目次
3年目(2007年~2008年)
労働保険の仕訳
予定納税減額申請1
予定納税減額申請2
個人事業税納税通知書1
個人事業税納税通知書2
年末調整
償却資産申告
平成19年確定申告の準備
平成19年確定申告の準備2
平成19年確定申告の準備3
平成19年確定申告の準備4
平成19年確定申告の準備5
平成19年確定申告の準備6
4年目(2008年~2009年)
eLTAX利用開始の準備1
eLTAX利用開始の準備2
eLTAX利用開始の準備3
eLTAX利用開始の準備4
eLTAX利用開始の準備5
eLTAX利用開始の準備6
年末調整を12月中にやってみた
年末調整を12月中にやってみた2
年末調整を12月中にやってみた3
所得税源泉徴収簿について
給与支払報告書の提出
eLTAXからのお知らせが届いた
償却資産(固定資産)の申告をeLTAXで申告してみた
償却資産(固定資産)の申告をeLTAXで申告してみた2
e-Taxで源泉税納付
e-Taxで源泉税納付2
e-Taxで源泉税納付3
確定申告の準備
確定申告_青色申告決算書作成
確定申告_青色申告決算書作成2
確定申告_青色申告決算書作成3
確定申告_青色申告決算書作成4
確定申告_青色申告決算書作成5
確定申告_所得税の確定申告書作成
確定申告_消費税及び地方消費税
確定申告_消費税及び地方消費税2
5年目(2009年~2010年)
労働保険 年度更新 申告書作成1
労働保険 年度更新 申告書作成2
労働保険 年度更新 申告書作成3
労働保険 年度更新 申告書作成4
個人事業主必見_固定費の支払いについて
公共料金はポイント2倍のクレジットカード
家賃をクレジットカードで支払えば…
家賃が支払えるクレジットカード
100円で1ポイントのクレジットカードでお得
年末調整の準備
償却資産(固定資産)の申告_22年度_1
償却資産(固定資産)の申告_22年度_2
償却資産(固定資産)の申告_22年度_3
eLTAXで給与支払い報告1
eLTAXで給与支払い報告2
青色申告後の還付金の仕訳
信用保証料の仕訳
法定調書の作成1
法定調書の作成2(給与の法定調書合計表)
法定調書の作成3(不動産の使用料等)
法定調書の作成4(不動産の使用料等)
法定調書の作成5(不動産の合計表)
消費税の中間納付時の仕訳_税抜き会計の場合
還付加算金について
消費税の決算仕訳
受取利息の仕訳_個人事業主の場合
電子申請した固定(償却)資産の訂正
労働保険の仕訳
労働保険摘要徴収電子申請ソフトでの確認方法
e-TAXソフトでの確認方法
源泉所得税の誤納額の還付請求
従業員から預かった源泉所得税誤納について
平成21年度の確定申告の準備
平成21年度確定申告_青色決算書作成1
平成21年度確定申告_青色決算書作成2
平成21年度確定申告_損益計算書
平成21年度確定申告_貸借対照表(資産負債調)
平成21年度確定申告_所得税の確定申告書作成1
平成21年度確定申告_所得税の確定申告書作成2
平成21年度確定申告_消費税の確定申告書作成1
平成21年度確定申告_消費税の確定申告書作成2
確定申告送信後に誤りが分かった場合
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

13 / 82ページ

平成19年確定申告の準備6

(つづき)

ここでデータを保存して、条件判定の画面に戻り、簡易課税を選択した場合の納税額を調べてみることにした。

以前シミュレーションした時と同様、簡易課税を選択した方が納税金額は少ないということが改めてわかった。

さて、申告を進めよう。

先ほど保存したデータを読み込むために、いったんこの画面は閉じて、平成19年分 確定申告書等作成コーナーの「e−Taxを利用しない又は作成を開始する場合はこちら」から、データを読み込む。

お次は納税地等の入力である。ちなみにこの画面から振替納税の依頼書が作成できる。

次は電子申告を選択しているので、「電子申告用データの保存」画面だ。

ここでe-Tax利用申請をした時に取得した利用者識別番号を入力して「電子申告用データの保存」をしたら「電子申告用データの送信」画面が表示される。

ここで送信することもできるし、送信せずe-Taxソフトから送信も可能である。

次は「送信票兼送付書等印刷」画面。「印刷画面の表示」を押してみるとPDFで送信状が表示されたが、すべて電子申告なので印刷は不要だけど、ファイルとして保存することにした。

もし添付資料があった場合は、これを印刷して郵送せよということなんだな。

次へを押すと送信後の確認事項があって、さらに次を押して終了である。この画面からアンケートへ飛べるので、要望を送信するのも良いかもしれない。

2008.11.03 Mon


eLTAX利用開始の準備1

eLTAXを利用してみることにした。

eLTAXとは、地方税ポータルシステムの呼称で、地方税における手続きを、インターネットを利用して電子的に行うシステムです。エルタックスと読みます。

従業員から特別徴収している住民税の納付を電子申告が目的なのだが、以前調べた時は、パソコンの準備の方がうまくいかなくて断念。

今回はパソコンを新しくしたので大丈夫だろう、ということで。

早速、STEP1: 利用届出とはから順に確認してみよう。

要点1.利用届が必要。これはe-Taxと違って、書面での利用届出の提出は受け付けていない。環境を整えて、専用ソフトをダウンロードして申請するってことらしい。

要点2.利用開始届は平日の8:30から20:00(eLTAXの利用可能時間)の間しか送信できない。

要点3.利用可能な手続きとサービスを提供している地方団体は限定されている。また、利用できるサービス、つまり、申請・申告だったり納税は地方によって違いがある。

と、いうことで気になる地方公共団体ごとのサービス状況を確認してみると、残念、当初の目論みであった、特別徴収の住民税納付には使えないことがわかった。

でも、固定資産税の申告には利用できるので、作業を進めることにした。

(つづく)

2008.11.28 Fri


eLTAX利用開始の準備2

(つづき)

STEP2: パソコン環境について。今の環境は新しいパソコンだけどWindows Vistaではないので、ざっと読んで、次のSTEP3: Java実行環境をインストールである。

以前ここのステップでうまくいかなかったので、同ページのトピックを慎重に読んで作業したらうまくできたので、ほっと一安心。

STEP4:e-mailアドレスを準備とSTEP5: 電子証明書を準備はすでに取得しているので問題なし。

STEP6: 利用届出(新規)の操作のポイントはじっくり読んだ方が良さそうだけど、個人で申請先が一つの地方公共団体しか利用しないのであれば、難しいことはなさそう。

でも、なにかうまくいかなかったときのヒントがありそうなので、一通り読んでリンクを貼っておこう。

同ページのトピックをいくつか読んで、文字の入力ルールなど事前に把握してスムースに登録できるようにしたいと思う。

STEP7:
利用届出(新規)の後に必要なことの要点は、手続き完了通知メールが5から10日程度で届き、これに記載された暗証番号で有効期限内にログインしないとだめだってこと。

とSTEP8:
目的に応じた利用届出の提出方法についてをざっと読んでみた。

何とか利用時間内にチャレンジしてみたいところ。

でも、e-Taxもそうだけど、せめて土曜日くらい利用できるようにしてくれればいいのになぁ。

(つづく)

2008.12.11 Thu


eLTAX利用開始の準備3

 (つづき)

利用届出を行うの一番下にある「→利用届出(新規)の手続きを開始する」をクリック。

セキュリティ証明書が表示されたので「Local Tax Computerization Council」であることを確認して「はい」をクリック。

「新規利用届出−提出先入力」画面が表示されたので、地方公共団体選択だ。

メインになる地方公共団体を選ぶということだが、今回は東京都にしか申請が必要ないので、東京都を選択。

余談であるが、今後このシステムを利用する自治体が増えれば迷うことになるのかもしれない部分であるかもと思いつつ。

なお、支店が他県にあったりする場合は、本店のある都道府県を選べば良いらしい。

その場合、支店の申請はどうすれば良いかというと、新規登録が完了しソフトをインストールした後、そのソフトから追加申請するとのこと。

ま、それはさておき、次だ。

法人か個人かを選択する。うちはまだ個人事情者なので、個人を選択。

氏名、住所、電話番号などを入力するのだが、ちゃんとどのように入力すれば良いのか書かれているので大丈夫。

珍しいなと思ったのは、カナは姓名の間にスペースを入れることはできないところ。

提出先情報の入力は、自己の申告の方を選択し、提出先、手続き等を選ぶ。

残念ながら今のところうちが利用できるのは、償却資産(固定資産)の申告のみ。

(つづく)

2008.12.14 Sun


eLTAX利用開始の準備4

 (つづき)

引き続き、連絡先(e-mailアドレス)や照会番号を入力。

この照会番号は、メールで登録が完了した通知が来るまで状況を確認しないのであれば、難しく考える必要はない。

事実、私はこれを使う機会はなかった。

もれなく指示どおりに入力完了。

電子署名をつけるかどうか聞かれるので試してみるが、うまくいかなかった。

これは、パソコンを初期化したことにより、ICカードリーダのデバイス認識と電子証明書の設定が消えてしまったからだった。

ICカードリーダ付属のCDからソフトと、電子証明書取得の申請した際もらったCDをインストールしたら、署名をつけて送信することができた。

送信結果が表示された。

この画面はWebページとして保存はできるものの、後から表示することができなかった(テキスト形式だったら保存できたのかな?)。

印刷がお勧めだが、それが面倒な場合には、利用者IDと仮暗証番号だけでも記録しておかなければならない。

今はこう書いているが、私はこの画面に書かれたIDと仮暗証番号について甘く考えていた。

登録完了のメールに本パスワードが書かれてくるだろうと思っていたし、保存したWebページが正しく表示されないなんてその時は思いもしなかったからだ。

(つづく)

2008.12.17 Wed



読者登録

松さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について