目次
3年目(2007年~2008年)
労働保険の仕訳
予定納税減額申請1
予定納税減額申請2
個人事業税納税通知書1
個人事業税納税通知書2
年末調整
償却資産申告
平成19年確定申告の準備
平成19年確定申告の準備2
平成19年確定申告の準備3
平成19年確定申告の準備4
平成19年確定申告の準備5
平成19年確定申告の準備6
4年目(2008年~2009年)
eLTAX利用開始の準備1
eLTAX利用開始の準備2
eLTAX利用開始の準備3
eLTAX利用開始の準備4
eLTAX利用開始の準備5
eLTAX利用開始の準備6
年末調整を12月中にやってみた
年末調整を12月中にやってみた2
年末調整を12月中にやってみた3
所得税源泉徴収簿について
給与支払報告書の提出
eLTAXからのお知らせが届いた
償却資産(固定資産)の申告をeLTAXで申告してみた
償却資産(固定資産)の申告をeLTAXで申告してみた2
e-Taxで源泉税納付
e-Taxで源泉税納付2
e-Taxで源泉税納付3
確定申告の準備
確定申告_青色申告決算書作成
確定申告_青色申告決算書作成2
確定申告_青色申告決算書作成3
確定申告_青色申告決算書作成4
確定申告_青色申告決算書作成5
確定申告_所得税の確定申告書作成
確定申告_消費税及び地方消費税
確定申告_消費税及び地方消費税2
5年目(2009年~2010年)
労働保険 年度更新 申告書作成1
労働保険 年度更新 申告書作成2
労働保険 年度更新 申告書作成3
労働保険 年度更新 申告書作成4
個人事業主必見_固定費の支払いについて
公共料金はポイント2倍のクレジットカード
家賃をクレジットカードで支払えば…
家賃が支払えるクレジットカード
100円で1ポイントのクレジットカードでお得
年末調整の準備
償却資産(固定資産)の申告_22年度_1
償却資産(固定資産)の申告_22年度_2
償却資産(固定資産)の申告_22年度_3
eLTAXで給与支払い報告1
eLTAXで給与支払い報告2
青色申告後の還付金の仕訳
信用保証料の仕訳
法定調書の作成1
法定調書の作成2(給与の法定調書合計表)
法定調書の作成3(不動産の使用料等)
法定調書の作成4(不動産の使用料等)
法定調書の作成5(不動産の合計表)
消費税の中間納付時の仕訳_税抜き会計の場合
還付加算金について
消費税の決算仕訳
受取利息の仕訳_個人事業主の場合
電子申請した固定(償却)資産の訂正
労働保険の仕訳
労働保険摘要徴収電子申請ソフトでの確認方法
e-TAXソフトでの確認方法
源泉所得税の誤納額の還付請求
従業員から預かった源泉所得税誤納について
平成21年度の確定申告の準備
平成21年度確定申告_青色決算書作成1
平成21年度確定申告_青色決算書作成2
平成21年度確定申告_損益計算書
平成21年度確定申告_貸借対照表(資産負債調)
平成21年度確定申告_所得税の確定申告書作成1
平成21年度確定申告_所得税の確定申告書作成2
平成21年度確定申告_消費税の確定申告書作成1
平成21年度確定申告_消費税の確定申告書作成2
確定申告送信後に誤りが分かった場合
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

38 / 82ページ

確定申告_消費税及び地方消費税

 「平成20年分 確定申告書等作成コーナー」から再び「作成再開」をクリックして、「消費税及び地方消費税の確定申告書」を選択。

こちらも昨年のデータがPC内にあるので「19年消費税及び地方消費税申告データ.data」を読み込んだ。

提出方法は、「電子申告・・・」、条件判定では、18年の売上を入力し、簡易課税制度は「いいえ」、経理方式は「税抜き」次へ。

事業所得(営業等)のみチェックして次へ。

売上金額とそれに対する仮受消費税等を入力する画面になった。

先日作成した青色申告決算書のPDFを開いて、売上(雑収入)金額を転記。仮受消費税等は、会計ソフトの残高試算表を開いて転記。

「うち非課税取引」の欄には、受取利息を入力し、「うち課税取引」の欄に自動計算された金額が、帳簿の売上と一致しているのを確認して次へ。

「事業所得(営業等)に係る決算額(税抜)等」の画面になった。

会計ソフトの各勘定科目の金額を転記して、合計金額を確認し合致していたので、改めて課税取引にならないものを確認。

(つづく)

2009.03.20 Fri


確定申告_消費税及び地方消費税2

 (つづき)

租税公課の金額がやけに高いので、総勘定元帳を確認すると、中間納付の消費税が含まれていた。

この仕訳に不安を覚えたので、検索してみると、消費税の中間納付を租税公課で仕訳の仕方は、税抜方式を選択している場合には誤りであることがこちらのサイト(消費税の経理処理で間違えやすいポイント)でわかったので、修正した。

次の画面は中間申告している場合に入力する画面だが、納付額の75%と納付額の25%(100円未満切り捨て)の額をそれぞれ入力して次へ。

計算結果の確認と納税地等を入力し、申告前の確認画面で「申告内容の確認」を押しPDFを保存。

次の送信準備画面では、「当コーナーから直接送信」を選択し次画面へ。

ICカードリーダをPCにつなげてから、住民基本台帳カードを入れパスワードを入力。

次にe-Taxのパスワードを入力するも、メンテナンス中で送信できなかった。

確定申告の提出期限後は、営業時間が通常の「月曜日〜金曜日の午前8時30分から午後9時(祝日等を除きます。)」に戻っていたようだ。

とりあえず入力データを保存して、後日送信することにした。

2009.03.22 Sun


労働保険 年度更新 申告書作成1

 労働(労災+雇用)保険の申告書を作成することにした。

まずはこのブログ内検索で、労働保険を検索。

去年の申請時の記録がないので、一昨年5月の日記を再読して手順を確認した。

さて、例年通り「平成21年度 労働保険年度更新 〜申告書の書き方〜」にある「保険料の計算をする」を開く。

次に、「労働保険 年度更新 申告書の書き方」に書かれている労働者の範囲と賃金の範囲をおさらい。

まぁ、この部分は給与を支払う前に確認しておくことなのだが、認識が誤っていた場合があるので注意が必要。

まずは、申告の基礎になる賃金の計算をするため、去年と今年の賃金台帳を用意。

労働保険の年度は4月から翌年3月までが対象になるからだ。

今回申請する期間は、常用労働者(全員雇用保険加入済み)しかいないので楽だ。

ちなみに、来年の申請時は定期券を渡している人がいて、これは賃金に含まれるので注意が必要。ここに書いておこう。

全員の給与内容の総額を表示した賃金台帳の総支給額(社会保険等を控除する前の支払総額)を月毎に、「平成20年度確定保険料算定基礎賃金集計表」の「労災保険対象労働者数及び賃金」にコピー&ペースト。

賞与も忘れずにコピー。

雇用保険対象者は、先の常用労働者とイコールなので、【?常用労働者の内容をコピーする】を押す。

役員も免除対象高年齢労働者もいないので、画面下の方にある【計算】を押す。

一般拠出金はどうするんだと疑問に思ったが、ここも自動的に数字が入ったので、良し。

【保存】を押してCSVファイルとして、労働保険関係のファイルを保存しているフォルダに格納した。

(つづく)

2009.06.27 Sat


労働保険 年度更新 申告書作成2

(つづき)

次は、申告書の作成だ。

労災保険分・雇用保険分保険料算定基礎賃金が同額なので【同額の場合】を押す。

労働保険 概算・確定 保険料申告書のページに遷移したが、?常時使用労働者数の欄に賃金総額が転記されていておかしい。

よく見ると、?雇用保険被保険者数も?免除対象高年齢労働者数もあっていない。なんだかずれている様子だが、ま、修正しておこう。

?保険料率の(ロ)←本当は(イ)が正しいと思うが空白、これは労働局から送付されてきた申告書に印字されているとおり20を入力。

21年度の見込み額である?保険料算定基礎額の(イ)は、20年度の確定額である?保険料算定基礎額の(イ)と同じ数字を入れるのが原則。

雇用する人数が増える予定なのだが、おそらく賃金は2倍を上回らないので、同額で問題ない。

ちなみに二分の一を下回る場合は、その見込み額を記入することになっていると記載されていた。

?保険料率の(イ)は、これも労働局から送付されてきた申告書に印字されているとおり15と入力。

と、いうことは、給与ソフトのバージョンアップが必要(保険料率改定前にリリースされたものを使っているから)で、4月5月で徴収した雇用保険料は、6月分で調整しないといけないんだな。

?申告済概算保険料額は、これもやはり送付されてきた申告書に印字されている数字を転記して、画面一番下の【計算】を押す。

【保存】を押して、前のページで保存したCSVと同じ場所にファイルを格納した。

(つづく)

2009.06.30 Tue


労働保険 年度更新 申告書作成3

(つづき)

さて、次は「労働保険 概算・確定保険料 一般拠出金 申告書(継続事業)」の作成である。

去年と同様、電子申告だが、日記がなくどうやったか定かではない。

今日もあまり時間がないが、来年のために記録しておこう。 

労働保険適用徴収電子申請ソフトを使う。(ソフト入手先はこちら

デスクトップに保存したアイコンから、トップページを表示。

電子申請メニューから【手続きダウンロード】、申請種別を年度更新申告関係にセットして検索。

継続(一般・任意加入)にチェックを入れて【ダウンロード】してメニューに戻る(年度更新はフォーマットが毎年変わり、それがわかりやすいように青字になっている)。

【申請データの新規作成・編集・削除】から【新規作成】。申請データ名を21年度更新にして、手続き名はさっきダウンロードした、年度更新を選択して【OK】。

最新のものか確認するダイアログがあらわれ、労働局から送付された申告書の左上に書かれている15桁の労働保険番号と右上に書かれているアルファベットを入力して【OK】。

【作成・署名】【作成】を押すと、届いた申告書と同じものが表示された。

前回WEB上で作成した労働保険 概算・確定 保険料申告書の作業は省略できたということになるが、あれはあれで汎用性の高いファイル形式で保存できるし、わかりやすいため、来年も同じ手順でやろうと思う。

提出日、人数、賃金、納付回数は1を選んで、メニューバーの【内容検証】を実行してみる。

必須項目で空欄部分がピンクになるので、参考値や事業主情報を入力。

(つづく)

2009.07.03 Fri



読者登録

松さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について