目次
3年目(2007年~2008年)
労働保険の仕訳
予定納税減額申請1
予定納税減額申請2
個人事業税納税通知書1
個人事業税納税通知書2
年末調整
償却資産申告
平成19年確定申告の準備
平成19年確定申告の準備2
平成19年確定申告の準備3
平成19年確定申告の準備4
平成19年確定申告の準備5
平成19年確定申告の準備6
4年目(2008年~2009年)
eLTAX利用開始の準備1
eLTAX利用開始の準備2
eLTAX利用開始の準備3
eLTAX利用開始の準備4
eLTAX利用開始の準備5
eLTAX利用開始の準備6
年末調整を12月中にやってみた
年末調整を12月中にやってみた2
年末調整を12月中にやってみた3
所得税源泉徴収簿について
給与支払報告書の提出
eLTAXからのお知らせが届いた
償却資産(固定資産)の申告をeLTAXで申告してみた
償却資産(固定資産)の申告をeLTAXで申告してみた2
e-Taxで源泉税納付
e-Taxで源泉税納付2
e-Taxで源泉税納付3
確定申告の準備
確定申告_青色申告決算書作成
確定申告_青色申告決算書作成2
確定申告_青色申告決算書作成3
確定申告_青色申告決算書作成4
確定申告_青色申告決算書作成5
確定申告_所得税の確定申告書作成
確定申告_消費税及び地方消費税
確定申告_消費税及び地方消費税2
5年目(2009年~2010年)
労働保険 年度更新 申告書作成1
労働保険 年度更新 申告書作成2
労働保険 年度更新 申告書作成3
労働保険 年度更新 申告書作成4
個人事業主必見_固定費の支払いについて
公共料金はポイント2倍のクレジットカード
家賃をクレジットカードで支払えば…
家賃が支払えるクレジットカード
100円で1ポイントのクレジットカードでお得
年末調整の準備
償却資産(固定資産)の申告_22年度_1
償却資産(固定資産)の申告_22年度_2
償却資産(固定資産)の申告_22年度_3
eLTAXで給与支払い報告1
eLTAXで給与支払い報告2
青色申告後の還付金の仕訳
信用保証料の仕訳
法定調書の作成1
法定調書の作成2(給与の法定調書合計表)
法定調書の作成3(不動産の使用料等)
法定調書の作成4(不動産の使用料等)
法定調書の作成5(不動産の合計表)
消費税の中間納付時の仕訳_税抜き会計の場合
還付加算金について
消費税の決算仕訳
受取利息の仕訳_個人事業主の場合
電子申請した固定(償却)資産の訂正
労働保険の仕訳
労働保険摘要徴収電子申請ソフトでの確認方法
e-TAXソフトでの確認方法
源泉所得税の誤納額の還付請求
従業員から預かった源泉所得税誤納について
平成21年度の確定申告の準備
平成21年度確定申告_青色決算書作成1
平成21年度確定申告_青色決算書作成2
平成21年度確定申告_損益計算書
平成21年度確定申告_貸借対照表(資産負債調)
平成21年度確定申告_所得税の確定申告書作成1
平成21年度確定申告_所得税の確定申告書作成2
平成21年度確定申告_消費税の確定申告書作成1
平成21年度確定申告_消費税の確定申告書作成2
確定申告送信後に誤りが分かった場合
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

22 / 82ページ

年末調整を12月中にやってみた3

 (つづき)

次に保険料控除。

提出してもらった控除証明書の保険種類をみると、××保険と書いてあるから一般の生命保険でよさそうだが、保険の名前はなんだか年金ぽい。

Google等で検索してみるがよくわからなかった。

そこで安部会計事務所さんのページに戻って、生命保険料控除の金額を入れる欄の横にある「詳細」ボタンを押してみると、ちゃんと書いてあるではないか。

支払った金額は、保険会社や郵便局から郵送されてきた「生命保険料控除証明書」に書いてあります。その証明書に「一般用」と書いてあるものがここで対象となります。


控除証明書を見ると、確かに「一般用」と書いてある。

このページの年間保険料の欄に数値を入力し、「もとのページへ転送」を押せば控除額を自動的に算出してくれるので簡単だ。

扶養控除や配偶者控除も、保険料控除同様「詳細」ボタンを押して、提出してもらった給与所得者の扶養控除等(異動)申請書に書かれた内容を入力し、「もとのページへ転送」をクリック。

「計算する」ボタンを押すと今回は「超過による還付金額」の方に数値がでたので、これをいつも使っている給与ソフトの12月分にコピペ。

以下は扶養家族などいない社員の分と同様の手順で印刷だが、ひとつ厄介な点があった。

源泉徴収票の適用欄にはいくつか記入しなければいけない点があるのだが、中途入社で扶養家族がいると内容盛りだくさんになってしまうのだ。

何を記載したかというと、扶養家族全員の名前、自社の支給月及び徴収済み源泉税と還付額。それから、前職の給与支払者及び支払金額、社会保険料、源泉税。

給与台帳を印刷して、12月の給料袋に源泉徴収票を入れて、年末調整はおしまいだ



2009.01.12 Mon


所得税源泉徴収簿について

「給与所得・退職所得に対する所得税源泉徴収簿」の備付が必要と「年末調整のしかた」などに書かれている。

しかし一方で、この徴収簿に記載された内容がわかる帳簿の備付があれば、所得税源泉徴収簿でなくても良いとも書いてあった。

そこでうちでは、給与台帳と安部会計事務所さんでダウンロードした「給与支払報告書(源泉徴収票)」ファイルと、同事務所さんの年末調整ページで計算した結果を印刷して保管し、所得税源泉徴収簿に代えるものとしている。

また、このブログでは所得税源泉徴収簿の書き方を検索した方が訪れているようだが、書き方は毎年税務署から届く「年末調整のしかた」に記入例が載っているのでご覧になってはいかがだろうか。

紛失した場合には「国税庁のパンフレット・手引等 」からダウンロードできる。

計算に自信がない、という場合には、阿部会計事務所さんの「誰でもできる年末調整」の活用をお勧めする。

2009.01.13 Tue


給与支払報告書の提出

 年末調整の時に印刷した安部会計事務所さんのファイルは、A4サイズに源泉徴収票が2枚と給与支払報告書が2枚分印刷される。

2枚ある源泉徴収票のうち、税務署番号の記載がない方を従業員へ渡し、税務署番号欄がある方は税務署へ提出するのだが、ちゃんと源泉税を徴収している個人事業の従業員の場合には、税務署への提出が不要になっている。

よってこれは控えとして、給与台帳と一緒に保管している。

ちにみに提出が必要なケースは3つのいずれかに該当する人の分だ。

1.法人の役員で給与収入が150万円超、または、法人の役員以外で500万円超の人
2.月額表または日額表の乙欄もしくは丙欄適用で給与収入が50万円超の人
  (つまり、給与所得者の扶養控除等(異動)申告書の提出がない人)
3.年の中途で退職し給与収入が250万円超の人

さて、給与支払報告書2枚の方はどうするのかというと、従業員の住んでいる区の区役所へ総括表と共に送付することになっている。

これを電子申請できないものかと確認したが、未だ実施されていなかったので、昨年使ったExcelの総括表を流用することにした。

この総括表と2枚ひと組の給与支払報告書を封筒に入れて、各区役所へ郵送した。

これで源泉徴収票と給与支払報告書関連の作業はおしまい。

2009.01.14 Wed


eLTAXからのお知らせが届いた

 「 eLTAXからのお知らせ」というメールがまた届いた。

今回の内容は、「プレ申告データをeLTAXのメッセージボックスに格納しました。」

プレ申告データとは、今回の申告を行う際のもととなる情報が、あらかじめ設定されたデータのことらしい。

先日インストールしたPCdeskからログインして、メニューの一つである「メッセージボックス」から確認できるようだが、これもやはり利用時間内にしか見ることができない。

償却資産申告書も届いたことだし、店の従業員の年末調整が終わったら作業にかかろうと思う。

2009.01.15 Thu


償却資産(固定資産)の申告をeLTAXで申告してみた

 平日の19時のこと。

急きょ育児から解放されたので、償却資産の申告を電子申告でしてみた。

デスクトップにある「PCdesk」のショートカットからログイン。

先日のブログの通り、「4:メッセージボックス」を確認してみると未開封で添付ファイル付きのお知らせがあった。

内容は先日のメールの内容と同じであり、添付ファイルをダウンロードしてみることに。

これでプレデータが活用できるはず。

そこで早速「3:申告データ作成メニュー」をクリックし、次画面で「申告データ新規作成」から開始。

「固定資産税(償却資産)」を選択して「次へ」。

次画面の申告区分は「プレ申告データによる申告」、年度は「21年度」を選択して「申告データの作成条件を決定する」をクリック。

今年は10万円以上の備品購入も申告済みの備品の廃棄等もない。

よって、増加資産も減少資産もないので、償却資産申告書(償却資産課税台帳)のみの提出で良い。

余計なファイルは邪魔だな、と、プレデータである減少資産の申告書を削除しようと思ったが、これはできなかった。

(つづく)

2009.01.17 Sat



読者登録

松さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について