目次
3年目(2007年~2008年)
労働保険の仕訳
予定納税減額申請1
予定納税減額申請2
個人事業税納税通知書1
個人事業税納税通知書2
年末調整
償却資産申告
平成19年確定申告の準備
平成19年確定申告の準備2
平成19年確定申告の準備3
平成19年確定申告の準備4
平成19年確定申告の準備5
平成19年確定申告の準備6
4年目(2008年~2009年)
eLTAX利用開始の準備1
eLTAX利用開始の準備2
eLTAX利用開始の準備3
eLTAX利用開始の準備4
eLTAX利用開始の準備5
eLTAX利用開始の準備6
年末調整を12月中にやってみた
年末調整を12月中にやってみた2
年末調整を12月中にやってみた3
所得税源泉徴収簿について
給与支払報告書の提出
eLTAXからのお知らせが届いた
償却資産(固定資産)の申告をeLTAXで申告してみた
償却資産(固定資産)の申告をeLTAXで申告してみた2
e-Taxで源泉税納付
e-Taxで源泉税納付2
e-Taxで源泉税納付3
確定申告の準備
確定申告_青色申告決算書作成
確定申告_青色申告決算書作成2
確定申告_青色申告決算書作成3
確定申告_青色申告決算書作成4
確定申告_青色申告決算書作成5
確定申告_所得税の確定申告書作成
確定申告_消費税及び地方消費税
確定申告_消費税及び地方消費税2
5年目(2009年~2010年)
労働保険 年度更新 申告書作成1
労働保険 年度更新 申告書作成2
労働保険 年度更新 申告書作成3
労働保険 年度更新 申告書作成4
個人事業主必見_固定費の支払いについて
公共料金はポイント2倍のクレジットカード
家賃をクレジットカードで支払えば…
家賃が支払えるクレジットカード
100円で1ポイントのクレジットカードでお得
年末調整の準備
償却資産(固定資産)の申告_22年度_1
償却資産(固定資産)の申告_22年度_2
償却資産(固定資産)の申告_22年度_3
eLTAXで給与支払い報告1
eLTAXで給与支払い報告2
青色申告後の還付金の仕訳
信用保証料の仕訳
法定調書の作成1
法定調書の作成2(給与の法定調書合計表)
法定調書の作成3(不動産の使用料等)
法定調書の作成4(不動産の使用料等)
法定調書の作成5(不動産の合計表)
消費税の中間納付時の仕訳_税抜き会計の場合
還付加算金について
消費税の決算仕訳
受取利息の仕訳_個人事業主の場合
電子申請した固定(償却)資産の訂正
労働保険の仕訳
労働保険摘要徴収電子申請ソフトでの確認方法
e-TAXソフトでの確認方法
源泉所得税の誤納額の還付請求
従業員から預かった源泉所得税誤納について
平成21年度の確定申告の準備
平成21年度確定申告_青色決算書作成1
平成21年度確定申告_青色決算書作成2
平成21年度確定申告_損益計算書
平成21年度確定申告_貸借対照表(資産負債調)
平成21年度確定申告_所得税の確定申告書作成1
平成21年度確定申告_所得税の確定申告書作成2
平成21年度確定申告_消費税の確定申告書作成1
平成21年度確定申告_消費税の確定申告書作成2
確定申告送信後に誤りが分かった場合
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

32 / 82ページ

確定申告_青色申告決算書作成

 「平成20年分 確定申告書等作成コーナー」から作成したい気持ちを抑えて、「平成20年分税制改正のあらまし」に目を通してみたが、これはというものはなかった。

減価償却についていくつかあったけれど、儲かっていない年に適用してメリットあるのかなと思ったぐらい。

もし関係するものがあれば、申告書を作成している途中に出てくるであろうし、または、特例等で事前に申請をしなければならないものは間に合わないだろうから、斜め読みしておしまい。

では、去年のデータを流用するので、「作成再開」をクリック。

まずは「青色申告決算書・収支内訳書」を選択して、作成することに。

決算書等のデータ読み込み画面だ。去年のデータを選択して「保存データ読込」をクリック。

次画面で外したい項目はないので、「上記項目を読込」をクリック。

次画面で提出方法は「電子申告及び青色申告決算書」を選択し、次へ。

19年以前のデータが読み込まれているので、「編集」をクリック。

さて、売上から入力しようか。

前回の「確定申告の準備」で用意した決算に必要な金額のExcelを開いて、各月の売上金額と仕入金額等を入力する。

(つづく)

2009.03.09 Mon


確定申告_青色申告決算書作成2

(つづき)

次へを押すと元の画面に戻り、1年間の売上と仕入合計金額が表示されている。

これが帳簿の金額と一致していることを確認。

次に期首商品棚卸高を転記。

と、ここで決算仕訳を入力していないことに気がつく。

先のExcelを見ながら、会計ソフトの方へ決算仕訳である、「商品製品/期末商品棚卸高」と「通信費/未払金」と「前払金/地代家賃」を入力した。

ちなみに、棚卸した金額が税抜きなのか税込なのかで金額に差が出るので注意が必要だ。

期末商品棚卸高を決算書へ転記したところで一時中断しようと思い「入力データを保存する」を押したが、前年度の項目を引き継いだため確認がされていないという注意が出てしまい保存できない。

仕方がないので指示どおり、減価償却費を開く。

次へボタンを押してもやはり許されず、修正ボタンを押して入力をする羽目に。

取得価格がわからず、資産管理をしているExcelファイルを開いて、コピペ。

去年申告した備品のデータが残っていたので、こちらは削除してようやく次へが押せた。

減価償却費のページは入力項目が増えており、ここの部分が税制改正に関係があったんだと納得。

給与と家賃は適当な数字をとりあえず入れ、保存して今日はおしまい。

(つづく)

2009.03.10 Tue


確定申告_青色申告決算書作成3

 (つづき)

さて、前日の続きである。

平成20年分 確定申告書等作成コーナー」から再び「作成再開」をクリックして、「青色申告決算書・収支内訳書」を選択。

ファイルの選択ダイアログから、前回保存した「20年決算書等データ.data」を開き「保存データの読込」だ。

「編集」をクリックして、損益計算書が表示された。

前回、給与と家賃の欄は適当な数字を入れたので、そこから修正。

給与ソフトを起動し賃金台帳を開いて、給与、賞与、源泉税(年末調整後の金額)を転記。

従事月数は、ひとりは8か月なので、8と入力。その他は、12と入力。

会計ソフトを起動して、損益計算書を表示。

改めてすでに入力した、売上、期首商品棚卸高、仕入、期末商品棚卸高があっているか確認し、租税公課からコピペすることに。

以前、この申告書コーナーの損益計算書に書かれた勘定科目の順番に沿って、会計ソフトの勘定科目の順番も並べ替えているので、楽に転記できるようになっている。

このうち、利子割引料の入力欄が変更になったような気がする。

というのも、支払先の住所や氏名を入力するようになっていたからだ。

公庫からの借り入れがあるのだが、残高が書かれたはがきが来ていた。

そこで、はがきを探すも、「国民生活金融公庫は、平成20年10月に株式会社日本政策金融公庫に移行いたします」というはがきがでてきた。

幸い取扱店が書かれていたので、住所を入力することができた。

と、思ったのだが、この入力欄は、金融機関以外への利子割引料を支払った際に入力する欄であったので、クリアして、その下の「利子割引料(金融機関分)の入力」へ入力しなおした。

ちゃんと読まないとね。

(つづく)

2009.03.11 Wed


確定申告_青色申告決算書作成4

 (つづき)

損益計算書画面に戻ったので、「計」が合っているかどうか確認するも、会計ソフトの方が少ない、と思ったら、減価償却費を会計ソフトの方へ写すのを忘れていたからだった。

期末の日付で、減価償却費/建物付属設備 と 減価償却費/開業費 の仕訳を会計ソフトに入力し、経費の合計と先の「計」を確認したら合致。

ここで一旦データを保存することに。

次に進むと「青色申告特別控除」の画面になった。

青色申告特別控除額は「65万」、「当コーナーで貸借対照表を作成しますか?」は「作成する」を選択して次へ。

「正規の簿記の原則に従った帳簿書類に基づいて・・・」というダイアログに対して、もちろん、「OK」すると、「貸借対照表(資産負債調)」画面が表示された。

現金、その他預金(普通預金の金額をコピペ)、棚卸資産(ソフトは商品・製品にしてるけど、ここへコピペすることに、つまり、仕入の在庫の金額)、前払金を入力したところで、立替金の残高があるも、当期計上はなかった。

これは、労働保険料の概算・確定申告の際計上すべき仕訳なのだが、ちゃんとやってなかったのだ。

これを調べるには大いに時間を浪費。

というのも労働保険の申告も電子申請にしているのだが、去年パソコンが壊れてしまい、すぐに使えるデータが残っていなかったからだ。

印刷しないのなら、データはきちんとわかるように残しておかなければならないと痛感した次第である。

ただ、それでも幸いなことに基礎賃金集計表がCSVで残っていたので、多少は助かった。

それでなおさらバックアップって大事だなぁとしみじみ思ったのである。

会計ソフトに仕訳を正しく入力しなおして、再び転記。

ちなみに仕訳は当ブログから「労働保険」で検索。

2007年7月2日の記事を見ながら、Excelに計算式、というほどのものではないが、ま、勘定科目の数字を入れれば、仕訳する金額がでるようなものを残しておいた。

今度の4月、保険料申告納付のときに活用しようと思う。

(つづく)

2009.03.12 Thu


確定申告_青色申告決算書作成5

 (つづき)

さて、貸借対照表に戻ると期末残高が合わないので、去年の貸借対照表を見ると、ああ、わかった。

消費税だった。

税抜会計しているにもかかわらず、この仕訳を期末にやっていなかったのである。

仮受消費税 ×× / 仮払消費税  ××  
                未払消費税  ××    を入力。

しかし、これでも合わないので確認してみると、預金の利子が抜けていた。

あれ?確かに入力して差し引き金額と帳簿の未処分利益が合っていたはずなんだけど、保存するタイミングが良くなかったのだな、きっと。

さて、期首期末共に合致したので先へ進む。

所得を確認した後住所、氏名の入力欄に到着。

引き継がれなかったデータがあったので、追加入力し保存して次へ。

電子申告用データの保存画面になった。

「利用者識別番号」を入力して「電子申告用データの保存」をクリック。

引き続き「保存終了(次へ)」をクリック。

次の画面で「選択帳票の表示」を押してPDFで帳票を保存することに。

e-Taxソフトからも印刷可能だが、汎用性のあるソフトでのバックアップは先日重要だと再認識させられたので保存する次第である。

「確認終了」を押すと注意事項のページに遷移しので、ざっと読んで次の画面で終了。

これでやっと青色申告決算書作成が終わった。

お次は所得税の確定申告書作成だ。

2009.03.13 Fri



読者登録

松さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について