
法定調書の作成5(不動産の合計表)
消費税の中間納付時の仕訳_税抜き会計の場合
還付加算金について
消費税の決算仕訳
受取利息の仕訳_個人事業主の場合
電子申請した固定(償却)資産の訂正
労働保険の仕訳
労働保険摘要徴収電子申請ソフトでの確認方法
e-TAXソフトでの確認方法
源泉所得税の誤納額の還付請求
従業員から預かった源泉所得税誤納について
平成21年度の確定申告の準備
平成21年度確定申告_青色決算書作成1
平成21年度確定申告_青色決算書作成2
平成21年度確定申告_損益計算書
平成21年度確定申告_貸借対照表(資産負債調)
平成21年度確定申告_所得税の確定申告書作成1
平成21年度確定申告_所得税の確定申告書作成2
平成21年度確定申告_消費税の確定申告書作成1
平成21年度確定申告_消費税の確定申告書作成2
確定申告送信後に誤りが分かった場合
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

46 / 82ページ

家賃をクレジットカードで支払えば…

公共料金より大きな固定費と言えば、そう、家賃。

初めに夫から家賃もクレジットカードで支払えると聞いた時は、え?そんなバカな、と思ったのだが、本当に払える場合があるらしい。

管理会社がカード会社と提携している必要があるので、そうどこでもと言えないようではあるが。

とりあえず調べてみると、Orico(オリコカード)がヒット。

提携の管理会社はは、ミニミニやお部屋探しマストの積和不動産、社宅管理業のマイムコミュニティー。

ちょっと横道にそれるが、ミニミニで契約後カギの受け渡しの際にTカードを提示すると、TSUTAYAやファミリーマートで会員募集しているTカードポイントが100円につき1ポイント貯まるとのこと。

コンビニやファミリーレストラン等利用した際、1000円未満の支払いでクレジットカードを使ってもポイントがつかない場合に備え、Tポイントも検討していたので、これは!と思った。

さて本題に戻って、オリコカードを使うとポイントが貯まるだけではなく2つの特典があった。

一つ目は賃貸契約の際必要になる、連帯保証人が不要になること。

もう一つは、月々の家賃支払いが口座振替になること。

今、家賃の振り込みは、たまたま大家さんと同じ支店の金融機関がメインバンクなので、振り込み手数料こそかからないが、毎月振り込みの手間がかかっている。

面倒だなと思っていたので、これは朗報であった。

ま、クレカ払いなので、当然と言えば当然なのだけど。

(つづく)



2009.11.17 Tue


家賃が支払えるクレジットカード

(つづき)

家賃が支払えるクレジットカードを調べてみたけれど、収穫はいまいち。

たとえばカードを推進している、または推進していた賃貸物件のポータルサイトを覗いてみるも、管理会社が提携していても、物件によっては対象外の場合があるからだ。

どういうことかというと、貸す側の立場で考えると、クレジットカードを利用できるようにするには、家賃(売上)に応じてカードの利用手数料を払わなければならない。

ある程度の物件を扱っていてその手数料がペイでなければ、手数料負担は無視できない。

クレジットカードによる集客率が見込めなければ、なかなかカード利用には踏み切れないという仕組みなのかなと思う。

でも、家賃の回収はクレジットカード会社が負担するというメリットは大きいと思うのだけど。

つまり、カード会社が家賃を立て替え、その回収はカード会社の仕事、入金確認だって一括して予定通りの入金があるわけだし

ビジネスモデルとして成功事例がもっと認知されないと、だめなのかもしれない。

でも、家賃を払えるクレジットカードって少ないから、今それで目立っておけば口コミで広がると思うんだけど。

HOME‘Sカードは、今クレジットカードで断トツ一番人気と言われている楽天カード提携なんだから、ぜひ頑張っていただきたい。

その他今回家賃が支払える不動産管理会社の一覧を持っているアットホームに期待かな。

2009.11.23 Mon


100円で1ポイントのクレジットカードでお得

とりあえず家賃の支払いをクレジットカードで支払うありきで物件を探すのは難しいかもしれないけれど、使えたら便利、ラッキーの位置づけでいようかなというのが結論。

ポイント付くからって、家賃の高い部屋を選んでは本末転倒なわけだし。

本格的に部屋を探す時期になったら、もう一度調べる予定。

さて、以前公共料金を払うのに、ポイントが2倍付くカードを見つけたけれど、楽天カードなら100円で1ポイント貯まるから、少なくとも10倍ということに今回調べて気がついた。

ということで、楽天カードに申し込むことに。

もうひとつ気になっているポイント制度がある。

それは、Tポイント

クレジットでの支払200円につき、1ポイントたまる。

それ以外にもファミリーマートをよく利用するので、店舗利用のポイントが100円につき1ポイント貯まるのが魅力。

また、Tポイントは、電子マネー「Edy(エディ)」の利用の場合でも200円につき1ポイント貯まるので、Tポイント提携店舗以外、たとえばファミマ以外のコンビニや、ヨドバシカメラやマクドナルドでも対象になるは嬉しい。

2009.11.28 Sat


年末調整の準備

去年の記事を読み返して、手順をおさらい。

そうだ、今年は中途採用が何人かいるから、もっと早くから対応しなければならなかったのに。

書類がそろうかなぁ。

まぁ、だめだったら最悪来年1月の給与支払いまでにやればいいか。

一昨年まではそうしてたのだし。

さて、従業員に書いてもらう書類の準備だ。

全員に、「給与所得者の扶養控除等の(異動)申告」の来年度用、一部の対象者に「給与所得者の保険料控除及び配偶者特別控除の申告」を印刷して渡さなければ。

他に渡すべき申告書がないか、「源泉所得税関係」のページをざっと眺めてみたがなさそうだ。

まだ給与は確定していないので実際の作業はできないため、年末調整の計算に毎年お世話になっている「安部会計事務所」さんの「平成21年 年末調整の計算 ver1.0」のリンクを貼っておく。

2009.12.13 Sun


償却資産(固定資産)の申告_22年度_1

今年もeLTAXを利用して申告。

デスクトップにあるアイコンをクリックして起動。

昨年以来使用していないので、バージョンアップに時間がかかった。

このシステムは利用時間に制限(平日8:30から20:00)あるので、会社を休まなくてはならないので不便。

さて、利用者名を選択してログイン。

「メッセージボックス」をクリックして、プレデータが添付されているファイルを開きダウンロード。

「申告データ作成メニュー」をクリックして、「申告データ新規作成」からだ。

「固定資産税(償却資産)」を選択して次へ。

プルダウンから「プレデータによる申告」と「22年度」を選び、「申告データの作成条件を決定する」を押すと追加できる様式集が表示される。

今年度は2店舗目の開店費用があるので、「種類別明細書(増加資産・全資産用)」を追加。

「上記の内容で申告データを準備する」を押す。

償却資産申告書の金額以外の欄から埋めていく。借用資産の欄は書ききれないので、例年通りメモ帳を添付するため「添付ファイル「借用資産一覧」の通り」と入力しておいた。

次に「様式/添付一覧」を押し、「種類別明細書(増加資産・全資産用)」を選択して開く。

(つづく)

2010.01.15 Fri



読者登録

松さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について